staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.08.30更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

仕事や家事、育児に忙しい女性の問診をしていて気付くのは、しっかり眠ることに対してネガティブな感情を抱いている方が多いということ。

「やる事がありすぎて眠るのが勿体無い」「まわりに合わせているとどうしても寝不足になってしまう」という声も聴きます。

 nemuri

私たち、日本女性の平均睡眠時間は世界的にとても短く、長いとされるスウェーデンとの差は約1時間半だそうです。ん?一時間半?だけ??

一見、1日24時間のうちの1時間半というと少なく聞こえるかもしれませんが、1週間で10時間半もの差が生まれているということです!

 

ちなみに、男性よりも女性の睡眠時間が短い国は、調査国のなかでなんと日本とメキシコのみ。日本は女性にとってきちんと眠ることが難しい状況にあるようです。

 

しかも女性の睡眠は量だけでなく、女性ホルモンの影響によって質も低下しがちなもの。

たとえば、「生理前になると寝つきが悪くなる」「生理中、昼間眠くて仕方がない」など覚えがありませんか?

 

生理前の体はプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増え、エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌が減ります。このホルモンバランスの変化が眠りの質を低下させてしまうのです。

プロゲステロンには体温を上げる働きがあります。

私たちの体は体温が下がる時に眠くなるものなので、体温が高いままだとなかなか眠りにつけません。

一方、抗ストレスホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が減ると、ストレスに対する抵抗力が落ち、感情的になったりと心が不安定になります。これもまた入眠を妨げる要因になってしまうのです。

 

つらい生理時期は「自分へのごほうび♪」と、きっぱり決めて、仕事のスケジュールなどはなるべくゆるくして自分をいたわりケアする予定を入れてみてはいかがでしょうか。

その為にmeilongも存在しているわけです。是非くつろぎにいらっしゃいませ^^

つづく!

 


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.08.24更新

 


鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

熟睡しやすい寝具について、前回は敷き寝具と掛け布団について。

今回は、枕やパジャマの選び方について説明します。

 suimin


・枕

案外、自分のからだに合った枕を使っていない人は多いのではないでしょうか。

枕が合ってないと、寝返りが妨げられるだけでなく、頭痛や肩こり、いびき、むくみなどの原因にもなるので選び方はとても大事です!

枕を選ぶポイントは、頚椎の自然なS字カーブを保てる高さと形であること、大きさ、かたさ、重さが適切であるということです。

それから、枕と寝具は同じメーカーのセットで揃えることもおすすめで、枕と寝具の相性や寝返りのしやすさを店頭で確認できるという利点があります。

 


・パジャマ

寝ている間に何を着るかによっても、睡眠の質は大きく変わります。

例えば、スウェットやTシャツ、ルームウェアといったパジャマ以外のものを着て寝ると、寝具との間に不必要な摩擦が生じて、寝返りがうちにくくなります。

パジャマの素材として理想的なのは、吸水性や吸湿性が高く、肌触りのいい100%シルクかコットン。シルクは天然繊維のなかでも、人間の肌成分にもっとも近い素材といわれ肌に優しく、コットンは着心地が良く、安心感のある素材ですね。耐久性もあるので洗濯などの取り扱いが楽なところも魅力です。

デザインで気を付けたいのは、半そでに短パンや襟ぐりが大きく開いたもの、フードつきのものは避けたよいと思います。露出度低いパジャマを着ることで首、手首、足首をいつでも冷やさないようにしておきたいのと、フードが首を圧迫して不自然な寝姿勢になるのを防ぐためです。

何を着て寝るのかは明日のコンディションを左右するので、大切な自分への投資と思って

こだわってみてはいかがでしょうか^^

 


次回は熟睡できる寝室の環境について!続きます。

 

 

WEB予約

 


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.08.21更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

ぐっすり眠るために「寝返り」は大切ということを前回説明しました。

今回は、スムーズに寝返りをうてるような、敷き寝具や掛け布団、枕、パジャマの選び方のポイントをご紹介します。ご自身で愛用しているものと比べてみて、疑問を感じるようなら見直すタイミングかもしれませんよ!

 すいみん

・敷き寝具

敷布団やマットレスなどが体に合っていないと、寝返りがうちにくくなります。

例えば、柔らかすぎると背中やお尻が沈んでしまい、首や腰に負担がかかり、ふかふかの布団に身体が埋まってしまうため、寝返りをうちたくても思うようにできないこともあるでしょう。

反対に、硬すぎても眠っている間に身体が痛くなり、不快感から良い眠りは得られません。

敷布団やマットレスは、適度な弾力と硬さがあるもの、寝返りをうてるだけの十分な広さがあるもの、身体の圧を分散してくれるものが理想的です。

 

・掛け布団

軽くて圧迫感がなく、保温機能と湿度調整機能があることが絶対条件で、中身の素材はダウン50%以上がおすすめです。

気を付けたいのは、冬場の掛け布団について。

寒いからといって必要以上に重ねると、布団の重さで寝返りがうちにくくなってしまいます。すると、本来、背中から放出するはずの熱がこもってしまい、寝苦しくなるそうです。

また、掛け布団が身体のラインにフィットしていないと、肩口や足元に余分な隙間ができ、今度は寝返り のたびに冷気を呼び込んで不快感を招くことになるので、ドレープ性も大切なのです。

 

長くなったので次回に「枕」と「パジャマ」の選び方について!

引っ張ります(笑)つづく!

 


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.08.07更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

今回は熟睡しやすい寝具について書きます…が!

先に寝返りの大切さについて触れておきます。

 negao


寝返りと聞くと、「眠りが浅いからなる」「寝相が悪いのは行儀が悪い」など

マイナスイメージが多くありませんか?

それでも私たちは一晩に20~30回は寝返りをうつそうですよ。多いですね!

寝返り=熟睡できていないと思いきや、

しっかり寝返りをうてる=質のよい睡眠に繋がります。

 


例えば、血液や体液も寝返りをうつことで滞りなく循環が促されます。

同じ姿勢で寝続けていると身体の重みがかかっている部分の筋肉に痛みがでたり、骨格がゆがむ原因もなります。

他にも、寝返りをうちながら温度調節を行い、寝床内の環境を丁度よく整え、レム睡眠とノンレム睡眠が切り替わるスイッチの役割も担っているとか。

 


☝ちなみに最近、暑さで寝苦しい夜が続いておりますが、寝入ってすぐの浅睡眠から深睡眠へ移行するときに大きな寝返りをうつと熟睡を妨げてしまうそうです。

 


なので、夏場の敷き寝具は背中が蒸れない素材を使用する工夫も大切です。

どうでしょうか。自分が寝返りをしっかりうてているのか知るのは難しいかもしれませんが、

「いつも眠りが浅い感じがするのは何故?」

「起き抜け、身体がいつも痛い…」

などと感じる人は、こんな原因も考えられるかもしれませんね。

 


次回こそ、快適に寝返りができて熟睡できる寝具について! つづく!

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong