staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.03.20更新

七十二候をお知らせします、鍼灸指圧あん摩マッサージ師の熊井です。

 


3月20日~24日

雀初めて巣くう(すずめ はじめて すくう)

 雀


雀が巣を作り始めます。

面白いことに、巣の作り方や雰囲気にその鳥の性格というか、性質があらわれますよ。

メジロは細かい棕櫚(しゅろ)の繊維を使って繊細に丸く綺麗な形に仕上げ、さらに蜘蛛の巣を使ってくるくると枝に巣を固定する精密さもあり。ウグイスは笹の葉や茅の葉でざっくり作りました、というイメージ。雀は、あまり形にこだわりがなさそうな、でも荒い作りでもなく…。ま、私の勝手なイメージなのですが♪

 


この頃は気持ちのいい陽気に誘われて、どこかに出掛けたいなぁと思う日が多くなってきます。出勤途中も春を喜ぶ鳥の声々に心は奪われてうわの空(笑)出掛けたくなる気持ちを抑えるのが大変です!

 


・旬の草花

杏の花

桜の花とよく似ているが、桜の開花より少し早く咲く。6月頃には実がなり、ジャムや果実酒などに使われる。英名「アプリコット」

 


・旬の兆し

春分

立春から立夏の前日までが春。その真ん中が春分。この日あたりからだんだんと日が伸びて、気持ちもウキウキ♪

 


・旬の兆し

陽炎(かげろう)

遠くのものがゆらゆらと揺らぐように見える大気中の光学的現象。強い日差しに照らされて、地表近くの空気密度が変わることによって起こる。

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.03.18更新

七十二候をお知らせします!鍼灸指圧あん摩マッサージ師の熊井です。

 


3月15日~19日

菜虫蝶と化る(なむし ちょうと なる)

 紋白蝶


紋白蝶の幼虫が蝶になり、ふわふわと舞います。春の景色ですね〰。

ちなみに菜虫というのは大根、カブなど、アブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称です。

この時期は、年度末に向かう忙しさに、てんてこ舞いになっている方も多いのではと思います。たまにはふと立ち止まって、あえて違うリズムのものを眺めるといいかもしれません。

暖かい日差しの中で舞う蝶のフワリ、ヒラリとした羽の動きも、せわしなく定まらない心を調律するのに適しているのではと思います。

 


・旬の野菜

芹(せり)

奈良時代から食用されていて、全国の山野に自生する。「春の七草」の一つ。おひたし、和え物、鍋物などに。

 


・旬の虫

紋白蝶(もんしろちょう)

畑や野原で見られる白っぽい蝶。幼虫はキャベツが大好物で、葉っぱを探すと幼虫や卵を見つけることができる。

 


・旬の行事

春のお彼岸

春分の日の前後3日間。この時期に仏様や先祖をお参りすると極楽浄土へ行くことができると考えられている。

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.03.10更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

3月10日~14日

桃初めて笑く(もも はじめて さく)

桃のはな

まさに春本番ですね!桃の花がようやく咲き始めます。花が咲くのを「笑う」と表現するところがまた素敵です~^^♪ ちなみに北海道では梅、桃、桜がほぼ同時期に咲くなど、木々の花の開花は地方によってかなり違います。ですが、ハウス栽培などによって、花の時期が大幅に増えました。嬉しい反面、本来の旬がわからなくなっているような…。

長く楽しめるのことは確かに素晴らしいことです。が、「待つ」楽しみは減ってしまいますね。

早まる気持ちを抑えつつ、ゆっくりと対象とするものを待つ。その変化を楽しむ。

ときには思い通りでなくなったり、思い募りすぎて切なくやるせない気持ちになることもあるでしょう。それもまた人間らしい心の自然な動きです。そんな気持ちを感じつつ自己のバランスを保ち、繰り返すことで人は心の厚みを織り上げて、誰かに優しくできるんだろうなぁなんて思います。

人間同士でも、自分に対してでも、自然や、様々な事柄でも。心の厚みを織る要素はそこら中に落ちています。ひとつひとつ大切に気付き、拾い上げて自分の糧にできる感性をもっと磨きたいと思う今日この頃。

旬を知り、存分に味わう。今もなお修行中です!

 

・旬の草花

寒緋桜(かんひざくら)

バラ科の落葉低木。桜の原種のひとつ。他の桜に先駆けて開花する。花は濃いピンク色で、釣り鐘型で下向きに咲く。

 

・旬の草花

こごみ

メシダ科の多年草。別名「草蘇鉄(くさそてつ)」。芽の先がくるくると巻いているアクの少ない山菜。薇(ぜんまい)と形が似ている。

 

・旬の行事

十三参り

旧暦の3月13日(現行3~5月)、13歳になった男女が、多福や開運を願ってお参りする行事。別名「知恵もらい」。

 

投稿者: Meilong

2019.03.05更新


七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 

3月5日~9日

蟄虫戸を啓く(すごもりむし とを ひらく)

春の優しい雨に満たされて、まず大地と大気が潤い、やがて草木が芽吹く。そんな準備が整ってから土の中に隠れていた虫たちが固く閉じていた戸を開くようにして外にでてきます。

私たちの身体も同じです。寒さに負けないように強張っていたところから、季節の気配を感じ取ってふわーっと開いていきます。はい!もう春なんですよー♪

 

・旬の草花

雪柳(ゆきやなぎ)

バラ科の落葉小低木。雪のような白い花と柳のような葉が名前の由来。小さな花をお米に見立てて「小米花(こごめばな)」とも呼ばれる。

 

・旬の兆し

啓蟄(けいちつ)

冬の間、春を待っていた虫たちが暖かさを感じて目を覚ます頃。啓は「ひらく」、蟄は「土の中で冬ごもりをしている虫」を意味する。

 

・旬の兆し

木の芽時(このめどき)

草木が芽吹いて、山々などの生命力が一気に溢れ出る頃。山菜摘みなど自然とのふれあいが楽しい早春の時期。

 

 蟄虫戸を啓く

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.03.01更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 


3月1日~4日

草木萌え動る(そうもく めばえ いずる)

 


土も大気も潤い始め、この時を待ってました!とばかりに草木が芽を吹きはじめます。

この時期の印象としては、皆ゆーっくり伸びをしながら起き始める感じなので、

変化を一つ一つ吟味する余裕があり毎日楽しいですね。

草木が芽吹きわたって賑やかになる前の静かな動きです。

この時期を過ぎればあっという間に春に様変わりしますから、「あれっ!?ずっと傍にいた冬はどこに!?!?」と毎年驚いているような気がします。

 


・旬の野菜

カリフラワー

キャベツが突然変異し、色化したもの。「cole flower(キャベツの花)」が名前の由来。別名「花椰菜(はなやさい)」

 


・旬の魚介

浅蜊(あさり)

食用の二枚貝で、水深10mほどの砂泥底にすむ。「漁(あさ)る貝」が名前の由来。鉄分が多く、貧血気味や低血圧の人には最適。

 


・旬の兆し

三寒四温(さんかんしおん)

寒い日が3日くらい続くと、その後は暖かい日が4月ぐらい続く、寒暖が繰り返される現象。日本ではあまりはっきりとは現れない。

 

 

WEB予約

 

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.24更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

2月24~28日 

霞始めて靆く(かすみ はじめて たなびく)

 

前の候が「土脉潤い起こる(つちのしょううるおいおこる)」でしたね。雨によって土が潤うにつれ、大気の中にも水分が増えていき、その水分が水蒸気となり

山野にたちこめて景色が霞み、ぼんやりと優しい景色になります。

乾いた空気がいつの間にか潤いを帯びて、それに誘われるように沈丁花のつぼみがほころび、一つ二つと開いて芳香を放ちます。あの強い香りは、つぼみの時には全く無いそうです。

時がこなければ花も香りも開かない。何事にも「さぁ!」という瞬間と時期があり、普段から流れを読み、大切に扱わなければ目の前にある大事な物事、タイミングを逃しかねません。

沈丁花はただ命の限り咲こうとしているだけですが、そんな姿をみて思ったのでした。

 

・旬の草花

蒲公英(たんぽぽ)

キク科の多年草。道端や土手などに自生。日本ではおよそ10種の在来種があるが、帰化種のセイヨウタンポポが全国に広く分布している。

 

・旬の草花

沈丁花(じんちょうげ)

ジンチョウゲ科の常緑低木。花は外側は濃紫で内側が白く、強い芳香がある。香木の「沈香(じんこう)」のような香りがすることが名前の由来

 

・旬の野鳥

雲雀(ひばり)

全長は17㎝ほどで、茶色で頭には小さな冠羽がある。空高く昇って鳴く習性がある。

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

2019.02.19更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

2月19日~23日
土脉潤い起こる(つちの しょう うるおい おこる)
⇒春の優しい雨が降り、土が水分を含み始めてしっとりと柔らかくなっていきます。

土

冬の間、歩くとカチっと硬いの地面の感触。それが雨降るごとに、柔らかくほわっと力の抜けた土になっていくのが面白いです。

皆さんもぜひ、土の上を歩いて感じ取ってみて下さい。

冷たく固く閉じていた土がふんわりと開けば、眠っていた虫たちが目覚めて、活動をはじめやすくなりますね。
人の身体も同じです。厳しい冬から身を閉じて守っていたところから、春の空気を微妙に感じ取り少しずつ力が抜けていきます。

それにプラス、私も施術をすることによって、凝り固まったところを優しい雨のようにほどいていきたいなと思いました。イメージって大事ですよね。
2月の熊井は優しい雨でいきたいと思います笑


・旬の魚介
公魚(わかさぎ)
全長15㎝ほどの冷水魚。公魚釣りは初秋から早春にかけて楽しめ、結氷した湖では氷に穴を開けて釣る。てんぷらやフライにすると美味しい♡

・旬の行事
お伊勢参り
「江戸時代に始まった伊勢神宮への参拝。江戸からは徒歩で片道15日間、大阪からも5日間かかった。別名「御蔭参り」。

・旬の兆し
雨水(うすい)
雪が雨に変わり、氷が溶けて水になる頃。地面からは雑草の新芽が顔を出し、新しい命が芽吹き始める。

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

 

投稿者: Meilong

2019.02.14更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 


2月14~18日

魚氷に上る(うお こおりに いずる)

⇒冬の間、氷の下の冷たい水の中でじっとしていた魚たちが春を感じ取り、元気よく動き始めます。

 魚氷に上る


立春を10日ほどすぎて、満作や雪柳などが咲きだしますが、

景色の色合いは冬の色。寂し気な風景は続きますね。

寒さで身を縮めながら歩くと自然と目線は下がり、冷たいアスファルトのグレーや白っぽく霞んだ空気ばかりかと思えば、突然ぽっと目の中に鮮やかな赤が入り込んできます。

地面に落ちた椿です。温かい色が冷たさの中で浮き立って、こちらの心の中にまでぽっと灯りをともされたような不思議な感覚に陥ります。たまには下を見るのもいいかなーなんて☆

 


寒さも行きつ戻りつして、ぽかぽか暖かな日になったと思ったら数日後には雪が降る…というような極端な天候になりやすく、風邪をひくなど体調を崩しやすい頃です。

どうぞmeilongで施術を受けて心も身体も温まっていってくださいな♪

 


・旬の草花

満作(まんさく)

マンサク科の落葉小高木。ユニークな形の黄色い花が咲く。早春に花が枝にいっぱいつく状態を満作に例えたのが名前の由来。

 


・旬の兆し

余寒(よかん)

立春後の寒さ。寒が明けてもなお残る寒さ。夏の「残暑」との対の言葉。手紙を書きだす時に「余寒お見舞い申し上げます」と使う。

 


・旬の兆し

蒸気霧(じょうきぎり)

温かい水面に冷たい空気が接したときに発生する霧。湯船から上がる水蒸気と原理は同じ。別名「気嵐(けあらし)」。

 

 

 


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.10更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 


2月9日~13日 

黄鶯睍睆く(うぐいす なく)

⇒まだまだ寒さは厳しいですが、暖かい地方から順に「鶯が鳴いた」という知らせが届き始めます。

 鶯


その年初めての鶯の鳴き声を「初音」と呼びます。関東では2月中に耳にすることが多いようですが、場所やその年によって時期はまちまちです。

 


この時期のちょっとした楽しみといえば、ご近所さんの庭に咲く一本の梅の木の下を通り過ぎることなんです。毎年濃いピンクの花をぽぽぽっと咲かせ、背の高い木なのにこちらまでちゃんと優しい香りが降りてきて、それはもう幸福な気持ちでいっぱいになるところ。

いつも通りがかるときは花を見上げ、つぼみの時期を数え、開花したらゆっくり深呼吸をして体の中に春を取り入れます。本当にささやかで幸せなお楽しみ。

お家の方を見かけたら「綺麗ですね」って感謝の意を込めて話しかけてみたいなぁなんて思っています。

 


・旬の野菜

中国原産の野菜。江戸時代、現在の東京・江戸川区の小松川で栽培されていた野菜を将軍が食べて命名したといわれる。カルシウムが豊富

 


・旬の草花

菜の花

アブラナ類の花の総称。別名「菜花(なばな)」。花は黄色で、一面に広がる菜の花畑は春の風物詩。おひたしや和え物にも。

 


・旬の兆し

薄氷(はくひょう)

水面に薄く張った氷。身の危険な状態を、ことわざで「薄氷を踏むが如し」という。

「うすごおり」とも呼ばれる。

 

 

 

 

 

WEB予約

 

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.08更新

七十二候をお知らせします、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 

2月4~8日  東風凍を解く(とうふう こおりを とく)

⇒春風が東の方から吹き始め、厳しい寒さで凍っていた厚い氷の塊も解け始めます。

 

立春


立春とはいえ、外に出れば寒さはまだまだ厳しいですね!ですが、太陽の光は随分と眩しく、温かみをおびてきました。いよいよ春の到来です。

毎年のことなのに、「つい昨日まで冬一色だったのに…」と急激な春の気配に不意を突かれます。それと共に心は華やぎ、あれやこれやと新しいことを始めたくなったり、何かを一新したくなるのもこの頃。

また、「春一番は南風」と覚えているからか、“春風は南の方から吹く“と思っていましたが、実際には春風とは東や南から吹くのどかな風を指すそうです。

冬の気圧配置が崩れて春型になると冷たい北風がやみます。

そうして冷たいような暖かいような、どちらともいえない春を予感させる曖昧な東風が、

私たちを誘うように肌をなでていきます。何かしらに変化を求めてしまうのはそのせいかも。そわそわ、うずうず。気付くか気付かないかの頃の、恋の始まりに似ていますね。なーんて(笑)

 


・旬の野菜

ふきのとう

独特のほろ苦さと香りがある山菜。春の初めに食すれば、冬の間にたまった身体の毒素を出させる効果があるといわれている。

 


・旬の魚介

伊勢海老

伊勢湾でたくさん獲れたのが名前の由来。肉食性で、貝などは殻を砕いて食べる。高級食材で、正月飾りとしても使われる。

 


・旬の兆し

立春

二十四節気の一番初め。この日から立夏の前日までが春。寒さはまだまだ厳しいけれど、木々の新芽が見え始める頃。

 

 

WEB予約


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

前へ