staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.05.16更新

七十二候をお知らせします。指圧あん摩マッサージ師の熊井です。

 

5月15日~5月20日

竹笋生ず(たけのこ しょうず)

 たけのこ

筍が生えてくる頃、という意味です。

種類によって旬が違うので、とうに食べたという方も多いでしょう。

ちなみに3、4月に出回るのは孟宗竹(もうそうちく)。

4月は淡竹(はちく)。5月は真竹(まだけ)の筍。

丸ごと手に入ったら、固い皮をはいで、穂先を切り落とし、川に切り込みを入れたら鍋に筍とひたひたの水、生米大匙3を加えて強火にし、沸騰したら弱火で1時間。竹串がすっと入ったら火を止めてそのまま1時間放置して冷ませばアク抜きできます。

 

・旬の草花

柚子の花

クリーム色がかった白色の小さな可憐な花が咲く。少しだけジャスミンのような香り。

 

・旬の果物

江戸時代にオランダ船によって伝えられた果実。温室栽培が行われるようになり、長い季節で食べられるようになった。

 

・旬の兆し

薫風(くんぷう)

新緑の間を吹いてくる、清涼感に溢れた心地いい初夏の風。「風薫る五月」は薫風を訓読みにして和語化したもの。

 


WEB予約

https://select-type.com/e/?id=LNsAnC7r5aE

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.05.12更新

七十二候をお知らせします。鍼灸指圧あん摩マッサージ師の熊井です。

 

5月10日~5月14日
蚯蚓出ずる(みみず いずる)

mimizu

土の中で眠っていた蚯蚓がニョロッと這い出てくる頃。
蚯蚓は土に含まれる有機物をむしゃむしゃと食べて身体の中を通し、土を肥やす大事な仕事をしており、沢山いればいるほど其処は豊かな土壌ということになります。

この時期は苗を植えるシーズン真っ最中で、畑は大忙しです。雑草もぐんぐん伸びて頑丈に根を張ります。夏に緑のカーテンを楽しみたいなら今が植えどきですよ。朝顔やゴーヤなどの種を蒔けば7月には涼し気な葉でよしずの代わりを果たしてくれます。
他にも、食べれる緑のカーテンということで、ミニトマトやキュウリもいいですね!
夏の強い日差しを遮ってくれるのはもちろん、部屋の中に映る影も素敵なのでおススメです♪


・旬の草花
朝顔
奈良時代に薬草として中国より渡来。江戸時代に園芸文化が盛んになり、突然変異で様々な色や形を創り出す「変化朝顔」が大流行した。

・旬の草花
桐の花
桐は10mほどに成長する落葉広葉樹。薄紫色の円錐型の花をたわわにつける。良質の木材で箪笥、下駄、琴などに加工される。

・旬の兆し
棚田
山の斜面や谷間の傾斜地に階段状に造った水田のこと。別名「千枚田」。

 

 

WEB予約

https://select-type.com/e/?id=LNsAnC7r5aE


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.05.08更新

七十二候をお知らせします。鍼灸指圧あん摩マッサージ師の熊井です。

 


5月5日~5月9日

蛙始めて鳴く(かわず はじめて なく)

 


ケロケロとカエルの声が聞こえてくる頃です。コートを着なければ肌寒かった朝夕の空気もどこかへ行ってしまいました。

二十四節気の立夏がやってきて、いよいよ春も終わりを告げて季節は夏に向かっていきます。今の時期は、湿気はまだそれほど高くなく、爽やかな五月晴れという言葉がしっくりくる陽気で気持ちがいいですね!

5月5日の端午の節句では、菖蒲湯や軒に吊るすなどの邪気払いをしましたか?

ある時は女の節句だったり、男の節句だったりと時代とともに変化してきた行事ですが、菖蒲は霊的な力があるとして使われていたことは、どの時代も変わらなかったようで、長い歴史の中で共有してきた風習です。

 

 

 

・旬の魚介

沢蟹

山間の皮などに生息する。甲は丸みを帯びた四角形で、体色は黒褐色、茶、青白いものなど地域や個体によって異なる。

 


・旬の行事

端午の節句

5月5日に軒に菖蒲と蓮を吊るしたり、菖蒲湯に入ったりして邪気を払い無病息災を願う。かしわもちを食べるのは、柏の葉が「家系が絶えない」縁起物だから

 


・旬の兆し

立夏

この日から立秋までが夏。若葉の緑色や風などから夏の匂いを感じる。カエルも鳴き始め、梅雨が始まる前のさわやかな風の吹くころ。

 

 

WEB予約

https://select-type.com/e/?id=LNsAnC7r5aE

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545kaeru

投稿者: Meilong

2019.05.03更新

七十二候をお知らせします。指圧あん摩マッサージ師の熊井です。

 

4月30日~5月4日

「牡丹華さく」(ぼたん はなさく)

 

春を見つけては一つ、二つと数えていた日々はもう懐かしく、春たけなわという言葉がぴったりの頃です。“花の王”と呼ばれる牡丹の花が咲き始めます。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、女性の美しさをあらわす言葉がありますが、芍薬のごとく風情があり、牡丹のように華麗、ユリのように清楚という意味だそうです。

うーん、それに近づきたいけど近づけないですね笑

 

・旬の草花

藤棚で栽培されることが多く、花は紫色または淡紫色で、木の寿命は長い。藤の名所の地名にちなみ「野田藤」ともいう。

 

・旬の果物

はっさく

日本原産の蜜柑の品種。果実は表層が滑らかで、夏蜜柑よりやや小形、甘味も強い。

江戸時代末期に広島県因島で原木が発見された。

 牡丹

 

WEB予約

https://select-type.com/e/?id=LNsAnC7r5aE

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong