staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.01.20更新

meilong 鍼灸師・登録販売者の内田有紀です。
今日は【気】の変調についてお話します。

【気とは】
気がなんちゃらなんて胡散臭い感じしますよねー笑でも気って身近なワードです。元気の気・やる気の気・短気の気。
そうです、気はエネルギーです。
短気な人って良く言えばエネルギッシュなんですよ。
怒るってそれだけパワーが必要ですからね。気が充実していて、全身を巡っていれば
□風邪をひきにくい 
□朝シャキッと起きれる
□やる気が出る。   
□食欲が湧く
□ポジテイブ     
□人に優しくなれる気が足りない人はこんな不調が現れます・・・

【気が足りない人=気虚 ききょ】
※気に関わる変調1に✅が多かった人体の気が足りない状態です。私たちは生まれ持ったエネルギーがあります。

それはご両親から頂いた【精】です。
東洋医学では先天の精と呼ばれ、年齢とともに精は減っていきます。減っていく一方では困りますよね( T_T)そこで体の元気を作る源は脾と胃です。脾胃の調子が良ければ栄養を吸収し、エネルギーが作られます。脾と胃の調子を整えることで、不調が改善されます。

《オススメの食材》山芋、長芋、ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃ大豆、黒豆、豆乳、カリフラワー、ブロッコリーなど。

【気が巡っていない人=気滞 きたい】
※気に関わる変調2に✅が多かった人気がうまく巡っていないと自律神経の乱れや精神をコントロールできなくなります。
強いストレスがかかっていたり、リラックスが足りない人です。気は運動をすることで巡りが良くなります。また鍼灸治療もオススメです。

《オススメの食材》パクチー、セロリ、みかん、ジャスミン春菊、レタス、キャベツなど。香りの有る香味野菜は気を巡らせます。

 

facebook

 instagram 恵比寿

instagram銀座

投稿者: Meilong

2019.01.19更新

こんにちは\/

鍼灸師の加倉井です。

さあ、月末が近づいて参りましたので ブログの更新が焦ってきました。笑

実は当院は1人4記事を投稿する事になっておりますが、スタッフによってはそれ以上書いて下さるスタッフの方もいます♡

 

患者様想いのスタッフだなーって素直に思います!

 


皆様もスタッフに紹介してもらいたい内容の記事がありましたら、

ぜひお声がけくださいね!

 


ーーー

それでは今回は

「足の冷え」について紹介します!

 


夜寝るとき、足が冷えてしまう方。。

結構多いですよね。、


こうやってワンコがお布団を温めてくれるの、とっても理想です!笑

 

 

 

 

 

実は皆さんに謝りたいことがありまして、

患者さんでも冷えで困っている人は多くいらっしゃいましたが

実はお話を聞いている最中に・・

 


・お風呂でちゃんとあったまってる?

・レッグウォーマー・腹巻やってる?

・生姜入りお味噌汁飲んでる?

(↑完全に個人の好みですが・・

お味噌汁に生姜、健康にも美容にもよくて

しかも、味も最高なのでおすすめです♡)

 

 

 

 


とかって思っていましたが・・・

反省です。、、

最近本当にさむいですよね。

 

 


全て行っている私でも最近、

年を越してからは本当に寒くて、

眠れない時があります。

 

 

 

そんな時におすすめを

今回は紹介したいと思います!

 

 

 

じっくりじっくり温まりますので、

夜寝るときも足先までポカポカです♡

 

 

 

 

 


湯たんぽがレンジで使えるものが

あるのはご存知ですか?

 


当院でも皆様のお身体を温めるものは、

ホットパックを使用しておりますが

ドラックストアなどで売っているものでも

十分です!レンジで温めて3分くらい!

 


女性の方は先に

髪の毛を温めている間にチンしておけばOK

一度温めると長時間温かいので

一晩中気持ちよくすごせます。

 

 

 

 

 


温める箇所は・・

ざっくりいうと

「大きいい筋肉」がある所です。

 


・お腹

・お尻

・太もも(鼠径部、足の付け根)

・二の腕(温めるのが難しいので、胸の上気味)

 

 

私のおすすめは、お腹です。

内臓も一緒に温まると、

たくさんの血液が集まっているので

効率的に温めることができます!

 

 

 


どうしても足先が寒いと、

足元を温めることをしますが

足先は細い血管しかないのと

ふくらはぎは大きい筋肉ですが あまり筋肉が少ないので温まりづらいです。、

 

 

 

 

 

一番ベストは、

お腹+鼠径部です!!!

足の先まで温まりが早いです。

とってもおすすめです♪

 


それでは皆さん

快適な睡眠を体を温めてとってくださいね

( * ॑꒳ ॑* )( ˶˙ᵕ˙˶ )

 

WEBでのご予約はこちら

投稿者: Meilong

2019.01.19更新

ウォーキングのすすめ\/

こんにちは 鍼灸師の加倉井です。

 

最近ウォーキングにはまっておりまして、、

仕事の後によく30分ほど歩いて帰宅をしております!

 

 

 

 


とっても気軽で、

身体がぽかぽかしてきますので

冷え性でお悩みの方におすすめです!!!

 

 

 

 

 

 

色々目的があると思いますが、

私はなんとなく気分が疲れたときに行っています。

運動をするとやっぱり心が晴れやかになりますよね。

 

 


(診療が肉体的に疲れたときは、岩盤浴にいっていますよ。

 身体の外面、内面が温まり緊張がほぐれます。)

 

 

 


また私は最寄り駅の4駅前で降りて

まあまあな早めに歩いているので、人と話したりすると息が切れてしまいますが

調べたところ 人と会話が出来るくらいの速さが調度いいみたいです。

 

 

 

 

 

 

 


それでは効果ですが・・

色々ありました!

 

血流促進 が起こるため

・身体の冷え改善

・全身疲労改善

・慢性的な体の緊張(凝りなど)緩和

・不眠解消

 

色々な事に効果があります!

 

 

 

また個人的には、鬱の方にもおすすめしたいです。

 


なかなか運動をする元気だったり、時間を作る人が少ないと思いますが

 

勇気を出して、少し前の駅から早歩きで帰るので、なんて言ってもお手軽です!

 

 

 

 

 

いつもの電車通勤でうんざりしてしまう事もありますよね・・

ウォーキングした後はすがすがしい気持ちになりますし、

なにか不安に思っている事や

頭の中がぐるぐるしてしまっている時なんかは

逆に、早歩きに出かけるとマイナスに、マイナスに考えられなくなります。

 

 


ためにし、今ぐるぐる考えてしまっているそこのあなた!

その場でジャンプを10回して大きく深呼吸してみてください。

 

・・・少し落ち着きましたか?

なかなか、人は一度に多くの事を集中できません。

 

 

気分をスッキリさせる意味でも、

ダイエットなどの健康管理をするのでも

身体を動かすことは心にも身体にもとてもいいので

ぜひ皆さんも行ってみて下さいね。

 

WEB予約

投稿者: Meilong

2019.01.19更新

みなさん、こんにちは

鍼灸師の加倉井です\ /

最近、身体の冷えや緊張を自分自身でも感じてきたので

ストレッチやホットヨガなどできる事は自宅で行っておりますが

どうしてもほぐれない時は近くのサロンでお世話になっております。

やっぱり人に行ってもらえる施術は気持ちいいですねえ♡

 

 

 

ーーー

さて、今回は「糖質」について紹介をしていきます。

糖質ダイエットなど耳にしますが

今回は糖質を摂取することで疲れが溜まってしまう人へ向けたことを書いていきます。

 

 

 

糖質と耳にすると、甘いお菓子を思い浮かべる人が多いと思いますが

それだけではありません。

ご存知の人も多いかともいますが、

「ぱん」「白米」にも糖質は含まれます。

 

 

 

白米..角砂糖14個分

玄米..角砂糖13個分

食ぱん..角砂糖7個分

うどん..角砂糖15個分

カレーライス..角砂糖27個分

 


こんなにも多く含まれます(´;ω;`)

 


実は糖質は、身体の中にエネルギーとして血糖として貯蔵されるのですが、

「インスリン」というホルモンが膵臓から分泌され、血糖値の上昇を防いだりコントロールをしてくれます。

 


けれど、このインスリン...

過剰に分泌されると 血糖値が一気に低下にしてしまうのです。

その時に、眠さ・だるさ・イライラが起こります。、

また、上げようとするために脳は

「また食べて(´;ω;`)!!!」

という指令をだすのです。

 


これは、身体の仕組み上仕方ないのですが、

この指令を出したりすることや、

血糖値の急上昇、急降下が体の疲れに繋がります。、、

 


自律神経がジェットコースターのように上げ下げしてしまうのです(´;ω;`)

 

 

実は!


食べ方の順番ダイエットの仕組みはここにあります。

糖質が低い物から食べて、

血糖値の急激な上昇を防ぐことになります。

 


そう!実はキーワードは

「血糖値の急激な上昇」が身体の負担に繋がります!

 

 

ーーー

みなさん..想像してみてください。。

夏休みの宿題を最後の1日で一気に終わらせるのと

コツコツコツコツ毎日行うのとでは

自分自身の疲れも違いませんか?笑

 


体内も同じようになっております。

食べるものに注意して、

また食べる順番に注意をして生活を送ってみて下さいね。

 

WEB予約

投稿者: Meilong

2019.01.19更新

みなさん、こんにちは

鍼灸師の加倉井です\ /

最近、身体の冷えや緊張を自分自身でも感じてきたので

ストレッチやホットヨガなどできる事は自宅で行っておりますが

どうしてもほぐれない時は近くのサロンでお世話になっております。

やっぱり人に行ってもらえる施術は気持ちいいですねえ♡

 

 

 

ーーー

さて、今回は「糖質」について紹介をしていきます。

糖質ダイエットなど耳にしますが

今回は糖質を摂取することで疲れが溜まってしまう人へ向けたことを書いていきます。

 

 

 

糖質と耳にすると、甘いお菓子を思い浮かべる人が多いと思いますが

それだけではありません。

ご存知の人も多いかともいますが、

「ぱん」「白米」にも糖質は含まれます。

 

 

 

白米..角砂糖14個分

玄米..角砂糖13個分

食ぱん..角砂糖7個分

うどん..角砂糖15個分

カレーライス..角砂糖27個分

 


こんなにも多く含まれます(´;ω;`)

 


実は糖質は、身体の中にエネルギーとして血糖として貯蔵されるのですが、

「インスリン」というホルモンが膵臓から分泌され、血糖値の上昇を防いだりコントロールをしてくれます。

 


けれど、このインスリン...

過剰に分泌されると 血糖値が一気に低下にしてしまうのです。

その時に、眠さ・だるさ・イライラが起こります。、

また、上げようとするために脳は

「また食べて(´;ω;`)!!!」

という指令をだすのです。

 


これは、身体の仕組み上仕方ないのですが、

この指令を出したりすることや、

血糖値の急上昇、急降下が体の疲れに繋がります。、、

 


自律神経がジェットコースターのように上げ下げしてしまうのです(´;ω;`)

 

 

実は!


食べ方の順番ダイエットの仕組みはここにあります。

糖質が低い物から食べて、

血糖値の急激な上昇を防ぐことになります。

 


そう!実はキーワードは

「血糖値の急激な上昇」が身体の負担に繋がります!

 

 

ーーー

みなさん..想像してみてください。。

夏休みの宿題を最後の1日で一気に終わらせるのと

コツコツコツコツ毎日行うのとでは

自分自身の疲れも違いませんか?笑

 


体内も同じようになっております。

食べるものに注意して、

また食べる順番に注意をして生活を送ってみて下さいね。

 

WEB予約

投稿者: Meilong

2019.01.19更新

皆さん こんにちは( ˘꒳˘)♪ 加倉井です!

 


そしてそして…

あけましておめでとうございます!!

本年も皆様のお体の健康と、美容のお手伝いをさせて頂きたいと思いますので 何卒 よろしくお願い致します。

 

 

 

さて、本題ですが

お正月はいかがでしたかー?

私は4キロくらい太りました!笑

お腹のお肉が しっかりしているのでまさかと思いましたが。、 成長っぷりにビックリでした。笑

 

 

 

お正月って怖いですねっ

ついつい食べすぎちゃいます(><)

 

 

 

 

 

そんな私と同じようなお仲間がいらっしゃったら、是非そのまま読み進めてください。、

 

 

 

 


◇ 原因は浮腫であることが多い ◇

 


お正月は

・食べる量が増加 = 摂取カロリー増加

・運動量の低下 = 消費カロリー減少

 

 

 

ということが一般的に多くあります。

 


普段、自律神経のお話をする時は

交感神経が優位であり、身体全体の緊張が強いことをお話すると思います。

しかし お正月の場合は 副交感神経優位のリラックスしている状態が多いです。

 

 

 

自律神経の働きで重要なことは、

交感神経と副交感神経が交互に入れ替わる事です。

 


本来、副交感神経優位であれば

胃腸の動きは活発になりますが

そのまま睡眠をしまったり、あまりにも動かないことや、そもそも摂取カロリーが多いと胃腸の動きも悪くなってしまいます。、

 

 

 

 


身体にとって適度なストレスは

健康を引き起こす秘訣になります!

運動と健康が密接に関わっているのは、

これが1つの要因となります\/

 

 

 

(しかし、これはお正月のお話なので

働いている皆さんは通常であれば

交感神経優位になってしまいます…)

 


ーーー

 


しかし、それだけではなく

食事にも浮腫む原因があります。

 


お酒を飲んでいたり、

炭水化物が多いというよりも

お節料理などで 塩分を摂取している方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

塩分は身体に水を溜める事をしてしまいますので、浮腫の原因になります。

 

 

 

お正月前にご来院それた方は

私にもしかしたら、

積極的に白湯を飲んでくださいね!

とお伝えをしたかもしれませんが、理由は塩分過剰摂取での浮腫を避けるためです。

 

 

 

◇ お正月太り撃退法 ◇

 


・正しい生活リズムに戻しましょう

普段は早寝早起きをしている方が多いかと思いますが、ついつい 夜遅くまでテレビをみて ダラダラ起きてしまう人が多かったと思います。

自律神経を交互に入れ替えるには、規則正しい生活リズムが基本で 重要になります。

 


・「の」字 で腸を刺激する

たくさんのものを摂取して、消化不良を起こしている胃腸なので 外から刺激をしてあげましょう!洋服の上からや、オイルを付けてあげると行いやすいと思われます。

 


・ファスティング等を行ってみる

気づいたら食べてる 。、

そんな生活をしていませんでしたか?私はしていました…

ファスティングを半日行ってみるのでも、胃腸が元気を取り戻してくれるので ファスティングまでいかなくても 本当にお腹は空いているのか…?を考えてからの摂取もオススメです!

 

 

 

 

 

 

私にしては、珍しく長文になりましたが

一緒にお正月太りは早めに解除して行きましょ!

 

 

WEB予約

投稿者: Meilong

2019.01.16更新

七十二候をお知らせします、熊井です!

 

1月16~20日
雉始めて雊く(きじ はじめて なく)
➡実際に鳴くのは一ヶ月半ほど先ですが、雌を求めてケーンケーンと雄が鳴きます。

きじはじめてなく
二十四節気ではいよいよ立春から一周して、そのラストにあたる大寒を迎えます。一年で一番寒さが厳しい頃、という意味ですが、ここを通り抜ければもう次は立春!
「もう寒いのはヤダよぅ」と縮こまっていたのに、段々と寒さとの別れが惜しくなったりするから面白いですね。
寒い冬の時期しか味わえない良いものって、皆さんはどんなものがありますか?
私が好きなのは、澄みきった空の星のきらめきだったり、吐く息が白くふわっと消える様子だったり。雪の降り始めにフワ~っと浮かびながら落ちる様も見ていて飽きないですね。
もう二度と味わえない“今”だけの自分の感性で、ひとつひとつ何かを発見して喜び、春が来る前に冬を満喫して見送りましょう♪


・旬の野菜
蕪(かぶ)
80種ほどの品種がある。栄養価は実より葉のほうが高く、保存するときは葉と実を切り離した方がよい。胃もたれ、胸やけに効果がある。

・旬の魚介
鱈(たら)
初雪の後に獲れることから魚偏に雪と書く。身は脂肪が少なく味は淡白。スケトウダラは練り製品の原料となる。

・旬の草花
ロゼット
地表に這いつくばるような形で、植物の葉が放射状に生えている状態。日射で温まった地面の熱を利用してエネルギーを貯める。

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2019.01.15更新

こんにちは、石鍋ですnico

今回は豆腐の栄養と効果について書いていきます。


豆腐のカロリー

豆腐は一般的に絹ごし豆腐と木綿豆腐の2種類が売られていると思いますが、食べた時の滑らかな食感が特徴的な絹ごし豆腐は1丁で約150キロカロリー、木綿豆腐の場合は1丁で約200キロカロリーとなっています。

凝縮して作られている木綿豆腐の方が、絹ごし豆腐よりも食べ応えがありますが、カロリーで見てみると絹ごし豆腐の方が低カロリーとなっています。


豆腐の1日の目安量

柔らかくて食べやすい豆腐は、気が付いたらたくさんの量を食べてしまいがちの食品となっています。

豆腐はいろいろ栄養素も含まれていて美容にも良い食品となっていますが、1日に食べる目安量としては約110g~140g、1/3丁~1/2丁程度が適量だといわれています。


豆腐に含まれている栄養素

豆腐にはたんぱく質をはじめ、豆腐の脂質に含まれているリノール酸や、豆腐の甘みの元となっているオリゴ糖、大豆イソフラボン、カルシウムやビタミン類も多く含まれています。

豆腐に含まれているイソフラボンは基礎化粧品などにも多く使われており、女性の美容に関係の深い成分となっています。


豆腐に含まれる栄養素別、期待できる効果

たんぱく質

・身体を作る

たんぱく質は、身体を作るために大切な役割を担っています。臓器や筋肉、髪の毛や爪などの組織を作るために必要です。また、たんぱく質は血管を強くするため、脳出血などの予防になります。そして、たんぱく質を摂取することによりコラーゲンの力で、肌をキレイにする効果が期待できます。

 

・免疫力を高める

たんぱく質は、外から侵入してくるウイルスなどの異物から身体を守る働きをします。身体を守るために抗体の力が必要ですが、抗体は身体に入ってくる異物を排除してくれます。たんぱく質には、この抗体の働きを助ける役割があります。抗体の働きが活発になれば、免疫力がアップします。

 

・高血圧予防

たんぱく質には、余分な塩分を排泄してくれる働きがあります。その働きは、塩分の摂りすぎが原因のひとつである高血圧の予防に効果が期待できます。

 

サポニン

・肥満予防

サポニンには脂肪の蓄積を抑え、吸収を抑制する働きがあります。ブドウ糖が腸内で脂肪と合体しないよう働きかけることで、脂肪を蓄積させないようにします。このため、肥満予防の効果が期待できます。

 

・コレステロールの値を下げる

サポニンは、血中の悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。血中の悪玉菌が増えると、コレステロールが多くなってしまいます。また酸化により、血液がドロドロの状態になってしまうと酸素や栄養が身体中に行き届かなくなり、動脈硬化の原因につながります。豆腐を食べることでコレステロール値を下げられる効果が期待できます。

 

・免疫力を高める

免疫力は、外から体内に入ってくるウイルスなどの異物を退治してくれる力です。サポニンには、この免疫機能に重要なNK細胞の活性化を助ける働きがあります。そのため、免疫力が高まり風邪などにかかりにくくなる効果があります。

 

・肝機能を高める

サポニンには、老化や動脈硬化を引き起こす原因である過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。肝臓にたまった中性脂肪やコレステロールは、活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質になってしまいます。この過酸化脂質が増えることで肝機能の働きが悪くなりますが、サポニンを摂取することで肝機能を高める効果が期待できます。

 

イソフラボン

・更年期障害の緩和

イソフラボンは、女性ホルモンと働きが似ています。そのため、更年期障害で悩んでいる人、または更年期障害予防のために意識して摂取するとよいとされます。女性ホルモンが減ることによって現れる更年期障害ですが、イソフラボンを摂取することにより、症状を緩和し、改善してくれる効果が期待できます。

 

・骨粗鬆症の予防

加齢によりエストロゲンが減少すると、骨にカルシウムが蓄えられなくなってしまいます。そうなると骨密度が低くなり骨が脆くなります。イソフラボンにはエストロゲンの分泌を促進し、骨にカルシウムを蓄えるようにする働きがあります。骨粗鬆症は高齢者でなくても無理なダイエットなどで若い女性でもなることがあります。生活習慣を正し、イソフラボンを意識して摂取することで骨粗鬆症の予防効果が期待できます。

 

・美肌効果

エストロゲンは女性らしい身体や美しい肌を作るのに大変重要な役割を果たしています。加齢や生活習慣の乱れによりエストロゲンが減ると、コラーゲンが減り肌の弾力が失われます。また、肌の潤いに大切なヒアルロン酸の生成も低下し、しわや肌のたるみが目立つようになります。豆腐に含まれるイソフラボンを摂取すると、女性らしい身体や肌を保つ効果が期待できます。

 

ビタミンE

・老化防止

細胞の酸化を防ぐビタミンEは老化を予防する若返りのビタミンと言われています。40歳以降になると、血液の中にある過酸化脂質が急増し、細胞が酸化されて老化が進みます。ビタミンEが持つ抗酸化作用によって、細胞の酸化を抑制することで老化予防に効果が期待できます。

 

・生活習慣病予防、改善

ビタミンEが持つ抗酸化作用は、細胞を酸化することを防ぐ働きがあります。その働きは、血液中のコレステロールが酸化され、血管壁にこびりつくことによって起こる動脈硬化を防ぎます。豆腐に含まれているビタミンEが、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで血液をきれいに保って生活習慣病の予防や改善に効果が期待できます。

 

・血流改善

ビタミンEは過酸化脂質を分解する働きがあるため、血液がドロドロになるのを防ぎます。また、毛細血管を拡げる働きがあるので血流を改善し、肩こりや冷え性を予防・改善してくれます。

 

・美肌効果

ビタミンEによって血流が改善すると全身に血液が流れ、細胞が活発になり、新陳代謝を繰り返すことになります。その働きは肌にハリやツヤが生まれる効果が期待できます。

 

カルシウム

・骨や歯をつくる大切な栄養素

骨や歯を作るために必要な栄養素のカルシウムは、身体に吸収されにくいのですが豆腐にはたんぱく質が豊富に含まれているため吸収率が良くなります。また、カルシウムは心の安定を保つ役割もあります。

豆腐

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2019.01.14更新

こんにちは、石鍋ですnico

今回はこんにゃくについて書いていきます。


こんにゃくは腸のお掃除やさんとしてもおなじみな食物繊維が豊富に含まれています。97%が水分で栄養価は高くありませんが、主成分にヒトの消化酵素では分解できないグルコマンナンを含みます。こんにゃくを食べると、グルコマンナンが消化されないまま腸に入り、水分を吸収して膨らみ、腸内を移動する間に便をやわらかくして老廃物をスムーズに排泄する働きがあります。

 

【こんにゃくの効果】

・デトックス&メタボ予防

こんにゃくに含まれている水溶性の食物繊維「グルコマンナン」には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を抑え、有害物質の停滞時間を短くし、腸壁を刺激して排便をうながす作用があります。また、コレステロールと糖の吸収を抑制する効果があり、糖尿病、高血圧、動脈硬化の予防が期待できます。

 

・肥満予防

弾力が強く、よく噛んで食べる必要があるこんにゃくは、脳の満腹中枢を刺激します。しかも低カロリーで腹持ちが良いので、肥満防止に最適です。


・美肌効果&アトピー性皮膚炎や花粉症の改善

こんにゃくは、あらゆる植物の中でダントツ量のセラミドを含んでいます。セラミドには肌を保湿し、バリア機能を向上させ、メラニン色素を抑える効果があり、美溶液には欠かせない成分の一つです。さらに、こんにゃくに含まれるセラミドはコラーゲンを増やすことも確認されており、アトピー性皮膚炎や花粉症のアレルゲンをブロックする働きがあります。

 

・骨粗鬆症予防&ストレス軽減

こんにゃくに含まれるカルシウムは植物性なので、牛乳や小魚に比べて体内への吸収率が高く、骨粗鬆症予防やストレスの軽減に効果的です。特にしらたきは、板こんにゃくの約2倍のカルシウムを含んでいます。

こんにゃく

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2019.01.12更新

鍼灸治療はどんな症状に効く⁉️

meilong鍼灸師・登録販売者の内田有紀です。

最近では、美容鍼を筆頭に鍼灸治療が世間に少しずつ浸透してきました。

鍼灸って胡散臭い~、痛いんでしょ?

科学的根拠は?

鍼灸治療が効果があるとされている疾患は実は100種類以上あります。

これはWHO(世界保健機関)、NIH(米国 国立衛生研究所)も認めています。

 

who(鍼灸師会HPより引用)

こんなにも適応なんです。

3000年の歴史を持つ東洋医学。

もし何らかの効果がなかったら今世まで受け継がれていませんよね?って思うんです。

【鍼灸治療の効果】

①痛みの緩和

◆エンドロフィンの分泌

鍼灸治療をするとエンドロフィンの分泌が促されます。

このエンドロフィン。どんな働きをするか知っていますか?

私たちの体内で生まれるナチュラルな痛み止めです!

研究によると、一回の鍼灸治療後10回以上モルヒネを使うのと同等の痛み止め効果があるとのこと。

◆ゲートコントロール説

痛みは脳で

投稿者: Meilong

前へ 前へ