「妊娠中のサプリについて」恵比寿で口コミNo.1美容鍼灸ならmeilong

こんにちは。meilongの代表の石川です。

本日は妊娠中のサプリについて。


妊娠時には通常の1.5倍の栄養素が必要ですのでしっかり服用するのが大切です。


1.プロテイン

20gを増量します。60キロの方なら毎日80~140g必要です。

一度に沢山飲むとお腹の調子が悪くなる場合、小分けに回数を増やしましょう。

2.鉄

1回の妊娠出産でフェリチン50程度低下します。

産後の鉄不足は、産後うつ病を引き起こします。

フェルム(鉄100mg)飲んでいても妊娠中はフェリチンが低下します。

そのため、フェリチン値を維持するためには144mg以上飲んでください。

ヘム鉄は1錠4~6mgなので、全く効果がなく、お勧めできません。

3.ビタミンC

コラーゲン形成には、タンパク質+鉄+Cが必要です。

胎児が育つ=大量のコラーゲン合成が行われる。と同義です。

妊娠前期3ヶ月は1000mg*3錠、中期3ヶ月は1000mg6錠、後期3ヶ月は1000mgを9錠

産後の傷からの回復も早くなります。

4.Mg(マグネシウム)

子癇予防にMgが最重要です。

*子癇(しかん)とは周産期に妊婦または褥婦が異常な高血圧と共に痙攣または意識喪失、視野障害を起こした状態です。

「食餌を通してマグネシウムが与えられると、胎児の成長結果に顕著な改善が見られることからも、妊娠期間中にはマグネシウムを補給すべきだという考え方が支持される」。

経口+経皮でMgをとる。

5.ナイアシンを含むB群

ハーレル博士のデータでは、母親が妊娠時にB群を飲んでいると、子供が3~4歳時の知能が有意に高くなるそうです。

胎生期の栄養は、その子の一生の運命を決めるのです!!

6.ビタミンE

Eは妊娠ビタミンとして有名です。

*唯一ビタミンAに関しては、妊娠時期には10000~15000IUまでに留めるよう言われているのできをつけてください。





LINE予約


Meilong恵比寿院

不妊治療HP

meilong恵比寿

tel 0364128890

meilong恵比寿mana

tel 0353154313


恵比寿院 Instagram 


【公式】恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong|ツボを押さえた針・お灸の治療で美容と健康を叶えます

東京恵比寿ランキング1位 7年連続 美容鍼1位 駅近のMeilongです。 当院の鍼灸治療はその場で効果を実感して頂けるため、大手女性WebメディアOZmallで7年連続ランキング1位、Hot Pepper Beautyで口コミランキング1位を取っており、たくさんのお客様から支持されています。 健康のお悩み(肩こり・腰痛・不眠・妊活・不妊)の鍼灸治療にも特化しております。

0コメント

  • 1000 / 1000