「対策法は?ヒートショック」症状に寄り添った鍼灸師が人気の鍼灸院恵比寿meilong mana

こんにちは!

Meilong恵比寿mana院

鍼灸マッサージ指圧師の松元です。


前回に引き続き、冬場に起こりやすいヒートショックについてお伝えしていきます。


《対策法は?》

・浴室と脱衣所を温めておく

リビングや湯船と温度差を減らしておくため、脱衣所や浴室をあらかじめ温めておきましょう。

暖房をつけておく、湯船の蓋を外しておく、着替える前にシャワーで浴室を温めておく  など


・湯船の温度を高くしない

湯船の温度が41℃以上は浴室での事故が増え、42℃以上は心臓に負担をかけてしまうといわれています。38〜40℃に設定し、手足から掛け湯をしてお湯の温度に身体を慣れさせてから入りましょう。


・入浴前後の水分補給

入浴前後だけでなく日々こまめに水分補給をしておきましょう。血液がドロドロになるのを防ぐことができます。


・肩まで浸からない、入浴時間は20分以内

長時間の入浴や肩まで浸かると心臓に負担がかかり、疲れやふらつきが出てしまいやすくなります。


・勢いよく立ち上がらない

湯船からあがるときも注意が必要。身体が温まり、血管が拡がっている状態でさっと立ち上がると脳へ送られる血流が一時的に減りめまいや失神を起こしてしまう事があります。怪我や溺れる原因になりますのでゆっくりあがりましょう。


食後すぐ、飲酒後すぐ、服薬後すぐの入浴も避けましょう。



また、お風呂だけでなくトイレでもヒートショックは起きてしまいます。

こちらもリビングとトイレの温度差があると起こります。排便時にいきむと血圧が上がり、排便後に血圧が急激に低下する為です。

トイレにも小型の暖房を置いてヒートショックの予防をしておきましょう。人感センサー付きが便利です!


お身体の疲れや緊張が強いとより症状が出やすくなりますので、鍼灸治療やマッサージでお身体をまめに緩めておくようにしてみてくださいね!



WEB予約 


meilong恵比寿

tel 0364128890

meilong恵比寿mana

tel 0353154313

meilong銀座 

tel 08074605858

恵比寿院 Instagram 


恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong

東京 恵比寿駅 駅近のMeilongです。 当院の鍼灸はその場で効果を実感して頂ける事が多いため、大手女性WebメディアのOZmallで 5年連続ランキング1位を取っており たくさんのお客様から支持されております。 健康のお悩み(肩こり・慢性腰痛・眼精疲労・頭痛・婦人科疾患 等)の鍼灸治療にも特化しておりますので内から滲み出る美しさをご堪能ください。

0コメント

  • 1000 / 1000