staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.05.26更新

こんにちは、石鍋です!

今回はヨーグルトを食べることによる効果、効能をお伝えします。


ヨーグルトの効果・効能
ヨーグルトは菌株によって効果の強さなどは異なりますので、ヨーグルトを選ぶときはパッケージなどをよく見て選ぶと良いと思います。


・便通改善
ビフィズス菌・乳酸菌の多くの菌株で認められているのが便通改善効果です。腸内の善玉菌が増えることでぜん動運動が活発になり、便秘の改善につながります。
腸内細菌のバランスが保たれ、腸の環境が整います。腸が正常に動いて水分を溜めなくなるため、便秘だけではなく下痢まで改善する効果があり、不規則なお通じにも効きます。

 

・肌荒れ改善
便秘が解消することで、ニキビや吹き出物などの肌荒れの改善につながることが期待されています。
健康な肌を作るたんぱく質、肌のターンオーバーを促すビタミンB2、そして腸内環境を整える乳酸菌。また、乳酸菌やビフィズス菌には、皮膚に適度な潤いを保つ効果もあるそうです。肌を強く保つ要素がバランスよく含まれています。さらに腸内がキレイになるため、栄養の吸収率がよくなり、美肌効果につながります。

 

・血糖値の上昇抑制
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、血糖値の上昇を抑える効果があります。食前・食中に摂ることで特に効果が表れやすいようです。

 

・免疫力向上
前回、前々回のブログでもお伝えしましたが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が免疫システムを高め、がんや感染症などの予防につながります。また、ヨーグルトの上澄みに含まれるラクトフェリンにも免疫力を高める働きがあり、ノロウイルスやインフルエンザウイルスなどによる感染症の予防効果が期待できると言われています。

 

・プリン体の吸収抑制
ヨーグルトの乳酸菌の中には、プリン体を体内に吸収されにくい形に分解し、吸収を抑制する効果をもつものが存在します。プリン体は多く摂りすぎると痛風の原因となるといわれており、その予防効果が期待できそうです。

 

・血中コレステロールの上昇抑制
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、血中の悪玉コレステロール値を下げる、善玉コレステロールとのバランスをとるなどのはたらきがあるとされています。脂質異常症の予防・改善が期待できそうです。

 

・潰瘍性大腸炎の予防
原因不明とされている潰瘍性大腸炎ですが、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は大腸内で炎症を起こす悪玉菌の数を大幅に減らすといわれており、潰瘍性大腸炎や潰瘍性大腸炎の患者さんがなりやすいとされる大腸がんの予防や改善効果が期待できそうです。

 

・ピロリ菌を減らす
乳酸菌の中には、胃がんの原因となるピロリ菌の数を減らす効果があるものがいるそうです。また、乳酸菌の中には胃の粘膜を胃酸から守る効果のあるものも。このような乳酸菌を含むヨーグルトは日ごろの胃痛対策としても効果が期待できるようです。

 

・リラックス、ストレス緩和
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には脳にかかるストレスを軽減する効果があることが明らかになっています。乳酸菌発酵乳の摂取によって唾液中のストレスホルモンの増加が抑制されることも証明されているそうです。
体の外的刺激への耐性が上がることで、ストレス軽減にも効果的です。

 

・内臓脂肪の蓄積抑制
ヨーグルトに使われる乳酸菌の中には、内臓脂肪の蓄積を抑える効果をもつものが存在します。また、ビフィズス菌には、肥満の一因となる細菌を増やさない効果もあるとされています。

 

・アレルギー症状の抑制・緩和
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、免疫システムを調節し、アレルギー症状を抑制・緩和する効果があるとされています。
腸内の悪い菌を抑制する善玉菌のエサになるのが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌です。善玉菌の活動を活発にして、外から入ってきた病原菌を退治する力を増加させます。花粉症やアトピーなどのアレルギー症状は、免疫力が下がり、外部刺激に対して体が敏感に反応する状態のこと。ヨーグルトは基本の免疫力を上げるだけでなく、起きてしまった過剰な反応を落ち着かせる=症状を緩和させる効果まで期待することができます。
 

・歯周病・虫歯・口臭の予防・改善
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、歯周病を予防したり虫歯を防いだりする効果があることが認められています。また、歯周病に伴う口臭も改善されることが期待できます。

 

・高血圧の予防
ある種の乳酸菌が作るLTPという成分には血圧を下げる効果・血管年齢を若返らせる効果があるそうです。さらに同じく乳酸菌が作るGABAという成分にも、高血圧を予防する効果があります。また、ヨーグルトに含まれるカリウムにも高血圧を予防する効果があるといわれています。

ヨーグルト1

前回もお伝えしましたが大事なのでもう一度お伝えします!
鍼灸は腸内循環を整えて免疫細胞を増やし、免疫力を高めることが期待できます。
免疫力は睡眠や食事の生活習慣を整えることは当然のことですが、自律神経 、消化器の環境、この2つが非常に重要になってきます。消化器は自律神経の作用を大きく受けやすく、特に副交感神経活動の亢進により消化器の運動は活動します。自律神経が整う事=免疫細胞のバランス活性になります。

鍼灸→副交感神経の活性化→リンパ球増加→交感神経緊張だった身体の自律神経正常化を促す結果、鍼灸を行うことで免疫アップにつながります!

 

免疫力を高めて悪い事はありませんので鍼灸にて免疫力を高めたい、免疫力をあげて風邪を引かない強い身体を作りたい方は鍼灸で定期的にメンテナンスを行い、プラスで効果がたくさんあるヨーグルトを食べて高めてみてはいかがでしょうか?

 

今月だけではヨーグルトの良さを伝えきれなかったので、来月も引き続き、お伝えしていきます!

 

 

WEB予約

恵比寿院
tel:0364128890


銀座院
tel:08074605858


恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram

投稿者: Meilong

2020.05.23更新

こんばんは、石鍋です!

今回は免疫を高めるヨーグルトパワーについて簡単に説明していきます。


免疫力を高めるカギは食!
人の免疫の働きに関係するさまざまなカラダの器官の中で、最大の免疫器官が腸管です。実際、免疫の機能を支配するリンパ球の約60%以上が腸管に集中しており、抗体全体の60%は腸管でつくられています。
この腸管をいかに丈夫に保ち、ベストな腸内環境を保つ食生活を心掛けるかが、つまり免疫力アップにつながっていくのです!
免疫の働きは、低下すると感染症やがんにかかりやすく、また免疫の働きが異常になると自分自身を攻撃し、アレルギーや自己免疫疾患といったやっかいな病気になってしまうこともあります。
免疫力を高めるためには、その働きを正常に働かせ、かつ理想的にパワーを発揮できるような食生活を取り入れていくことが必要なのです。

 

20歳前後がもっとも免疫力が高く、加齢とともに低下?
年齢を重ねるごとに免疫系の働きは低下します。また年齢に関係なく過度のストレスや環境物質のなかにも、免疫力に影響するものがあります。
免疫力を高めること。すなわち、抗体やナチュラルキラー細胞、貪食細胞などの免疫細胞の働きを高めることが求められます。
まず免疫の基礎体力となるのが、たんぱく質です。「クスリよりも一杯のミルク」。つまり、カラダの基礎体力で細胞の力を甦らせるためには、クスリよりもミルク中のたんぱく質がまず必要ということです。
ビタミンの中ではE・C・Aが十分でないと免疫力を正常に保つことはできません。ビタミンEを十分量摂取することによって高齢者の免疫の働きは向上します。
また亜鉛やセレンなどのミネラルも摂ることで免疫力は回復します。さらに、免疫の働きを高めバランスを正常化するのに乳酸菌があります。

 

アレルギーも食から予防しよう!
国民病ともいわれる花粉症などのアレルギーは、遺伝的な要因プラス環境的な要因によって、免疫の働きのバランスがくずれた状態をいいます。このアレルギー状態を、食べ物で正常に戻してやろうという試みがさかんに行われています。
たとえば、ヨーグルト!!
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、私たちの身体をアレルギー反応が起こりにくい状態にすると考えられています。何事も予防する試みが肝心です。今日からでも毎日のヨーグルト習慣をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

腸内環境を整えるヨーグルトパワー!
免疫系の重要な器官である腸のなかには、数百種類・100兆個もの菌がいるといわれています。
これら腸内細菌は、種類ごとに集まってグループをつくる性質を持っており腸内フローラなどと呼ばれます。
この腸内フローラには、乳酸菌など人の健康のために有益に働く善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌など有害物質をつくりだす悪玉菌とがあり、常に腸内で戦い合っています。
健康維持のためには、腸内の細菌バランスを善玉菌優勢に保つことがとても大切なのです。
善玉菌の代表は、ビフィズス菌やラクトバチルス菌など。腸内の調子を整えるお手伝いをしてくれます。
ヨーグルトにもこの善玉菌がたくさん含まれています。
栄養価としては牛乳とほぼ同じですが、発酵の作用によってヨーグルト独特の爽やかな風味が生まれるのが特徴です。
さらに、ブルガリア菌などの乳酸菌の働きによって、乳糖がすでに分解されているため、消化吸収率がとても高く、乳糖不耐症の人が食べてもお腹がゴロゴロしないといった利点もあります。
また、肌荒れの予防などの美肌効果もあり、女性にとってうれしい効果がたくさんあります。

ヨーグルト

鍼灸も腸内循環を整えて免疫細胞を増やすことが期待できます。
鍼灸を行うことにより血流が促進し、全身に血液がめぐるため、全身の血流を改善する効果があります。
さらに、お腹の筋肉の緊張を緩めることで、さらに腸への血流量をサポートすることができます。
その結果、腸内の免疫細胞であるリンパ球に良い影響が及び、免疫アップにつながります。

 

鍼灸でお身体メンテナンスし、プラスでヨーグルトを食べて免疫をあげてみてはいかがでしょうか?

 

次回はヨーグルトの健康・美容効果について紹介していきます。

 


WEB予約

恵比寿院
tel:0364128890

 

銀座院
tel:08074605858

 

恵比寿mana院
tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram 

投稿者: Meilong

2020.05.11更新

こんばんは、石鍋です!

今月は免疫力を高めてくれるヨーグルトについて紹介していきます。

 

先ず、今回は免疫(と鍼灸)についてお伝えしていきますね!

 

免疫とは?

冬には風邪やインフルエンザが流行しますが、このように同じような状況に置かれても風邪やインフルエンザにかかっている人と、かからないですむ人がいます。

なぜかというと体の中の免疫機構に関わりがあるからです。

寒さにさらされたり、感染力のある細菌やウイルスを持っている人に接触したりしていても、免疫力が高い人は風邪を撃退してしまえるのですから驚きです。

体の中の最大の防御システム「免疫」は、外から入ってきた細菌やウイルスなど体にとって悪さを働く外敵を駆除したり、対抗したりして体の健康状態を保つシステムです。私たちの体の中で免疫システムが働くことで、常に病原体などの外敵から体を守ってくれているのです。

 

免疫のメカニズム

免疫が体の中でどのように機能しているのかについて簡単にご説明します。

免疫は、自然免疫と獲得免疫に分けられます。自然免疫は、免疫システムの最前線。体に侵入してきたウイルスなどに感染した細胞を真っ先に攻撃するNK細胞や、貪食細胞、抗原提示細胞などからなります。更に、特定の細菌やウイルスを攻撃する抗体を作り出すB細胞やその働きを制御するT細胞といった、獲得免疫が活躍します。

ですが、私たちの体は栄養バランスが崩れた偏った食生活や、加齢、ストレスなどにさらされたりすると免疫力が低下してしまいます。

その結果、風邪などの感染症にかかりやすい状況に陥ってしまうのです。また一般的に小さなお子さんとお年寄りの方は免疫力が低い傾向があります。

免疫

免疫力を高めるには食事も大切ですが、鍼灸で身体のメンテナンスを行うことでも免疫力を高められます。

鍼灸を行うことで生体防御機能が高まり、身体全体の免疫機能を活性化させる働きをすると考えられているからです。

また、血行促進作用、生体機能調整作用によりがんや感染症にかかりにくい体質づくりにも役立つと考えられています。

 

まだまだコロナが流行っていますので、鍼灸で身体のメンテナンスをして、免疫力を高めてウイルスに負けない身体つくりをしていきましょう!

 

 

 

WEB予約

 

恵比寿院
tel:0364128890


銀座院
tel:08074605858

 

恵比寿mana院
tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram

投稿者: Meilong