staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.02.24更新

こんにちは、石鍋です。
今回もはっさくについて紹介していきます。

 

はっさくの食べ過ぎは注意が必要

・下痢の原因に

はっさくに豊富に含まれるビタミンCの過剰摂取は、下痢につながることがあります。一食で1000mg以上摂取してしまうと、消化しきれずに体内に残ってしまいます。残ったビタミンCが胃腸を刺激して、一過性の下痢や吐き気を引き起こすので注意してください。

 

・糖質過多で太る原因に

はっさくは甘みがあるので、カロリーと糖質が気になるところです。はっさくのカロリーは100gあたり45kcalなので、低カロリーなフルーツです。ですが、糖質量は100gあたり11.5gと、やや高い水準です。

いよかんの糖質量は100gあたり10.7gで、桃は100gあたり8.9gなので、他のフルーツと比較しても少し高めです。はっさくを食べ過ぎると、糖質過多で太る原因になりますので注文しましょう。


・カリウムの取り過ぎに注意

正常な腎臓であれば、カリウムの濃度を調節することができます。腎不全などで腎臓の機能が低下している場合は、カリウムがうまく排出されず蓄積されます。血液中のカリウム値が高くなりすぎると、手指がしびれたり、ひどい場合には不整脈を起こし危険な状態になります。腎機能が低下している人は、カリウムの過剰摂取に注意が必要です。

 

はっさくを適度に食べて効果を得よう!

はっさくは低カロリーで栄養価の高いフルーツです。疲労回復や風邪予防、むくみ改善など健康面でも美容面でも効果が期待できます。しかし、どんなに栄養があっても食べ過ぎは逆効果になります。はっさくは、すっきりした味わいから食べ過ぎてしまいがちになってしまうので、過剰摂取に気をつけてバランスよくとりましょう。

はっさく4

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ
tel:0364128890


銀座院 電話問合せ
tel:0362639545


恵比寿mana院 電話問合せ
tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram

 

鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

 

投稿者: Meilong

2020.02.20更新

こんばんは、石鍋です!

本日もはっさくについて紹介していきます。

 

 

はっさくの主な効果

・免疫力を高める

・疲労回復

・風邪予防

・血液をきれいにする

・肌にハリをもたせる

・便秘改善

・ダイエット効果

・アンチエイジング効果

 

はっさくには美容と健康にいい効果が沢山あります。

はっさくの旬は2~3月で、ちょうど風邪をひきやすい時期でもあります。はっさくには免疫力を高める効果があるので、風邪をひきやすい時期にはもってこいの果物です。

はっさくには他にも美容・健康効果が期待できる栄養素がたくさん含まれています。

 

はっさくに含まれる主な栄養素

身体にいい効果をもたらしてくれる成分が、はっさくの中にはたくさん含まれています。

 

★ナリンギン

はっさくの苦み成分はナリンギンです。はっさくの独特の苦みが健康と美容にいい効果をもたらしてくれます。

 

ナリンギンの働き

・食欲抑制作用

・活性酸素の増加を抑える

・血栓の予防、血管を丈夫にする

・脂肪の分解を促す

・アレルギーの抑制

・ウィルスへの抵抗を高める

・コレステロール値を抑える

 

ナリンギンの効果

・ダイエット

・アンチエイジング

・花粉症対策

・高血圧を抑える

・生活習慣病の予防・改善

 

ナリンギンは果実よりも果皮(薄皮)に多く含まれています。

健康にダイエットにと体にいい効果をもたらしてくれるナリンギンですが、睡眠薬や降圧剤など一部の薬の効果を阻害したり強めたりする作用があるので、薬を服用する際にははっさくを食べないようにするか医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

 

★ビタミンC

はっさくには美肌には欠かせないビタミンCが豊富で、はっさく1個で1日に必要な摂取量(12歳以上100mg/1日)の約70%が摂れるといいます。

 

ビタミンCの働き

・メラニン色素の生成を抑える

・コラーゲンの生成を助ける

・活性酸素を分解する

・過剰な皮脂の分泌を抑える

・肌の炎症を抑える

・毛穴を引き締める

・代謝を促す

・免疫力を高める

・抗ストレスホルモンの生成に使われる

 

ビタミンC の効果

・肌のたるみ予防・改善

・シミ・シワの予防・改善

・ニキビ・ニキビ跡の予防・改善

・肌のキメを整える

・風邪の予防・改善

・ストレスに強くなる

 

メラニン色素の生成が抑えられることでシミやニキビ跡を出来にくくし、コラーゲンの生成を助けて肌のハリや弾力、シワの改善も期待できます。またターンオーバーを整えてくれるので、肌の様々な悩みに効果を発揮します。

ビタミンCははっさくだけでなくさまざまな食材に含まれていますが、効率よく摂取するには果物がおすすめです。

ビタミンCは空気に触れたり水にさらすだけでも失われてしまいます。また茹でる・焼く・蒸すなど手を加えることでさらに失われてしまいます。

調理の仕方にもよりますが、調理した後の食材にはビタミンCがほとんど残っていないのです。なので、手を加えずにそのまま食べられるはっさくなどの果物はビタミンC摂取には適しているのです。

 

★クエン酸

クエン酸といえば疲労回復効果がもっとも有名ですが、他にもクエン酸には体にいい効果があります。

 

クエン酸の働き

・胃の動きを活発にする

・乳酸の生成を抑える

・肝臓での脂肪の代謝を高める

・体内の老廃物を分解・排出

・血流改善

・尿酸値を減少させる

 

クエン酸の効果

・食欲増進

・疲労回復

・ダイエット

・成人病の予防

・痛風予防

 

スポーツをするときにクエン酸入りのスポーツドリンクを飲むのは、クエン酸には疲労や肥満の原因となる乳酸や脂肪の分解・燃焼をする作用があるからです。

他にもビタミンやミネラル、糖質などと一緒に摂取することでそれらの吸収率を上げる効果もあります。

 

★オーラブテン

オーラブテンははっさくの皮に含まれる香り成分で、果実には含まれていません。

 

オーラブテンの働き

・活性酸素の増加を抑える

・免疫力を高める

・中性脂肪を分解

・食欲を抑える

・発がん抑制作用

・コレステロール値の改善

 

オーラブテンの効果

・ダイエット

・風邪の予防・改善

・アンチエイジング

・がんの予防

 

オーラブテンは強い発がん抑制効果があります。そんなオーラブテンが含まれている皮を捨てるのはもったいないので、はっさくの皮を使ってマーマレードやピールを作って食べると良いでしょう。

はっさく3

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:0362639545

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram

 


鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

投稿者: Meilong

2020.02.13更新

こんにちは、石鍋です。

前回に引き続き、今回もはっさくについて紹介します。

 

はっさくの特徴

①外皮・薄皮が厚くて剥きにくい

とにかく皮が分厚くて、剥くのに苦労するのが最大の特徴です。外皮も厚いですが、果肉を覆う薄皮も厚いので、外皮だけでなく内部の薄皮も剥かないと食べられません。実ははっさくの全国的な生産量は減少傾向にあります。その原因の1つが、外皮や薄皮の厚さによる剥きにくさと食べにくさにあると言われているほどです。

 

②歯ごたえがあり甘酸っぱい

果汁が少なく、つぶつぶの果肉には適度な歯ごたえがあります。そのためサラダの食材に使われることもあります。果肉の色は淡黄色なので、野菜の緑色にもよく映え、独特の甘酸っぱい味もよいアクセントになります。

 

③甘味と苦味も混じった独特な味

酸っぱいだけでなく、甘味と苦味もあります。控えめな甘い味と爽やかな酸っぱい味、そしてほろ苦さの絶妙なバランスが、はっさくが古くから好まれてきた理由と言えるでしょう。最近は甘くて柔らかくて、果汁もたっぷりな果実がもてはやされる風潮がありますが、一方ではっさくの独特な風味も見直されています。

甘酸っぱい味やほろ苦さ、香りを活かしてジャムやスイーツなどの加工品によく利用され、甘酸っぱい味と苦さに、砂糖やシロップの強い甘さがよく合って美味しいです。

 

④香りがよい

柑橘類のはっさくは、とても香りがよいです。皮をお風呂のお湯に浮かべると、爽やかな香りを楽しめます。柑橘類の香りにはリラックス効果もあるのでぜひ試してみてください。ただし、肌の弱い方や試してみて合わないと感じた方は、使用を控えてくださいね。

 

次回ははっさくの効果について紹介していきます。

はっさく2

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:0362639545

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院Instagram

銀座院Instagram

 


鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

 

 

 

投稿者: Meilong

2020.02.11更新

こんばんは、石鍋です。

今月ははっさくについて紹介していきたいと思います。

 

はっさく(八朔)は日本が原産のみかんです。江戸時代末期に広島県因島市田熊町の浄土寺で原木が発見されたそうで、皆さんも一度は見たことや食べたことがあるのではないでしょうか。

八朔とは、旧暦の8月1日の事で、昔は毎年その時期から食べられるようになることからこの名が付いたとされています。

 

はっさくの主な産地

はっさくの主な産地は西日本各地で、和歌山県が全国の約60%を占めています。

次に発祥の地、広島県でその後に愛媛県や徳島県などが続きます。

 

はっさくの収穫時期

はっさくの収穫は12月頃から始まります。通常は2月中旬位には収穫を終えますが、完全に木成りで完熟させたものは3月中旬頃が収穫時期となります。

 

はっさくの旬

はっさくは通常収穫後、1~2カ月程貯蔵され、酸味が落ち着いてから出荷されます。八朔とは旧暦の8月1日の事で、昔は毎年その時期から食べられるようになることからこの名が付いたとされていますが、今ではさすがにそんな真夏には食べられません。

最も美味しく食べられる旬は2月から3月です。また完熟ものは3月から4月中旬位までとなります。

 

次回ははっさくの特徴について紹介します。

はっさく1

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:0362639545

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院Instagram

銀座院Instagram

 

 

鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

 

投稿者: Meilong