staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.08.13更新

こんにちは、石鍋です!

今回はピーマンの栄養についてお伝えしていきます。

 

加熱をしても栄養が壊れない

ピーマンは野菜の中では加熱することで栄養価が変わる野菜なのです。ビタミン群の中でも水溶性ビタミンCがあるピーマンは加熱をしたら栄養が消えると思われがちですが実はピーマンには加熱からビタミンCを守るビタミンがいます。それがビタミンPです。このビタミンPこそビタミンCの吸収を助け、毛細血管を丈夫にして血管、血液を綺麗にする効果があります。その為に加熱に弱いビタミンCもしっかりとることができます。

 

栄養がある中で一番いいのは実は白ワタ?

意外と捨てがちなピーマンの種と白ワタの部分って苦みしかないと思いがちです。白ワタは食べると苦みがありますが、人体への影響はほぼなく美容効果があると言われています。種にはカプサイシンやヒラジン、カルシウムが果肉より多くあると言われています。しかし苦みがきつく、量も少ないです。実際白ワタにある栄養素は果肉ピーマン1個と同じ量なので無理して食べる必要はありません。果肉1個しっかりとれば大丈夫なのです。

 

栄養が必要な人はこんな人がおすすめ

ピーマンがいかに優れた栄養価を持ち優れた効果、効能を持っているかと分かったところでピーマンをおすすめする人は、

・夏場に夏バテでよく倒れる人

・冷え性がきつい人、肌荒れがきつい人

・ドロドロ血液だと言われている人

には特におすすめです。

また予防として摂取することはとても大事なのでぜひ上記点が気になる人は予防対策としてピーマンを摂ってみてください!

ピーマン

鍼灸をおこなうことでも冷え症や血液循環を改善することが期待できます!

鍼灸治療では体の末梢循環を改善させ、運動や食事をそれにうまく組み合わせていくことで血流を改善しながら、お身体の機能全体を調整していきます。また、お腹や背中、足首などをお灸であたため、お身体を芯からホカホカにもします。施術を続けていけば、血の巡りが良くなり、冷え症そのものを改善していくことも可能です。

冷え症からくる、さまざまな症状でお悩みの方には、鍼灸でのメンテナンスをおすすめします!

 

外から鍼灸で内からピーマンでアプローチし、体質を改善してみてはいかがでしょうか?

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.08.03更新

こんにちは、石鍋です!

今回はピーマンのオススメな組み合わせについてお伝えします。

 

栄養を壊さないおすすめな野菜の組み合わせ

どんな野菜と組み合わせると良いのかは望む作用によって異なります。

・美肌作用:シイタケ、ナス

・血行作用:蒼紫蘇、ネギ、唐辛子、カブ

・肥満予防:玄米、山芋、ホタテ、アサリ

・貧血対策:ほうれん草、牛肉、かつお

・ストレス対策:さつまいも、玉ねぎ

ピーマンの持つ栄養によって生み出される作用に合わせて組み合わせると良いです。

 

栄養を壊さずに美味しく食べよう

ピーマンは夏野菜の代表であると同時に、野菜の中では一つから沢山の栄養をとることができると言われている優れものです。ピーマンの苦み成分が出ない方法も今メディアを始め色々と出ています。実際食べた人によってはその苦み成分を感じなかった人も多くいます。ピーマンは工夫すれば食べやすくなるのです。

また長年謎であった子どものピーマン嫌いの理由も少しずつですが解明されつつあります。その理由が少し分ればピーマン料理の工夫が出来ますね。ピーマンの栄養の高さはまさしく野菜の中で優れていいものなので、ピーマンの栄養を摂取して自身の身体への健康増進、病気の予防の対策をしていきましょう。

ピーマン

鍼灸でお身体をメンテナンスすることでも健康増進の効果が期待できます!

鍼灸でお身体に刺激を与えることにより、様々な症状の改善が期待できます。

鍼灸は、人本来のもつ自然治癒力を引き出しながら病気を治す一方で、体質を改善する効果も優れています。

鍼灸は、主に効果がある肩こりや腰痛などに加え、食欲不振・冷え性・精神的ストレスなどに関係する自律神経の調整作用にも効果があります。

最近の研究では、免疫力の向上・認知症の予防・動脈硬化の改善なども報告されています。

 

ピーマンを食べて、鍼灸でお身体メンテナンスして健康ライフを送りましょう。

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

 

銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.08.01更新

こんにちは、石鍋です!

先月に引き続き、今月もピーマンの良さについてお伝えしていきます。

今回は保存の期間+美肌効果についてです(^^)

 

保存できる期間

・期間の目安:1週間程度

新鮮であれば1週間程度は持ちますが、少しシワシワになっても構わなければ、3週間程度まで保存が可能です。ただし、ピーマンは傷みが他のものに移りやすいので、傷んだものは早めに取り除いておきましょう。

カットしたものはラップにくるんだり、袋やタッパーに入れて2日以内で食べきるようにしましょう。

 

干して保存

ピーマンは干して保存する方法もあります。干すことで水分が抜け、うまみが凝縮されます。

①ピーマンを半分にカットして種とワタを取り除く

②カットしたピーマンの断面を上にして天日で2日間干す

③干し終わったピーマンを保存袋やビンなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保存

 

干して保存できる期間

・保存期間:約1ヶ月

干すことで1ヵ月ほど持たせることができます。使うときは、干しシイタケを戻すときの要領と同じく、水で戻してから煮物や炒め物に使うといいでしょう。

 

冷凍保存には向いていない

ピーマンは冷凍すると食感や味を損ねてしまうので冷凍保存には向いていません。

ただし、どうしてもという場合には、千切り、乱切り、みじん切りなど用途に合わせてカットしてから、ゆでたり炒めたりして、それをしっかり冷ましてから冷凍用保存袋に入れて保存します。

ピーマン

ピーマンの栄養効果 その⑤:アンチエイジング

ピーマンの2大栄養素の一つであるビタミンCは女性の悩みであるお肌へのアンチエイジング効果があると言われています。レモンの2倍は確実に取ることが出来るピーマンのビタミンCは加熱に強いビタミン群があるお蔭で加熱でも壊れることもなく炒めて摂取することが出来る貴重な野菜です。輪切りにしてサラダで食べるのもいいですが、やはり他の栄養価と一緒に取ることで美肌を守りアンチエイジング効果も生み出します。

 

美容鍼灸を行うことでもアンチエイジング効果が期待できます!

美容鍼灸は化粧品やエステのように肌の表面からアプローチするのではなく、組織や細胞、血管や神経を刺激して体の内側から働きかけます。

また、全身鍼灸施術を行うことにより、お顔まわりの不調だけではなく胃や腸の改善・肩コリ・足のむくみなど、体全体のバランスを調整しながら、肌本来が持つ回復機能を活性化させ、アンチエイジングへと導きます。

 

美容鍼灸とピーマンのW効果でアンチエイジングへと導いてみてはいかがでしょうか?

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

 

銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong