恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「瘀血(4)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
本日は瘀血の脈診所見を紹介していきます。
瘀血は渋脈(しゅうみゃく、しょくみゃく)になります。
渋脈は血虚の回でもお伝えしましたが、竹をナイフでこそいだときに引っかかったような感じのする脈です。
要はなめらかでなく、なにか引っかかる感じのする脈のことを指します。
ついでですが、渋脈と相反する脈を滑脈(かつみゃく)といい、こちらは水毒(すいどく)の脈と言われています。
細かく説明するとややこしくなるので、またの機会に説明させていただきます。
次回は瘀血の舌診所見を紹介していきます。

【公式】恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong|ツボを押さえた針・お灸の治療で美容と健康を叶えます

東京恵比寿ランキング1位 7年連続 美容鍼1位 駅近のMeilongです。 当院の鍼灸治療はその場で効果を実感して頂けるため、大手女性WebメディアOZmallで7年連続ランキング1位、Hot Pepper Beautyで口コミランキング1位を取っており、たくさんのお客様から支持されています。 健康のお悩み(肩こり・腰痛・不眠・妊活・不妊)の鍼灸治療にも特化しております。

0コメント

  • 1000 / 1000