「睡眠と脳の影響」臨床経験が豊富な鍼灸師をお探しなら恵比寿meilong mana

皆さんこんにちは!
今日は睡眠についてです。

最近梅雨も近くなり身体が重くなりがちですよね…
そして朝スッキリと起きれないという方も多いかと思います。

では一体睡眠は私達の身体にどういった影響を表しているのでしょうか?

大脳は、 毎日、 絶え間ない精神活動や運動制御 を行なうため、 たくさんのエネルギーを費やしながら活発に働いています。 

そのため、 休息する時間を必要とします。 
それが睡眠です。
とはいえ、 睡眠で脳が完全に休むわけではありません。 

大脳は休んでも、 生命維持活動を司る脳幹、および大脳の一部は働きを続け、昼間とは違ったモードで活動をするのです。


睡眠中の活動モードは2種類あり、 それはレム睡眠とノンレム睡眠です。  

レム睡眠は体が眠っていながらも脳は活発に働く浅い眠りで、 ノンレム睡眠は大脳の活動がほとんど停止する深い眠りです。 

「レム (REM)」と は、 睡眠中の脳は昼間の経験や学習の情報を、 夢 は高速眼球運動 (Rapid Eye Movement) ことで、 レム睡眠のときは、 まぶたの下で眼球が急速で動くのでこのように呼ばれています。


睡眠中は、 長いノンレム睡眠の間に、 短いレム 睡眠が現れ、 それは一晩に4~5回くり返えされます。 

ノンレム睡眠の目的は、 大脳を休息させる ことで、 レム睡眠の目的は、 ノンレム睡眠の状態 から覚醒へと導くことだと考えられています。 


また、 睡眠中 (特にレム睡眠中) は、 海馬をはじめとした記憶に関わる部位は活発に活動をし、 
昼間に体験した記憶の整理や、 必要な記憶の定着 が行なわれていることがわかっています。 


なお、 その作業と夢が関係していることを示す研究報告が出されています。 


皆さん夢はよくみますか?

私は夢をたくさんみます。

そして起きても記憶が残ってるほど鮮明に覚えてます😅

睡眠中の脳は昼間の経験や学習の情報を、 夢 として再生させることにより、 記憶の選別を行なっているのではないかと考える説があります。  

勉強でもやはり睡眠はとても記憶の定着にも良いですね♪

またお家では寝れないという方はぜひmeilongに足を運んでくださいませ。

施術中ぐっすり寝られる方もいらっしゃいますし
鍼灸後の夜にぐっすり寝られる方もいます。
 
ぜひ皆さんにお会いできますことを心よりお待ちしております。




恵比寿院
tel:0364128890

銀座院
tel: 08074605858

恵比寿mana院
tel:0353154313



恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong

東京恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong恵比寿院のホームページです。 当院の美容鍼灸はその場で効果を実感して頂ける事が多いため、大手女性WebメディアのOZmallで4年連続ランキング1位を取っており たくさんのお客様から支持されております。美容だけではなく健康のお悩み(肩こり・慢性腰痛・眼精疲労・頭痛・婦人科疾患 等)の鍼灸治療にも特化しておりますので内から滲み出る美しさをご堪能ください。

0コメント

  • 1000 / 1000