staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.06.21更新

こんにちは(^^)/鍼灸師の加倉井です!

 


昨日は総売上1位会を開いて頂きました\/

3月より始まりましたこの制度は・・・当院のスタッフで売上が高い先生は、なんと!

院長と感謝しているスタッフと一緒にお食事会を開いて頂けるのです♡

なので、昨日はそのお食事会に院長と内田先生と銀座の肉の切り方でお祝いをして頂きました!

とても楽しい会で、あっという間に時間が過ぎました。

また3月より連続して連れていって頂けているのですが、これも皆様からの信頼の気持ちがあってこそです。本当に嬉しく思います。

いつもMeilongにお越しいただき、また施術を任せて頂きまして誠にありがとうございます。

どんな状態でも、Meilongに行くと気持ちも身体も楽になる。

といって頂けるように今後も精進して参ります‼

 

 

 

それでは今回のお話し「冷え」についてですね!

夏場も冷える事をみなさんご存知でしょうか?

そういってもみなさん、経験済かと思いますが・・・・

 

・アイスの食べ過ぎ

・クーラー

・冷たい飲み物の飲みすぎ などなど!

 

 

 nn

 


外はあっついので、もちろん 冷やされるような行動はしたくなる気持ちは分かるのですが・・・夏こそ油断大敵です(´;ω;`)!

 

 

 

 


おすすめのケア法をお伝えしますね!

・1日1杯は温かいのみものを飲む(白湯でもお味噌汁でも)

・週に3回は湯船につかる

・夜寝る時には腹巻をする(綿やシルク素材がおすすめです!)

・なるべく常温のお水を飲む

・汗は拭きとる

 


気付かないうちに身体が冷える事で、肩こり腰痛、むくみの原因になりやすいので、是非夏場でも温めてあげる

事を意識してみてくださいね。

 

 

 


WEB予約

 


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.05.25更新

おはようございます☆

鍼灸師の加倉井です。

記事は作っておりましたが、更新をしていなかったため 今回も連続投稿です。笑笑

 


実はホームページを大幅にリニューアルしました!

https://meilong.amebaownd.com/

 


現在2つのページがあるのですが、

これからはこちらのページに移行していきますので みなさん確認をお願い致します!

 

 

 

また Instagramは恵比寿院と銀座院、

また院長の石川によるページも公開しております‼︎

@meilong_ebisu

@meilong_ginza

@ishikawa.mie

 


健康の情報、美容の情報

たくさんアップされておりますので ぜひぜひみなさんフォローをお願いします♡

 

 

 

 


WEB予約

 


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

 

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.05.23更新

こんにちは

鍼灸師の加倉井です★

 


最近は急に暑いですね(><)

皆さん水分しっかりとっていますか?

私は最近パソコンでの作業が多いため、座り姿勢が多く 尚且つ カフェラテを飲んでいます。、

そんな方記事を読んでいる方にもいらっしゃるのではないでしょうか??

 


今回はお水を飲むことにフォーカスをしていきますね。(自分への戒めにも繋がるため…)

まずは1日に摂取をする量は1.5-2.0リットル。

1.5リットルは汗や尿として排出されるため、しっかりと取っていきたいですね。

 


① 血液がドロドロになる原因

たくさん身体にいいものをお食事で取っていても、飲み物に糖質が多く含まれているものを多く摂取していると 実は全身をめぐる血液の質が悪くなってしまいます。

また単純に水分量が減ってしまうと、動脈硬化症などの原因になることも…!!!

皆さんお気をつけてくださいね。

② お肌・髪 の乾燥

③ お疲れ顔の原因にもなる

④ 浮腫みやすい(老廃物が身体にずっといるため…)

⑤ 疲れやすい

⑥ 重篤疾患の原因にも… などなど。。

たくさんのお水にいい事の情報をお伝えしましたが、お水は最低でも常温のお水を飲むようにしてあげてくださいね。また4リットリ以上を日常的に飲むのも逆に血液の濃度などが薄くなってしまって良くないです!

 


人間の体温は36-37度に保たれていますね。

もちろん、腸内の方がより体温は高くなります!常温のお水は25-30度といわれており、もちろん冬になるともっと冷たいお水になります…

 


そう!つまり 常温のお水でさえ

胃腸を冷す行為になってしまうことが多いので ぜひ最低でも常温をこまめに摂取をするようにしてあげてくださいね。

 


それではまた次回の更新を楽しみにしていてくださいね!!!

 

 

 

WEB予約

 


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

 

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.05.20更新

こんにちは( ´ ` )

鍼灸師の加倉井です!

今回はスマートフォン姿勢の悪影響についてお伝えをしていきますね。

 


もう現代社会ではマストになってきました携帯電話・スマートフォン。、

電車を見渡すと操作をしている人が多くいらっしゃいますね!!!!!

(私も朝の電車で今の文書を書いています。笑)

 


移動時間中に色々なことをやってしまいたい気持ち、よーーーーく分かります!!!!!

気をつけていただきたいことが何点かありますので ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


①目に力が入り過ぎる。

真剣になるばかりで、眉間にシワを寄せてしまっていること 眼精疲労・頭痛・肩こり の原因になります。、

とはいえ 力が入りやすいと思いますので、まずは意識する事から行ってみてくださいね。

★ 簡単セルフケア ★

・目を左右/上下にゆっくり、それぞれ15秒ずつ動かすようにしてみてください。目のストレッチになります。

目をつぶって行いますと、電車内でも簡単に行えます(以前お客様にお伝えしましたら、嫌がられましたが…私はよくやります。笑)

 


② 下を向きすぎてしまい肩首凝り

ずっと下を向いている事で、首肩が緊張してしまうのではないでしょうか?

また胸の筋肉も緊張してきますと肺が圧迫されて、呼吸が浅くなる場合もございます…

★ 簡単セルフケア ★

・スマートフォンの位置をあげて操作する

・携帯電話を一度おいて、手のひらを外側に向けて(手の甲を身体に付けるようにして)胸を開かせる。

 


③座り姿勢での長時間操作での腰痛

会社でもずっと長時間座るお仕事の方は仙骨座りになっている方が多くいらっしゃいます…

仙骨座りとは、骨盤が後ろに倒れてしまっている状態です。、

そうすると自然と猫背の姿勢にもなりやすいんですよね…!ぜひ座り方を変えてみましょう!

 


★ 簡単セルフケア ★

・骨盤を立てて座る

腰に手を当てて、骨があると思いますが 骨を辿った1番上の部位が 椅子と垂直に上に登ってきた時に耳たぶと同じ位置に来るように座ってみましょう!!!!!

・応用編は会社でのデスクワーク時にも行ってみてくださいね。骨盤が後ろに倒れないようにクッションなどで支えてあげてもいいと思います。

 


電車での通勤時間て実は馬鹿にならないですよね、結構長時間です。少しの工夫で、少しずつのセフルケアを行ってみてください♬︎♡

 

 

 

Web予約


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

 

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.05.05更新

みなさんこんにちは(^^)/ 鍼灸師の加倉井です!

GWはみなさん、どのようにお過ごしいただきましたか?

私は代々木公園や日比谷公園、皇居周辺などに行ってまいりましたよー!

すごく混雑しておりましたが、お天気も良くとても気持ちいく過ごせました♡

公園でのんびりと過ごせるのはとっても気持ちがいいですね!

 

 

 


いよいよGWも終盤になってしまいましたね。、

明日までのお休みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか・・・?

そんな皆様に、GW明けの過ごし方について紹介をさせて頂きます!

 


GW中の自由な時間を過ごすことで


なかなか規則正しい生活を送っているような人は少ないと思います!

生活のリズムがバラバラになっていることで

夜は夜更かしをしている。、

ご飯のタイミングが様々。、、なんてことが多くありますね。

 


今日から少しずつ、いつもの時間に戻していくことが大切になります!

朝少し早く起きてみる(1杯のお水を飲んで、またすぐに寝ちゃってもOK)

食事の時間を正してみる

食べ過ぎない(GW中の不摂生により、加倉井本人が体が重く感じております...)

 

 

 

普段はお仕事のストレスなどで、過緊張になっている分

今日と明日なんかはゆっくりと生活をすることで

より気持ちが良くお過ごしいただけると思います!

ぜひ、少しずつ生活に取り入れてみてくださいね。

投稿者: Meilong

2019.04.24更新

皆さん こんにちは

鍼灸師の加倉井です\/

今月もぎりぎりで、ブログの投稿が間に合いそうです!

熊井先生が、毎月のブログ件数をチェックしてくれているのですが

今月も更新皆さんがんばりましょうね!

という、お知らせが届きましたので 今月またしてもギリギリです。、笑

 

 

 

それでは今回は

疲れないようにするには、まとめ編 を更新させて頂きます!

さまざまで更新をさせて頂きましたが

今回は色々まとめました総集編です!!!笑

 

 

 

どんな1日を過ごすといいのかを紹介していきますね

みなさんの1日に少しずつ取り入れられたらと思います!

 

 

 

キーワードは

「丁寧な暮らし」です!

 


- 朝 -

なるべく朝日を浴びての起床。

白湯などの温かいお飲みものを摂取できるとBESTです!

また いつもより10分朝、早く起きれる事でゆっくりと過ごせます。

(朝は時間に追われている場合が多いので、いそいそとしてしまいますよね。、、それだけでも緊張してしまいますので自律神経は乱れやすいです。、)

朝ごはんは、いつもの朝食に温かいものが無ければ暖かいものをプラスしてみましょう♪

 

 

 

- お昼 -

夜ご飯を考えたようなメニューを頂けるといいですね。

お昼はがっつり好きなものをお召し上がるのはとってもいいですが、夜にもし飲み会などの会食がある場合は お昼に少しセーブするといいのではないでしょうか?

また日中はストレッチをこまめに入れてみましょう!

首のストレッチやわき腹のストレッチ、お手洗いに立たれる時には 大腿部のストレッチ、臀部のストレッチも出来るとなおいいですね。

また水分をしっかり摂るようにしてあげてくださいね。

人は細胞を構成するのも、血液を形成するのも、「お水」が必要になってきますよね。

塩分や糖分が多かったり、カフェインが多く含まれるものはあまり大量に摂取するのは良くありませんが 少しなら問題ありません。

2リットルお水を摂取すると良い!なんて健康法の本がたくさん出版されているくらいですから是非とも、常温でみなさん取ってみてくださいね。

 

 

 

 


- 夜 -

もしもお仕事の疲れが無い場合は、一駅前から歩いてみる事をお勧め致します。

20分以上歩けるのがいいとされておりますが、気持ちがリフレッシュすればそれでいいと私は思っておりますので、満員電車のごちゃごちゃで息が苦しい日々が続いていると思いますので のんびりと春風にのって歩いて帰宅されるといいですね。

 


夜はなるべく、お食事はすくなく 寝る前の4時間はお食事はとらない方がいいとされております。

(胃腸をしっかりと休ませた状態で、睡眠をとられた方が良質な睡眠が確保できます!!!)

また、ゆっくりと入浴。

10分間を分けてはいってもいいので、あまり半身浴などで汗を大量にかきすぎても疲れてしまいますので 10分程でじわっと温まるくらいがちょうどいいです。

(3分間 休憩 3分間 休憩 4分間 上がる なんて入浴方法でもOK!寒くならない様にだけ注意してみてくださいね)

ストレッチやマッサーシ゛をすると有効的ですが

なかなか疲れてしまっている人にはむずかしいですよね。、

携帯はみずに、早くねましょう♪

私の個人的なおすすめは、ホットアイマスク(しかも、小豆のちから という商品)を目に乗せて入眠されると、あら不思議...次の日とっても目がすっきりとされます☆

また、手足が寒くて寝れない方にはお腹や大腿部に

湯たんぽを乗せて入眠することをお勧め致します。

 

 

 

 

 

 

このような感じですかね?

ざっくりになりますが、生活の一部に取り入れられそうなものがありましたらぜひとも行ってみてくださいね。

また色々な細かいアドバイスは勿論出来ますので

ぜひぜひ、いつでもご相談下さいませ。

 

 

 

けれど、あまりにも疲れが溜まっている場合や自律神経が乱れ うつ症状に近い場合は

本当に何もしたくありません。

私も実は鬱症状になったことが以前ありますが、こんなことは疲れきっていて出来ませんでした。その時には早く寝るという事を行ってみてくださいね。、

また元気がある時には医療機関への相談や、お友達とランチなどに行ってみてくださいね。

 

 

 

 


それでは、今回の更新は以上になります!

また来月の更新をお楽しみにしてください^^

投稿者: Meilong

2019.04.24更新

こんばんは 加倉井です\/

実は日曜日に「新宿御苑」にいってきましたー!

春の陽気でとっても気持ち良かったです。

 

それでは今回も紹介をしていきますね!

身体を疲れない様にするための、食事編です!

 


前回紹介をしました、病気ではないけど なんでか疲れる・。。

それの理由は


・内臓機能の低下

・自律神経の乱れ

・筋緊張

・血流循環不良 

・睡眠不足 などにあると紹介をさせていただきましたね。

 


意外と質問が多かったのは「食事について」でした。

私も甘いものがとっても大好きなのですが、、自分の中でルールはありますね。

甘いものを1日1つ以上買わないっていう事をしています!

結構皆さんのお話を聞いていると、砂糖入りの飲み物+チョコレートなどをお召し上がりになっている人がおおいなあ。、、なんておもっております。

 


また、最近では「糖質」なんて言葉も多くすると思いますが

糖質は知らない間に多くの糖分を摂取しておりますので、これにも注意をしております!

 

 

 

なんで、糖分に気をつけているかというと・・・

1血液がドロドロになりやすいから

2自律神経が乱れやすいから という理由です。

 

 

 

1血液がどろどろしている状況は

血管にももちろん負担がかかりますし、血液が赤い理由である「赤血球」の状態がわるくなってしまう場合が多いからです。

実は赤血球が、身体の必要となる栄養素を各臓器に運び、身体の不要なものの回収もおこなっているんですね。

つまり、どろどろ血液だと

必要な栄養素が運ばれないし、不要な物を回収できないような状況に陥ってしまうことが多いです。、、

 


2また以前お話ししたことがありますが、

血糖値を一定に保とうとする働きから (膵臓からインスリンが放出される+アドレナリンが分泌される)、自律神経が乱れることが多くあります。

 


一定のリズムで波をうっている自律神経ですが

自律神経が乱れると、睡眠の質の低下 などの 緊張状態に身体は陥る為、

疲れが出てしまうのですね。、 

 

 

 

なので、その場で疲れてしまったから食べてしまう

チョコレートやアイスなどはとっても身体を疲れさせる原因になります!

少しずつ、身体の事を考えた食生活へと移行させていくことをお勧め致します!

 


それでは次回は総合的なまとめを紹介していきますね!

投稿者: Meilong

2019.04.24更新

こんにちは\/ 鍼灸師の加倉井です!

さあさあ、今月末もブログの更新を焦りに焦って行っていきます。、

実は私は、インスタグラムの更新も任せて頂いているので

みなさん、ぜひ!Instagramもチェックしてくださいね(*'ω'*)

 

 

 

 

それでは今回も疲れやすい理由を紹介していきます!

前回は、実は疲れやすいというのは病気である可能性がある事をお伝えしました。、

今回は病気でない場合どんなことが考えられるのかを紹介していきますね!

 

 

 

◆病気でない場合考えられること◆

・内臓機能の低下

・自律神経の乱れ

・筋緊張

・血流循環不良 

・睡眠不足 など。

ブログ記事上では、いま読んでいらっしゃる方が何で疲れているのかというのは言い当てるのが難しいです。、

 


ご来院される皆様から聞く、

「あるある」な事を紹介させて頂きますね!

 


【内臓機能の低下】例①外食が続いている

普段お家でのお食事が多い方が、お食事をお外で食べる事が多い場合は「内臓機能の低下」「血液循環不良」が考えられます。

以前ブログでもお伝えした通り、3食しっかりお召し上がりになった場合フルマラソンを走るくらいの負荷が体にはかかると言われております。

疲れが溜まると、ついつい食べてしまう方も多くいらっしゃると思いますが

実は逆なんですね。、

 


状況にもよりけりですが、

あまりにも疲れている時に 力をつけようと、がっつりした様なものをお召し上がりになると

内臓は身体の疲れを取るよりも先に、胃腸に溜まっている「ごはん」を先に消化しようとするので 身体に溜まっている疲れの原因は放置されてしまうので、とても疲れてしまうのです、。

 


なので、疲れが溜まっている時こそ食べてしまう方!

(私もそのタイプですが。、、)

ぐっと我慢して、夜ご飯は抜いて、ゆっくり入浴をして 睡眠の時間を確保しましょう!

 

 

 

【自律神経の乱れ】例②忙しい日々が続いている

これは、お仕事をしていると 山あり谷ありで仕方がないのではないのか・・

なんて思ってしまいますが 対策法をしっていると安心もすると思いますので

読んでみてくださいね。

 


忙しい日が続いている時の状況って

・時間に追われている

・やる事に追われている

・とにかく時間がない

・やる事が多すぎる!!!!

 


なんて。笑

やることが多くて、時間はせまっておりますよね。、

そんなときの身体の状況を、デスクワークの方を例にすると・・

・長時間同じ姿勢のため筋肉の緊張が強い

(臀部の筋肉・脚の浮腫み・目の疲れ・首肩凝り・頭痛・・など)

・集中しすぎて水分を取らない+甘いものを食べてしまう

(血液がどろどろになり、内臓機能の低下→自律神経の乱れ)

・仕事が長引き睡眠不足、朝慌ててしまう、ずっと頭で仕事の事を考えてしまう

(交感神経支配優位になってしまう)

 


こんな事が起こります。

1 対策方法はまずはストレッチを行ってみましょう

2 甘いものは固形物OR水分のどちらかにしましょう(お水2リットルは必須です!)

3 ゆっくり深呼吸をして、内臓に血液を送ってあげる様にしましょう!

 内臓機能が高まると、睡眠の質自体も上がりますし 疲れが取りやすいです。

 また深呼吸して考えていることを吐き出すイメージで行うと、少し頭のなかがスッキリしますよ!(瞑想の考え方の1つですね。)

 

 

 

今回はここまでにします!

是非皆さん自分が当てはまる項目を確認して、自宅でのケアを行ってみてくださいね♪

投稿者: Meilong

2019.04.24更新

こんにちは!鍼灸師の加倉井です。

あっという間に4月ですね。、みなさん新生活には慣れましたか?

当院にも4月から新しい先生がmeilongに仲間入りをしてくださりましたよ(>_<)♡

飯沼舞先生です!みなさんこれからよろしくお願いしますー!

4.5.6月と新しい先生が一人ずつ入社致しますので、更に皆様へのサポート体制が整ってきますので、お楽しみにしてくださいね。

それでは今回は!疲れが取れない原因を紹介いたしますね!

 

 

 

 


今回この内容にしたのは、本屋さんに行った時に色々な健康本が売っている中で、トップに上がっていたのが「疲れない身体」といった内容の本が多かったからです。

皆さんがいかにいつも疲労疲弊してお仕事をしているのかが分かりました。、、

今回は内容を分けて紹介させて頂きます!

◆実は病気かもしれない・・?◆

「すぐに疲れてしまう」というのは、実は「易疲労感(いひろうかん)」と症状のうちの一つです。

数百種類の病気の症状の一つにも言われており、

・脳・血液・各内蔵機・内分泌系・甲状腺・精神 .... と実は危険な一つのサインかもしれません。

パーキンソン病/睡眠時無呼吸/重症筋無力症/全身性エリテマトーデス

関節リウマチ/甲状腺機能低下症/甲状腺機能亢進症/心臓病

鉄欠乏性貧血/糖尿病/感染症/アジソン病/クッシング症候群.....

あげたらきりがありませんが、、

このようにたくさんの病気が実は隠れていることを、みなさん覚えていてくださいね(´;ω;`)

-----

私は当院にご来院をしていただいた方にはお伝えしますが、

なんとなく身体が重い、頭痛がある、眼精疲労...

こんな当たり前だと思われてしまう症状は、実は何かのサインかもしれません、。

自分の身体を大切にして見逃さない様にしてあげてくださいね。

(東洋医学では未病という考えがあります。病気になる前にどうにかしたいものですね。)

 

 

 

今回はここまで紹介させて頂きます!

また次回の更新をお楽しみにしてくださいねっ。

投稿者: Meilong

2019.03.24更新

みなさん こんにちは(^^)/

鍼灸師の加倉井です!実は今日は日曜日なのに、結構余裕があるんです!

きっと寒いから皆さんお家にいたいのかな・・なんて思っております。

当日予約も受け付けておりますので、ぜひご連絡くださいね。

 

 

 

今回は、気圧での体調の変化について書いていきます。

 

 

皆様の周りには季節の変わり目(気圧の変化が激しい時)に体調を崩している人はいらっしゃいますか?

 


実は、気圧の変化での体調不良は

まだ決定的な根拠は分かっておりませんが 私が知っている限りで紹介をしていきますね。

 

 

 

実は自律神経と関係していることが多いと言われています。

 


気圧の変化で体調不良が起こりやすい人は・・

①血圧の変化がはげしくおこると、全身の身体が浮腫みやすくなり、内臓系にも影響を及ぼす。内臓の働きが低下すると、疲れが取りづらかったり、胃がむかむかしたりする。また血管拡張が起こり頭痛が起こる。

②頭蓋内圧の上昇で三叉神経が圧迫されて頭痛が起こる 。

③耳周辺の脳脊髄液の循環が悪くなり、内耳が浮腫み 耳鳴り、難聴、めまい等が起こる。

 


こんな感じでしょうか?

古傷が痛む方や、関節に違和感を感じる方も 血圧が関係してくることをよく本では読みます、。

特に健康な方でも、梅雨の季節はなんか元気が出ない、。そんな人にもこのメカニズムは関わってきますね。

 

 

 

なかなか症状に対処していくためには、体質改善が主になってきます。

毎シーズン、季節が変わる度に いやな思いをしている方は是非一度当院にてご相談下さいね。

投稿者: Meilong

前へ