「くすみ肌の種類」恵比寿で口コミNo.1美容鍼灸ならmeilong mana

こんにちは!
Meilong恵比寿mana院
鍼灸師の平です!

今回も引き続きくすみ肌についてお話ししたいと思います!

今回はくすみ肌の6種類についてお話ししますので、お肌と向き合ってみてくださいね!

1:グレーがかったくすみ
乾燥によってお肌の水分量が低下しているため顔全体がくすんだように見えてしまう状態。お肌が乾燥すると毛穴がひらきやすくなり、それが影を作ることでお顔が暗く見えてしまう。お肌がカサついたり、白い粉が吹いているなら乾燥によるくすみといえる。

2:青黒いくすみ
血行不良により、お肌の赤みが失われたり毛細血管の青緑が目立ち、青黒く見える状態。血流が滞ると老廃物を溜めやすくなるため顔全体がくすんで見えてしまう。

3:ごわついたくすみ
ターンオーバーが乱れることによって、古い角質が蓄積し皮膚が厚く、硬くなってしまう状態。光の透過を遮り、お肌の透明感も損なわれてしまう。

4:赤ぐすみ
炎症によってお肌のバリア機能が低下し、血管が拡張し血流が増加している状態。紫外線や花粉、PM2、5などの外的刺激を受けやすくなっている。炎症を抑えるために、血管を拡張させないようにスキンケアをすることが大事。

5:茶褐色のくすみ
過剰に生産されたメラニンが蓄積することにより茶色っぽく見える状態。ターンオーバーの乱れによりメラニンが排出されず顔がくすんで見える。メラニンは紫外線を浴びることで生産されるが、摩擦などの外的刺激でも生産されるので注意。

6:黄みがかったくすみ
糖分を摂取しすぎると余分な糖質がタンパク質と結びつき黄褐色の糖化タンパク質を生成してしまいます。これらによりお肌の弾力やハリを支える真皮層が黄色く変色し、黄みがかったくすみになってしまう状態。
糖質・脂質のとりすぎや、紫外線や喫煙などの生活習慣も見直しも視野に入れておく。

以上がくすみ肌の種類になります!

当てはまるものはあったでしょうか?
ちなみに私は、乾燥と糖分の摂りすぎによるくすみでした(´-`)

もし自分がどれかわからない場合は、周りにどんなお肌の色か聞いてみるといいかもしれません!

しっかり対策とケアをしてお肌も美しく大事にしていきましょう!

WEB予約 
meilong恵比寿
tel 0364128890
meilong恵比寿mana
tel 0353154313
meilong銀座 
tel 08074605858
恵比寿院 Instagram 




恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong

東京 恵比寿駅 駅近のMeilongです。 当院の鍼灸はその場で効果を実感して頂ける事が多いため、大手女性WebメディアのOZmallで 5年連続ランキング1位を取っており たくさんのお客様から支持されております。 健康のお悩み(肩こり・慢性腰痛・眼精疲労・頭痛・婦人科疾患 等)の鍼灸治療にも特化しておりますので内から滲み出る美しさをご堪能ください。

0コメント

  • 1000 / 1000