恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「水滞(4)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
本日は水滞の脈所見の一例を、お伝えしていきます。
滑脈(かつみゃく)になると言われています。
滑脈は、盆の上で玉を転がしたような脈と言われています。
 
水滞とは水が滞っている状態です。
その余剰な水分を、脈診をしたときに、指から感じることになります。
個人的な感想では、力強くて勢いのある脈だと思います。
 
また、滑脈は妊婦さんがなりやすい脈とも言われています。
人がもう一人、体内にいるのだから、力強く勢いがよくなるというのも、あながち間違ってはいなさそうです。
 
東洋医学の世界では滑脈の相対する脈に渋脈(しょくみゃく)を位置付けています。
渋脈⇆滑脈
渋脈だと瘀血、滑脈だと水滞を意識する所見にしています。

次回は水滞の舌診所見をお伝えしていきます。

【公式】恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong|ツボを押さえた針・お灸の治療で美容と健康を叶えます

東京恵比寿ランキング1位 7年連続 美容鍼1位 駅近のMeilongです。 当院の鍼灸治療はその場で効果を実感して頂けるため、大手女性WebメディアOZmallで7年連続ランキング1位、Hot Pepper Beautyで口コミランキング1位を取っており、たくさんのお客様から支持されています。 健康のお悩み(肩こり・腰痛・不眠・妊活・不妊)の鍼灸治療にも特化しております。

0コメント

  • 1000 / 1000