staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.09.26更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

朝起きて鏡をみたとき、「最近エラが張ってきた気がする!」「顔がむくんでひとまわり大きくなってる!」「顎がなんだか疲れてる…」と感じてテンション激落ちした覚えはありませんか?覚えがない人は大丈夫です、そのまま穏やかな朝を楽しんでください^^

 


テンション激落ちに覚えがある人は、眠っている間に、無意識に歯を食いしばっていることが原因なのかもしれません。睡眠中に限らず、PC作業、携帯を見ているとき、何かに夢中になっているときなど、いつのまにか顎に力を入れているときが多くあるんですよ。

 


歯の食いしばりは小顔を邪魔します!歯を食いしばるときにかかる力は、約60~80kgもあるといわれていて、それほど強い力が顎にかかると、エラの張りや顔の筋肉のコリにつながります。

筋肉のコリを放っておくと、顔の血行が悪くなり、必要な栄養や酸素が行きわたらないために顔の筋肉の質が下がり、しわやたるみをつくることに…。

 


美容面以外でも、首や肩、頭といった広い範囲でつながっている筋肉が緊張で固くなり肩こりや首の痛み、片頭痛などの症状がでることもあります。

本来、眠っている時間は、傷ついた細胞を修復し、疲れをとってエネルギーを充填する大切な時間です。不必要な食いしばりによって余計なダメージを自らつくりだしてしまうのはとても勿体ないですね!

 


起きている間は、Meilongで小顔電流鍼や美容鍼灸などのメニューでカバーできますが、

寝ている間もできたら不要な力みから歯や咬筋を守っていただきたい!

そこで、眠っている間の歯の食いしばりを防ぐ、「ナイトガードをつける」という選択です。

ナイトガードとは、マウスピースのこと。着用することで歯の食いしばりから歯や歯茎を守ると同時に、自然と口元がリラックスした状態になります。

 


皆様が毎朝、快適に目覚めて日々明るく過ごせますよう、熊井は願っております!

 suimin

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.09.25更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

いくつになっても肌にみずみずしい潤いや透明感のある人は、睡眠時間をしっかり確保し、その大切さもちゃんと理解しています。

睡眠美容。眠るだけで高価な美容液が不要なくらいツヤツヤの肌が手に入るのですから、もう今すぐ眠りたいくらいですね!?

ただし、ただウトウト・ダラダラ眠るだけでは意味がありません。

肝心なのは「眠りはじめの3時間」を途切れさせず深~く眠るということです。

 

睡眠の質によって美しさに差が出るのは、“成長ホルモン”の存在にあり、

成長ホルモンとは、肌の細胞の新陳代謝を促す働きがあるといわれる物質です。昼間のダメージを修復し、古くなった細胞は、新しい細胞にスムーズに入れ替わることで美しい肌をキープすることができます。

そして、1日の分泌量のうち、約70%が睡眠中に分泌され、6~7時間の睡眠時間のうち、成長ホルモンが集中して分泌されるのは最初の3時間で深い睡眠状態にあることが分泌の要。

仮に3時間の間に目が覚めてしまうと、成長ホルモンの分泌は妨げられ、せっかくの効果が半減してしまうそうです。

 

ということは、夕食後にくつろいでいるうちにウトウト…うたた寝する習慣がある人の場合、眠りが途切れ、美肌をつくる大チャンスを逃しているということです。

ど~~しても眠い!そんなときは入浴よりもベッドに入ることを優先し、すぐ眠ってしまいしょう。そんな夜もあります。仕方なし!

 

ちなみに3時間以降には意味がないかというと、決してそうではありません!

睡眠後半は分泌された成長ホルモンが活動する時間になるほか、体と心のメンテナンスや頭の整理整頓などが行われています。

なのでトータルで約7時間ほど睡眠時間が確保できることが理想的なんだそうです。 つづく!

 

suimin


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.09.24更新

 

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

「厚着をしても、手足がなかなか温まらない」といった冷えに関する悩みを持っている人、特に女性は多いと思います。

冷えは寒い冬だけでなく、エアコンのきいた部屋で冷たいものをたくさん飲む夏場にも感じますよね。四季のある日本では、季節の変わり目に自律神経のバランスが乱れ、体が冷えることもあるので、冷え対策は1年中、常に意識しておく必要があります。

 

冷えのタイプも様々で、

手足など身体の末端まで血液がしっかり巡っていないことによる「末端冷え」、ダイエットや運動不足により筋肉量が減り、内臓機能や新陳代謝が下がることによる「全身冷え」、水分のとり過ぎやそれをうまく排出できずに溜め込むことによる「水分冷え」など、いずれのタイプも体内の血流が悪くなり、不調を引き起こす可能性があるのです。

 

冷えは睡眠にも深い関わりがありますよ!

私たちの体には「皮膚温」と「深部体温(内臓の温度)」という2つの体温があり、深部体温が下がると眠くなるという仕組みをもっています。

深部体温を下げるためには、反対に手足の皮膚温度が上がるということが重要です。

手足が放熱し、深部体温が下がること、これが眠るときの自然な反応です。

手足が冷えている人の場合はこのメカニズムがうまく働かないので、スムーズに入眠できません。つまり、手足の冷えによる影響で、体が眠るための準備がきちんとできていないということですね!

 

対策としては、レッグウォーマーなど使用したり、手浴・足浴も良いと思います。

洗面器などに熱めのお湯をはり、手や足を10分程度つけて温めましょう。

深部体温をスムーズに放出できるよう、手足はいつでも冷やさない習慣を身につけてくださいね。

つづく!

 睡眠時間


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.09.24更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

前々回、熟睡しやすい寝具について書きましたが、今回は寝室の環境についてです!

熟睡できる寝室づくりで大切なのは「温度」と「湿度」。

寝室を心からリラックスして眠る場所にするために、居心地のいい空間づくりにこだわってみませんか?簡単に実践できる、寝室づくりのポイントをご紹介します。

 

 

 

・温度

熟睡しやすい寝室の温度は、一年を通して16~28℃といわれています。

そして、寝室の温度とは別に、身体と寝具の間にできる空間の環境「寝床内気候」も適切な温度に保つことが重要です。寝床内気候は1年を通して33℃前後といわれています。

夏や冬はエアコンを上手に活用し、熱すぎず寒すぎない寝室温度管理を心掛けること。

冷たい空気は下に、あたたかい空気は上にたまりやすいので、空気の循環を促すためにサーキュレーターがあると便利ですよ。

 


・湿度

温度と同様、湿度にも快適に眠るための目安があります。寝室は60%前後、寝床内気候は50%前後だそうです。湿度管理はなかなか難しいので、ベッドの高さに温湿度計を置いて確認してみてくださいね。冬場など空気が乾燥しているときは加湿器、夏場で湿気が多いときは除湿器をそれぞれ活用して寝室の湿度を調整しましょう。

 


・カーテン

スムーズな眠りを誘うカーテンの色は、淡いパステルカラーやブルー系、ベージュです。気持ちが落ち着いて心身ともにリラックスして眠れるようになります。

交感神経を刺激して、眠りを妨げる働きがあるとされるのが、赤や黒などコントラストの強い色。これらは色彩心理学的に寝室にはふさわしくない色なのだとか。

 


いかがでしたでしょうか?

一人暮らしでも家族と暮らしていても簡単に実践できると思いますので、眠りが浅い方は取り入れてみて下さいね^^ つづく!

 

 睡眠

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.08.30更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

仕事や家事、育児に忙しい女性の問診をしていて気付くのは、しっかり眠ることに対してネガティブな感情を抱いている方が多いということ。

「やる事がありすぎて眠るのが勿体無い」「まわりに合わせているとどうしても寝不足になってしまう」という声も聴きます。

 nemuri

私たち、日本女性の平均睡眠時間は世界的にとても短く、長いとされるスウェーデンとの差は約1時間半だそうです。ん?一時間半?だけ??

一見、1日24時間のうちの1時間半というと少なく聞こえるかもしれませんが、1週間で10時間半もの差が生まれているということです!

 

ちなみに、男性よりも女性の睡眠時間が短い国は、調査国のなかでなんと日本とメキシコのみ。日本は女性にとってきちんと眠ることが難しい状況にあるようです。

 

しかも女性の睡眠は量だけでなく、女性ホルモンの影響によって質も低下しがちなもの。

たとえば、「生理前になると寝つきが悪くなる」「生理中、昼間眠くて仕方がない」など覚えがありませんか?

 

生理前の体はプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増え、エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌が減ります。このホルモンバランスの変化が眠りの質を低下させてしまうのです。

プロゲステロンには体温を上げる働きがあります。

私たちの体は体温が下がる時に眠くなるものなので、体温が高いままだとなかなか眠りにつけません。

一方、抗ストレスホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が減ると、ストレスに対する抵抗力が落ち、感情的になったりと心が不安定になります。これもまた入眠を妨げる要因になってしまうのです。

 

つらい生理時期は「自分へのごほうび♪」と、きっぱり決めて、仕事のスケジュールなどはなるべくゆるくして自分をいたわりケアする予定を入れてみてはいかがでしょうか。

その為にmeilongも存在しているわけです。是非くつろぎにいらっしゃいませ^^

つづく!

 


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.08.24更新

 


鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

熟睡しやすい寝具について、前回は敷き寝具と掛け布団について。

今回は、枕やパジャマの選び方について説明します。

 suimin


・枕

案外、自分のからだに合った枕を使っていない人は多いのではないでしょうか。

枕が合ってないと、寝返りが妨げられるだけでなく、頭痛や肩こり、いびき、むくみなどの原因にもなるので選び方はとても大事です!

枕を選ぶポイントは、頚椎の自然なS字カーブを保てる高さと形であること、大きさ、かたさ、重さが適切であるということです。

それから、枕と寝具は同じメーカーのセットで揃えることもおすすめで、枕と寝具の相性や寝返りのしやすさを店頭で確認できるという利点があります。

 


・パジャマ

寝ている間に何を着るかによっても、睡眠の質は大きく変わります。

例えば、スウェットやTシャツ、ルームウェアといったパジャマ以外のものを着て寝ると、寝具との間に不必要な摩擦が生じて、寝返りがうちにくくなります。

パジャマの素材として理想的なのは、吸水性や吸湿性が高く、肌触りのいい100%シルクかコットン。シルクは天然繊維のなかでも、人間の肌成分にもっとも近い素材といわれ肌に優しく、コットンは着心地が良く、安心感のある素材ですね。耐久性もあるので洗濯などの取り扱いが楽なところも魅力です。

デザインで気を付けたいのは、半そでに短パンや襟ぐりが大きく開いたもの、フードつきのものは避けたよいと思います。露出度低いパジャマを着ることで首、手首、足首をいつでも冷やさないようにしておきたいのと、フードが首を圧迫して不自然な寝姿勢になるのを防ぐためです。

何を着て寝るのかは明日のコンディションを左右するので、大切な自分への投資と思って

こだわってみてはいかがでしょうか^^

 


次回は熟睡できる寝室の環境について!続きます。

 

 

WEB予約

 


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.08.21更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

ぐっすり眠るために「寝返り」は大切ということを前回説明しました。

今回は、スムーズに寝返りをうてるような、敷き寝具や掛け布団、枕、パジャマの選び方のポイントをご紹介します。ご自身で愛用しているものと比べてみて、疑問を感じるようなら見直すタイミングかもしれませんよ!

 すいみん

・敷き寝具

敷布団やマットレスなどが体に合っていないと、寝返りがうちにくくなります。

例えば、柔らかすぎると背中やお尻が沈んでしまい、首や腰に負担がかかり、ふかふかの布団に身体が埋まってしまうため、寝返りをうちたくても思うようにできないこともあるでしょう。

反対に、硬すぎても眠っている間に身体が痛くなり、不快感から良い眠りは得られません。

敷布団やマットレスは、適度な弾力と硬さがあるもの、寝返りをうてるだけの十分な広さがあるもの、身体の圧を分散してくれるものが理想的です。

 

・掛け布団

軽くて圧迫感がなく、保温機能と湿度調整機能があることが絶対条件で、中身の素材はダウン50%以上がおすすめです。

気を付けたいのは、冬場の掛け布団について。

寒いからといって必要以上に重ねると、布団の重さで寝返りがうちにくくなってしまいます。すると、本来、背中から放出するはずの熱がこもってしまい、寝苦しくなるそうです。

また、掛け布団が身体のラインにフィットしていないと、肩口や足元に余分な隙間ができ、今度は寝返り のたびに冷気を呼び込んで不快感を招くことになるので、ドレープ性も大切なのです。

 

長くなったので次回に「枕」と「パジャマ」の選び方について!

引っ張ります(笑)つづく!

 


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.08.07更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

今回は熟睡しやすい寝具について書きます…が!

先に寝返りの大切さについて触れておきます。

 negao


寝返りと聞くと、「眠りが浅いからなる」「寝相が悪いのは行儀が悪い」など

マイナスイメージが多くありませんか?

それでも私たちは一晩に20~30回は寝返りをうつそうですよ。多いですね!

寝返り=熟睡できていないと思いきや、

しっかり寝返りをうてる=質のよい睡眠に繋がります。

 


例えば、血液や体液も寝返りをうつことで滞りなく循環が促されます。

同じ姿勢で寝続けていると身体の重みがかかっている部分の筋肉に痛みがでたり、骨格がゆがむ原因もなります。

他にも、寝返りをうちながら温度調節を行い、寝床内の環境を丁度よく整え、レム睡眠とノンレム睡眠が切り替わるスイッチの役割も担っているとか。

 


☝ちなみに最近、暑さで寝苦しい夜が続いておりますが、寝入ってすぐの浅睡眠から深睡眠へ移行するときに大きな寝返りをうつと熟睡を妨げてしまうそうです。

 


なので、夏場の敷き寝具は背中が蒸れない素材を使用する工夫も大切です。

どうでしょうか。自分が寝返りをしっかりうてているのか知るのは難しいかもしれませんが、

「いつも眠りが浅い感じがするのは何故?」

「起き抜け、身体がいつも痛い…」

などと感じる人は、こんな原因も考えられるかもしれませんね。

 


次回こそ、快適に寝返りができて熟睡できる寝具について! つづく!

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.07.22更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

なんだか最近、

「太りやすくなったなー」

「体調不良が増えたなー」

「集中力が落ちたなー」

と感じている人、多くいると思います。

「年齢のせいかしら~。」なーんて、諦めるのは楽かもしれませんが、原因はそれだけではありません。

 


はっ!どれも睡眠と関係があるものばかりではありませんか!

逆にいえば、睡眠を見直すことで予防できるということです。

 suimin


☆よく眠れないと太る?

私たちの食欲は、さまざまなホルモンの影響を受けています。

睡眠不足が続いた時、甘い物やジャンクフードが無性に食べたくなりませんか?

その現象は、忙しくて疲れているからエネルギーを補充しようとしているわけでなく、しっかり眠れていないためにホルモンバランスが乱れて食欲が増し、糖質や脂質への欲求が強まっているせいなのです。

 


☆よく眠れないと体調不良になる?

体調が優れないとき、身体が睡眠を求めて「ちょっと横になりたい…」と思いますよね?

これは、私たちの身体の自衛システムが働き、身体を守ろうとするからです。私たちの身体に備わっている免疫力は、眠っている間に強化されるので、睡眠をおろそかにしていると免疫力が下がり、身体が不調を訴えるようになります。

 


☆よく眠れないとミスが増える?

仕事でのうっかりミス。できるなら減らしたいですよね。

それにはまず、よく眠ることです。

脳は睡眠不足のダメージを最も受けやすく、集中力や記憶力、判断力などが低下し、パフォーマンスが落ちていきます。さらに、睡眠不足の状態は日中に耐えがたい眠気に襲われることも多く、ミスや事故をおこしやすくなりますね。

忙しい時には「寝ないで頑張る!」ではなく、むしろ忙しいときほど「しっかり眠る!」に切り替えたほうが無駄なミスを減らし効率よく高い生産性を発揮できます!

 


どうですか?

しっかり眠りたくなってきませんか?^^

次回は熟睡できる寝具について。つづく!

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.07.19更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

自分に合う睡眠時間は人それぞれ違いますよ、と説明しましたが。

今回は、3~4時間程度の睡眠でも十分元気に活動できる「ショートスリーパー」について書きます。

 nemuru


問診していても「3~4時間睡眠ですが、問題ありません」という人はそれなりにいます。

そして、身体を診ると疲れきっている人も多いです^^;

 


ショートスリーパー、良い響きですよね!普通の人は7~8時間眠るところを3~4時間で済み、その時間を他のことに回せるということでしょう?

私もなれるのだったらなりたいです。ショートスリーパー。

 


ですが!このショートスリーパーに該当するのは全人口のたった5%程度しかいないそうです。大多数の人には7~8時間の睡眠が必要なのです。

ということは、「毎日3~4時間しか寝なくても大丈夫!」と思っている人は、実際は気合で乗り切っているだけなのかもしれません。

 


私は大丈夫!と思っている方。

よーくよーく、よぉぉぉく胸に手を当てて思い返して下さい。

毎日、その睡眠で本当に満足していますか? 体の声に耳を傾けて下さい。

貴方は5%の人ですか? 本当はもっと眠っても大丈夫なんですよ?

 


日々忙しいと、つい睡眠を犠牲にしてしまうところがあると思いますが、必要な睡眠時間を削ることは、命を削っているようなもので、じわじわと心も身体を蝕んでいきます。

頑張り続けるためには、しっかり眠って心身を休ませてあげることが最優先です。

 


とはいえ、必要以上に長く寝ていれば健康になるというわけでもありません。

もともと長時間の睡眠が必要なロングスリーパーでない人が、適正時間を超えた長さの睡眠をとっても、かえって身体にダメージを与えるそうです。

睡眠時間と心血管疾患との関係について調べた研究では、必要以上の睡眠は、多くの疾患において死亡リスクを1.6~1.7倍に増加させたと報告されているとか。

さらには肥満やうつ病になる確率もアップするといわれ、眠りは不足しても必要以上でもよろしくないのですね。

(休みの日に寝だめしている人はドキッとしたのでは^^♪)

 


やりたいこと、やらなくてはいけないことが沢山ありすぎて睡眠時間の確保が難しい人が多いと思います。私もそうです。皆そうです。

が、そんな時こそスリープマネジメント!これ大事です!

 

つづく

 

WEB予約


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

前へ