staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.06.22更新

こんにちは、石鍋です!

ヨーグルト紹介ブログ最終回です。

 

ヨーグルトでダイエット

とにかくちょっとずつ色んなものを置き換えてみましょう!

おやつのお菓子を換えれば余分な糖を減らせるうえに、栄養価はUP。マヨネーズを使うときにヨーグルトを半分混ぜると、カロリーと油を大幅カットできます。

一食まるっと置き換えなんてしなくても、これだけで充分効果的です!

 

温めた方が効果あり?

温めると、身体を冷やさずにカルシウムの吸収率も高まります。ただし、高温だと乳酸菌が死んでしまうので、40℃前後を目安に温めてください。死菌でも腸内の掃除役としては役立ちますが、便秘改善の効果は期待できなくなってしまいます。

 

飲むタイプと食べるタイプの違い?

飲むヨーグルトは、固形タイプのものより脂質が少なめです。その分、たんぱく質の割合が増え、疲労回復に効果的な栄養バランスになります。

運動後やハードな仕事のあとに飲めば身体の修理作用が早まり、疲れが和らぎます。

 

ヨーグルトダイエットが不向きな人も…

ヨーグルトは体に嬉しい効果がたくさんありますが、ヨーグルトを用いたダイエットが不向きの人もいます。

・風邪でもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状がある

・花粉症

・アトピーや蕁麻疹が出やすい。皮膚をかくと、赤みがでる など

こういった、外的刺激や環境の変化に過敏に反応するアレルギータイプの人はヨーグルトダイエットにはあまり向きません。乳酸菌の中には、花粉症やアトピー性皮膚炎に効果的なものもありますが、消化機能が低下している過敏な胃腸は、タンパク質を多く含むヨーグルトを毎日積極的に食べるのはおすすめしません。

タンパク質を分解するための酵素が不足してしまうと、消化しきれない成分がそのまま体内に運ばれて遺物反応を起こす可能性もあるのです。

さらに、

・抜け毛が多い

・寒がりで、衣服を着込みがち。特に手足は1年中冷たい。汗もほとんどかかない。

・お腹をこわしやすく、下痢や軟便が多い、など…

これらエネルギーが足りず、寒さに弱い慢性的な冷え性をかかえた人も、積極的にヨーグルトを食べることはあまりおすすめしません。

タンパク質を多く含む食品というのは、消化して吸収する際に、少なからず胃に負担をかけてしまいます。胃腸が冷えて弱っている人は、ホットヨーグルトにするか、時々摂る程度にとどめるのが良いでしょう。

ヨーグルト

上記でお伝えしましたエネルギー不足の方には鍼灸が効果的です!

鍼灸で身体の内側に働きかけエネルギーを補い、流れを良くすることで身体の様々な症状を改善していくことが期待できます。

 

鍼灸でお身体のエネルギーを補い、プラスでヨーグルトを食べて良い効果を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.06.15更新

こんにちは、石鍋です!

今回はヨーグルトの食べる目安、選び方、威力についてお伝えしていきます。

 

ヨーグルトの適量

食べるヨーグルトの量は120gを目安にしてみてください。また、脂肪分の高いものや加糖タイプはなるべく避け、無脂肪や低脂肪のヨーグルトを選ぶのが良いです。

ヨーグルトの種類によってカロリーは異なりますが、無糖のプレーンタイプ120gなら、75kcal~80kcal程度です。

甘味がほしい場合は、はちみつを少量加えて食べてみてください!

 

自分に合ったヨーグルトの選び方

ヨーグルトを選ぶときはなるべく無脂肪や低脂肪のもので、糖分が添加されていないもの、さらに乳酸菌の種類が書いてあるものを選ぶと◎!

ほとんどの市販のヨーグルトのパッケージには、使われている乳酸菌の種類が明記されています。

どの乳酸菌が合っているか、効果が感じられるかは、ご自身で取り入れてみないとわかりません。そのため、一つの種類を最低2週間は続け、自分に合ったヨーグルトをぜひ見つけてみてください。

 

美肌効果をもたらすヨーグルトの威力

肌を美しく健康的にキープするためにも腸内環境を整え、乳酸菌を含むヨーグルトなどの食品の摂取はとても重要です。腸内細菌のバランスがベストな状態に保たれていると、肌のアンチエイジング効果も期待できます。腸が正常に働くことで免疫力も高まり、全身の代謝もアップし、便通も良くなり、肌の復活につながります。

ヨーグルトに含まれているビタミンAやビタミンB類などのビタミンは、皮膚や粘膜の健康維持をサポートします。さらにヨーグルトにできる上澄み、乳清(ホエイ)には美肌づくりをサポートするラクトフェリンや抗酸化作用が期待できるグルタチオンなどのたんぱく質のほか、カルシウムやミネラルがたっぷり含まれていて、これも残さず食べることで肌への直接の効果も期待できます。

整腸作用のある乳酸菌と、肌トラブルに働きかけるビタミンによるダブルの効果で美肌に導くヨーグルト。美容面の観点からも、食生活のなかに上手く取り入れたい食品のひとつです。

ヨーグルト

美容鍼灸を行うことでも美肌効果が期待できます!

 

美容鍼灸は化粧品やエステのように肌の表面からアプローチするのではなく、組織や細胞、血管や神経を刺激して体の内側から働きかけます。

また、全身鍼灸施術を行うことにより、お顔まわりの不調だけではなく胃や腸の改善・肩コリ・足のむくみなど、体全体のバランスを調整しながら、肌本来が持つ回復機能を活性化させ、アンチエイジングへと導きます。


美容鍼灸とヨーグルトのW効果で美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

 

銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.06.13更新

こんにちは、石鍋です!

今回はヨーグルトの基本をお伝えしていきます。

 

他の乳製品と比べてヨーグルトの良いところ

栄養価が高く、低カロリー!

牛乳を発酵させて作るヨーグルトは、栄養素が凝縮されていてたんぱく質やカルシウムが豊富です。同じく発酵しているチーズより脂質が少なく、元になる牛乳より消化がいいんです。夜食にも食べられる優しさが、他にはない魅力です。

ちなみに、ヨーグルトの基本になっている乳酸菌はブルガリア菌とサーモフィラス菌。

組み合わさることで、より乳酸菌としての効果がUPするのがこの2つ。これらをベースに、各メーカーがいろいろな菌を加えています。

 

ヨーグルトはいつ食べるのが効果的?

特に夜がオススメ。体が修復モードに入る夜に取り入れた方が、便通や美肌など期待されている効果が実感しやすくなります。

就寝中は外部からの邪魔が少ないので、ヨーグルトの栄養素が確実に体に入っていきます。効果を実感しやすいので、自分に合う乳酸菌を見つける作業にも◎。

朝食べると、外的刺激に対応する予防の力が発揮されます。日中のストレスに負けない腸の土台を作り、有害菌の感染力を抑えます。また、朝食代わりのタンパク源になり体内時計が目覚めるため、日中のエネルギー消費量が上がる効果もあります!

 

ヨーグルトと一緒に食べると効果的な食品

基本的にNGな食べ合わせはなく、中でも鉄板のフルーツは何を入れても合います!

今回は+αな効果が期待できる4つをピックアップ!

【冷え性を改善☆しょうが】

しょうがは体を温めてくれる作用があるので、冷蔵保存のヨーグルトでも体を冷やす心配がなくなります。すりおろしがオススメですが、苦手な人は市販のしょうがシロップやチューブでもOKです!

 

【アンチエイジング効果☆ココア】

鉄分や抗酸化力が高いポリフェノールなどを豊富に含むココアを混ぜれば、アンチエイジング効果が期待できます。無糖ココア+微糖ヨーグルトが、ヘルシーさも食べやすさも◎!

 

【乳酸菌の効果がUP☆はちみつ】

はちみつに入っているオリゴ糖は、乳酸菌と同様に腸にいる善玉菌のエサになる働きがあります。相乗効果で腸内環境が整うため、ヨーグルトの栄養素がより吸収しやすくなります!

 

【お通じがよくなる☆チアシード】

チアシードに含まれる水溶性食物繊維でより便秘解消に効果があります。感想したまま入れて、ヨーグルトに含まれる水分だけで膨らませた方が、栄養素をフル活用できて効果的です!

 

その他にも食物繊維が豊富なバナナ、キウイ、たまねぎがオススメ!

特にバナナとヨーグルトの組み合わせは免疫活性作用が期待できますので花粉症予防やインフルエンザ予防に効果的です。意外な組み合わせのたまねぎはヨーグルトに入れて塩コショウを少しかけて、シーザードレッシングの様なイメージでドレッシングとして使用するのがオススメです!

ヨーグルト

鍼灸を行うことでも上記でお伝えしたヨーグルトの効果と同じく、免疫力を高めたり、冷え性改善、便秘改善とたくさん良い効果があります。

 

鍼灸を行うと、緊張が解けて身体がポカポカしますが、これは副交感神経が優位に働き、全身の血行が良くなるためです。血流の悪い状態を改善することで、冷え性をはじめ身体の様々な病気の症状が改善することにつながります。

人間の身体は内蔵も含め、一つ一つの小さな細胞から成り立っています。

その細胞の血行の促進により細胞一つ一つに栄養がいき、その細胞が若々しく生まれ変わるため、免疫力を高めるだけでなく、アンチエイジングの効果にもつながります!

 

鍼灸でお身体メンテナンスし、プラスでヨーグルトを食べて良い効果を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

2020.06.09更新

こんにちは、石鍋です!

先月に引き続き、今月もヨーグルトの良さについてお伝えしていきます。

 

なぜヨーグルトがいいのか

数ある発酵食品の中でも特に愛され、数多くの種類が市販されているヨーグルト。

20世紀初頭にブルガリアのある地方で長寿者が多いのはヨーグルトと関係があるという説が唱えられたことは有名です。

一時、乳酸菌は腸に到達する前に胃で死滅してしまうから意味がないといわれたこともありましたが、現在では生きたまま腸に届かなくても腸内の善玉菌を増やし、さまざまな効果・効能をもたらすことがわかっています。

 

ヨーグルト特有の魅力

・乳酸菌の種類が豊富

さまざまな種類が市販されているヨーグルト。この菌株には特にこの効果が高いといった研究結果も多く、求める効果によって好みのものを選ぶことができます。

また、乳酸菌の摂取については自分の腸に生息している腸内細菌との相性が大切とされていますが、種類が豊富ということはそれだけお腹に合う菌が見つけやすいということも嬉しい点ですね。

 

・バランスのよい栄養素

ヨーグルトの魅力は乳酸菌だけではありません。牛乳を原料としたヨーグルトには、タンパク質やビタミン、カルシウムなども豊富。身体に必要な栄養素をバランスよく摂ることができるのです。

塩分が含まれていないため、食事の塩分量を増やしたくない方にもおすすめです。

 

・手軽さ、継続しやすい

ヨーグルトの大きな魅力のひとつは、継続のしやすさです。塩分を含まないため食事の内容に関係なくプラスすることができ、毎日朝食後に・ランチの時になど習慣として組み込みやすいのが特徴です。同じように腸内の善玉菌を増やすとされるオリゴ糖と相性が良いため、ヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせで効果をアップさせることも可能。

摂取量(目安)が1日200gと、手軽に続けやすい量なのもうれしいところです。

ヨーグルト

鍼灸を行うことでも腸内循環を整えることが期待できます。

鍼灸で定期的にメンテナンスを行い腸内循環を整え、ヨーグルトを食べて腸内環境を整え、身体の内からも外からも同時に調子を整えてみてはいかがでしょうか?

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:08074605858

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong