sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

妊活鍼灸(妊娠力を高める治療)

なかなか妊娠しない…もしかして不妊症?

 

そんな不安が頭をよぎったとき、多くの女性がまず婦人科を訪れることと思います。西洋医学の不妊治療は、超音波エコーで卵巣や内膜の状態をチェックしたり、血液検査でホルモン値を測定して排卵時期を特定することもできます。投薬により複数の卵子を同時に育てたり、精子と卵子を体外で受精させて培養し子宮に移植する、という素晴らしい技術もあります。
しかし、それでもなかなか出産までたどり着けないというご夫婦も少なくありません。

そんな時に、東洋医学でお手伝いできることがあります。
それは、卵子や精子・子宮内膜の「質」を高めることです。
運動不足、ストレス、過労、冷え、偏った食生活、睡眠不足…。
現代社会の私達は、様々な理由により生殖能力を落としてしまう要因に囲まれて生活しています。それ故に病気の一歩手前の「未病」の方が多く、排卵をして月経が来ていても妊娠しづらい状態であることが多々あります。またホルモンバランスが崩れることで様々な婦人科疾患を発症する場合もあります。そのままの体調では自然妊娠はもちろん、顕微授精・体外受精でも成功する確率は高まりません...。 

鍼灸治療を定期的に行うことで、身体の気・血・水の流れが改善し、より「健康」な状態に近づけることが、本来備わっている「生殖能力」「妊娠力」を最大限に引き出すことになるのです。


不妊鍼灸治療はより早い妊娠を目的とした治療ですが、心身全体のバランスを整える治療でもあります。婦人科系の症状はもちろん、肩こり、冷え性、むくみ、不眠、便秘、慢性疲労、自律神経失調症などが同時に改善され、心身共に健康な母親となる準備が整います。

 

こんな方におすすめです

  • 自然妊娠を目指しているが、何をしたら良いのかわからない。
  • 婦人科では原因が見つからないが、なかなか妊娠しない。
  • 婦人科疾患があり、治療をしているがなかなか改善しない。
  • 体外受精にステップアップするが体調に不安がある。
  • 刺激をしてもなかなか卵胞が育たない。
  • 採卵をしても空胞が多い、または受精しない。
  • 受精卵の成長度合いや質が悪い。
  • 受精卵の移植をしてもなかなか着床しない。
  • 着床しても妊娠を継続できない。
  • 流産を繰り返している。
  • ホルモン値が悪化し、生理不順になってきた。
  • 不妊治療をいろいろやってきたがなかなか成功しない。
  • 鍼灸、漢方、整体などいろいろ試したが効果を感じなかった。

※婦人科専門の木川、内田、加倉井が担当いたします。指名も無料で承ります。

 

>>ご予約はこちら