staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.05.31更新

5月はあっという間で楽しく過ぎてしまいましたniconote2

七十二候担当の熊井です!

 

5月31日~6月4日

麦の秋至る (むぎのあきいたる)

right arrow麦の芽、麦踏み、青麦の時期を過ぎて、麦は収穫を迎えます。

 

季節は初夏ですが、「秋」は実りの季節を表すので「麦の秋(むぎのとき)」。穂を揺らす風は「麦の秋風」と呼ぶそう。

こんな季節言葉の使い方があるなんて!おっしゃれーribbonglitter3

さて、いよいよ梅雨に入る頃ですね。季節の大きな変わり目で変化についていくだけでも大変なことだと思います。

日々、知らぬ間に頑張ってくれている自身の体の声を聞いて、大切にねぎらってあげて下さいねhandglitterglitter

むぎ

 

leaf旬の野菜

蓴菜(じゅんさい)

水田や池などで栽培されるスイレン科の水草。花の葉の若芽が独特のぬめりを持つ粘質物に包まれており、これを摘んで食用にする。

じゅんさい

 

leaf旬の草花

密柑の花

ミカン科ミカン属の小高木。肉厚の白い小さな五弁花が咲く。この花が収穫の時期に実になる。室町時代に中国から渡来。

密柑の花

 

flower季節の兆し

芒種(ぼうしゅ)

毎日のようにしとしと雨が降る梅雨の真っ盛り。稲などのような穂の先にトゲ状の「芒(のぎ)」を持つ穀物の種を蒔くのに最適な頃。

家庭で梅干を作るのもこの時期。梅の殺菌作用や酸味成分が胃腸の働きを回復させ、梅雨時期の不調を暖和します。

 

web予約

facebook

instaglam

 

 

 

投稿者: Meilong

2018.05.29更新

”七十二候”お知らせします熊井です! gyaglitter3

 

5月26日~30日 

「紅花栄く」 (べにばなさく) 

right arrow紅花の花が咲き誇る頃。はじめは鮮やかな黄色。だんだんと赤みを帯びていきます。

 

紅花は観賞用の生花として出荷されるほか、染料や口紅の原料として出荷されています。

茎の末端に咲く花を摘み取ることから、「末摘花(すえつむはな)」とも呼ばれるそう。

花摘みは、棘が朝露で柔らかくなっている時間帯に行うそうですね!←ジブリ映画”おもひでぽろぽろ”で得た知識 笑

あの映画の花摘みから加工までのシーンは何度観ても綺麗で面白く、また観たくなりましたihi

 

紅花

 

leaf旬の野菜

さやいんげん

原産地は中央アメリカからメキシコで、江戸時代に渡来。収穫までの期間が短く、一年に三度も収穫が可能。カロチン、ビタミンCが多い。

 

さやいんげん

 

leaf旬の草花

矢車草

ユキノシタ科の多年草。葉が矢車の形に似ていることが名の由来。深山の少し湿った場所に育生し、花は緑白色から白色に変わる。

矢車草

 

leaf旬の草花

木苺

バラ科キイチゴ属の落葉低木の総称。3月から月にかけて白色の花が咲き、5月に実がなる。ラズベリー、ブラックベリーも仲間。

きいちご

 

flower季節の兆し

草木は鬱蒼とし、空気も湿り気を帯びて梅雨入りの気配を感じます。日陰の苔も水を含んで深緑色が際立ち質感も柔らか。

 

rain6月に向けて

湿気が徐々に多くなり、アトピー性皮膚炎などがでやすくなってきますので、熱の少ない食べ物を摂るようにしてくださいねtearsglitter2

 

web予約

facebook

instaglam

投稿者: Meilong

2018.05.24更新

勝手に”七十二候”お知らせ担当の熊井です!

 

5月21日~25日 は「蚕起きて桑を食む」(かいこおきてくわをはむ) 

right arrow蚕が活発に桑の葉を食べだす頃。蚕がつむいだ繭が美しい絹糸になります。glitter

 

蚕はチョウ目・カイコガ科に属する昆虫で、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物です。

養蚕は5000年以上の歴史を持ち、蚕の祖先は東アジアに生息するクワコで中国大陸で家畜化されたというのが有力らしいのですが、クワコをどのように飼いならして蚕を誕生させたのかは現在も不明だそう。

というより、クワコの生態からして飼いならすこと自体が不可能なんですって!

一体、5000年前になにがあったのか!?謎すぎて神秘的です~gyaglitter

繭

 

leaf旬の草花

雛罌粟(ひなげし)

ケシ科の一年草。花の色は深赤色、紅色、白色など。

中国では「虞美人草(ぐびじんそう)」と呼ばれる。

フランス国旗の赤は花でいうと雛罌粟のこと。

雛罌粟

 

leaf小判草(こばんそう)

イネ科の一年草。小穂の形が小判に似ているのが名前の由来。

ドライフラワー用に栽培されていたものが野生化。別名「俵麦(たわらむぎ)」

 小判草

flower季節の兆し

春から夏へと移り変わる頃で、湧き上がる命のエネルギーを感じます。麦は収穫を迎え、蚕は食欲旺盛、木々は濃い緑色に変わり勢い良く茂る。

 

meal五月の食養生

急激に気温が高くなり、空気も乾いてきます。野菜や果物から水分を補給し、強い紫外線に負けないよう、ビタミンCが多い食材をたっぷりと。

 

web予約

facebook

instaglam

投稿者: Meilong

2018.05.24更新


はじめまして、熊井です。
今月から私もブログを投稿しますので、よろしくお願いしますnico

 

どんな内容を載せようか迷いましたが・・・

普段から雲の形や風の柔らかさ、木々の色の変化で季節を感じて癒されたり、

休日は自然一杯のところでフラッと過ごすのが好きなので、

私は勝手に”七十二候”のお知らせ担当になろうと思います!

 

七十二候・・・1年を5日ごとに区切って季節を72に分けたもの。

 

めまぐるしい日々のなかで心を亡くしがち(忙しい)な私たちとともに、

季節の移り変わりも滞りなく着々と進んでいます。

私たちの身体も知らぬ間に春夏秋冬にあわせて変化しているんですよ。leafstar

 

季節の気配、兆しといった眼に見えないものを日々感じていくことで

自分の心と体の声を聞くきっかけになればいいなと思います。sun

 

四季

 

web予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong