staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.09.21更新

こんにちは、石鍋です!

前回に引き続き、今回もパセリから脱線しますが、、

鍼灸の種類について簡単に紹介します。

 

今回は灸!

 

お灸の種類

・温筒灸(おんとうきゅう)

・円筒灸(えんとうきゅう)

元来のやり方のお灸はもぐさを体表で燃やしていたため、熱さと灸によるやけどの痕が問題になっていましたが、現代ではそれを解決した灸が開発されています。直接皮膚を焼かないため、じんわりとした程よい熱さの温熱刺激をツボに与えることができます。

 

・隔物灸(かくぶつきゅう)

もぐさと皮膚の間に介在物を置いて、熱さを軽減する方法です。灸点紙というお灸用のシールや紫雲膏と呼ばれる軟膏、塩や生姜を介在物に用いたりします。

 

・知熱灸(ちねつきゅう)

もぐさの粒を直接体表上で燃やしますが、燃え尽きる前にもぐさを取り除いたりもします。

 

・棒灸(ぼうきゅう)

もぐさを紙で包み、棒状にしたお灸です。火をつけた棒灸でツボをあぶって温める方法です。

 

・灸頭鍼(きゅうとうしん)

鍼の上にお灸をのせて燃やす方法です。お灸の輻射熱と鍼を伝わってくる温熱の組み合わせで、鍼と灸を組み合わせて体の深部まで温め循環をよくする方法です。

灸

meilongではご自宅でのセルフケアとしてセルフお灸、ホーム美容鍼のご提供を開始しております!

 

・ホーム美容鍼 30個1セット 2,000円(税別)

・セルフお灸  1シート 1,000円(税別)※2シートから郵送可能

 

meilongオリジナル説明書も同封します。

使用方法は御購入の方には無料で対応致します。

郵送料はmeilong負担です。※ゆうパックにて配送

院内でも購入可能です。お気軽に担当者にお申し付けくださいませ。

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

 

銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.09.19更新

こんにちは、石鍋です!

今回は少しパセリから脱線しますが、、

鍼灸の種類について簡単に紹介します。

 

先ずは、鍼!

 

鍼の種類

・毫鍼(ごうしん)

現在、最も多く使われている、そして最も汎用的に用いられる鍼です。 鍼を刺した部位の筋緊張を緩和し、循環を改善することが知られています。 痛みに用いられる事が多いですが、さまざまなツボに刺激を加えて、 多種多様の効能を発現させます。

 

・鍉鍼(ていしん)

太い鍼で、体に刺入することはありません。 接触させたり、押したり、擦ったりする優しい刺激で治療します。 日本では特に関西で盛んに用いられ、小児用の鍼治療として大きく発展しました。古典的な鍉鍼の他に、さまざまな刺さない鍼が作られ使用されています。 一般的な凝りや痛みはもちろん、さまざまな症状に用いられます。 気分をすっきりさせて気持ちよくさせ、自律神経の不調を緩和する事を得意とし ています。刺激に弱く敏感で繊細な方や小児の治療によく使われています。 最近では、美容用の鍼として顔面部への治療にも応用されています。

 

・円皮鍼(えんぴしん)

シールの裏に小さな鍼がついていて、ツボに張り付ける鍼です。この小さな鍼でも、凝りや痛みを取ることができ、また持続的な効果が期待できます。最近では、スポーツ選手のケアや運動時の動作改善を目的によく使われています。

鍼

他にも色々な種類の鍼がありますが、マニアックすぎると思うので今回は一部をサラッと簡単にご紹介しました!笑

 

次回は灸の種類を紹介しますね。

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

 

銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.09.17更新

こんにちは、石鍋です!

今回はパセリの種類について紹介します。

 

パセリの種類

パセリには、いくつかの種類があります。そのうち、日本で手軽に食べることができるのは、モスカールドパセリとイタリアンパセリの2種類です。

 

種類:モスカールドパセリ

形状:葉が細かく縮れている

特徴:一番よく見かける種類、料理の彩りとして使われることが多い

 

種類:イタリアンパセリ

形状:縮れのない大きめの葉

特徴:味はモスカールドパセリと大差ない、サラダやスープなどに散らして食べることが多い、近年取り扱うお店が増えた

 

他にも、ハンブルクパセリという根を食べる種類や、ナポリタンパセリがありますが、今のところ日本ではなかなかお目にかかれません。興味がある方は、輸入食品店などで探してみても楽しいですよ。

パセリ

鍼灸も色々な種類があります。

パセリから少し脱線しますが、、次回は鍼灸の種類について簡単に紹介したいと思います!

 

meilongも色々な種類のメニューがあります!

その日のお身体に合ったメニューを担当者がご提案致します。

ぜひいろんな種類のメニューを試しにご来院くださいませ(^^)

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

 

銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

 

投稿者: Meilong

2020.09.15更新

こんにちは、石鍋です!

 

今月はパセリについてお伝えしていきますね(^-^)

今回は歴史について書いていきます。

 

パセリの歴史

パセリは、セリ科オランダゼリ属の植物で、実はとても古い歴史を持っているんです。原産地はヨーロッパ中南部からアフリカ北部の、地中海沿岸と考えられています。

その歴史は、古代エジプトや古代ギリシャの時代から、食用のみならず薬用や口腔衛生のためにも使われてきたことが分かっています。

そんな太古の時代から、日本から遠く離れた場所ですでにその爽やかな香りが認められていたのです。

そんなパセリが日本に入ってきたのは、18世紀になってからのことです。

「セリ科オランダゼリ属」の名のとおり、オランダから長崎の出島に持ち込まれました。しかし、本格的に栽培され始めたのは明治以降のこと。

しかも、メインに食されることはなく、やはり当時から、料理の添え物としての存在だったようです。

今も昔も、私たちはパセリの効果を十分には受け止めていないと言えるかもしれませんね。

パセリ

パセリの歴史を簡単に紹介したところで、鍼灸の歴史についても少し紹介させていただきます!

鍼灸治療の歴史は遠く中国にさかのぼります。その発祥は数千年前といわれ、漢方薬とともに東洋医学の中心となってきました。

はじめは石で出来た針が用いられ、金属文明の発達とともに鉄針が使われるようになり、その後、診断及び治療の技術も体系化されていき、これらを集大成した最古の医書「黄帝内経」はすでに紀元前に書かれています。

6世紀頃、仏教とともに中国から渡来した鍼灸術は、奈良時代、既に日本最古の「医疾令」に鍼師、鍼博士、鍼生等の制度として、記録に残っています。

その後、江戸時代から明治初年にかけ、日本医学の主流は漢方薬治療と鍼灸治療が重要な位置にありました。

明治以降になって、西洋医学を取り入れた医療制度に変わり、この時以来西洋医学を洋方、日本の伝統医学医学を漢方と呼ぶようになりました。

1970年代初め、中国の鍼麻酔が注目され、鍼の臨床効果が認められるに従い、「はりがなぜ効くのか?」ということが科学的に研究解明されるようになりました。この経験的に確立された医療技術に対して、西洋医学からも積極的にアプローチされてきています。

いまや、鍼治療は、中国や日本のみならず、欧米をはじめとする世界各国で盛んに行われています。

日本の鍼は、中国の鍼と異なり非常に細い鍼を用いています。太い鍼の方が効果があるとされていますが、その代わり痛みが強いのが特徴です。痛みに敏感な日本ではあまり普及せず、杉山和一という人物が考案した管鍼法という、細い鍼と管を組み合わせた鍼治療が一般化して現在に至っています。

 

meilongでは患者様に合わせた施術を行っていますので、鍼が少し怖いなと思う方でも安心して受けられるよう、メニューが豊富です!

(患者様に合わせて鍼の太さや刺激量を調節しながら施術します。)

担当者がその方に合ったメニューをご提案致しますのでお気軽にご相談くださいませ。

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

 

投稿者: Meilong