staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.10.26更新

こんにちは、下地です!

本日は、冷えについて書いていきます。

 

・血行不良で冷え
・内臓から体温が下がっている
・体調不良で体温が下がっている

 

運動不足で筋力の衰え

筋肉はポンプのような役割を果たしています。血液を循環させるサポートをしているため、運動不足で筋肉が衰えるとポンプの役割が果たせなくなって血液がスムーズに循環しません。その結果、冷え性になってしまうのです。

特に足のふくらはぎにある筋肉は、「第二の心臓」と言われるほど血液の循環に貢献している存在です。運動不足の自覚のある人は、脚力の衰えにも注目してみてくださいね。

 

長時間同じ姿勢でいる
長時間ずっと同じ姿勢でいると、血液が上手く循環しなくなります。

長時間座っていると、足への血流が悪くなり足先が冷えてしまいます。さらに猫背の傾向がある人であれば、余計に下半身への血行が悪くなりがちです。ずっと同じ姿勢で仕事をする人は、1時間に1、2回立ったり歩いたりするクセをつけてみてください。

また、姿勢の悪さからくる冷え性はデスクワークの人に限ったことではありません。ずっと似た姿勢のまま立ちっぱなしで仕事をしている人も、血流が滞っています。立ち仕事の人は、たまに屈んだり屈伸をしたりして血流を促しましょう。

 

身体を締め付ける服装

身体にピタッと貼りつくようなタイトな服装を好んでいる人は要注意です。

身体を締め付けるような服装をしていると、血流が妨げられて血行不良になり、身体が冷えてしまいます。

冷えの気になる寒い季節などは特に、体温を逃がしまいと着た服装が逆に冷えを促進していることもあるのです。

・きつく締めたベルト
・窮屈なボタンのついた服
・閉じる位置を調整できない服
などが冷え性を悪化させやすいため気を付けてください。

 

貧血や低血圧である
立ちくらみ、めまい、頭痛などの症状が頻繁にある人は、貧血や低血圧の可能性があります。

血液の量が少なくなると、当然ですが身体中に満足な量の血液が循環しないため以下の症状がでやすいです。

・顔が青ざめる
・手先や足先がひどく冷える
・体温が下がる
といった冷え性の症状が出てしまうのです。

貧血は鉄分不足や生活習慣の乱れによって引き起こされます。健康的な食生活と生活習慣を心がけて、貧血を解消したいところです。

 

改善方法

・湯船に入る

・温かい食べ物、飲み物を摂る

・冷えている部分を温める

・定期的な運動、ストレッチ

・首、足首、お腹、手首は冷やさない

など、日頃の生活から気をつけましょう。

☆

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.10.24更新

こんにちは、下地です!!

今日は、頭痛の種類について書かせて頂きます。

 

①片頭痛

→脳の血管が拡張し、炎症を起こすことにより発生

 

症状

・脈を打つようにズキズキと痛む
・吐き気をともなうことがある
・光や大きな音で悪化する
・頭の片側が痛むことが多いが、両側が痛むこともある

 

改善

・光を避けて暗いところに行く
・頭部を冷やす
・痛みのあるこめかみを押さえる

・安静にする

 

※頭痛外来を受信して正しい薬を服用してください。

※注意

片頭痛は脳の血管が拡張することによって痛みます。温まると血管が拡張してしまうので、入浴や温めることは避けましょう。

 

②緊張型頭痛

→ストレスや首肩凝りなどで筋肉が緊張し、血流が滞ることによって発生

 

症状

・締め付けられるような痛み
・後頭部から首筋にかけて痛む
・肩こりや目の疲れ、めまいを生じることがある

 

改善

・体に負担がかかる体勢を避ける
・ストレッチをして体をほぐす
・首肩を温める

 

③群発頭痛

→目の後ろを通る血管が拡張し、炎症を起こすことにより発生

 

症状

・目の奥から側頭部にかけてえぐられるような激しい痛み
・痛みが一定期間継続して現れる
・毎日同じタイミングで痛みだす
・目の充血や鼻水を伴うこともある

 

改善

・禁煙
・禁酒
・急激な気圧の変化を避ける

 

※注意

群発期はアルコールを摂取するとほぼ確実に頭痛が起きるので、群発期間は必ず禁酒しましょう。また、急激な気圧の変化も血管を拡張させるので、飛行機などに乗る場合は必ず医師に相談しましょう。

 

☆

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.10.23更新

こんにちは、下地です!!

皆さん、季節の変わり目で体調くずしていませんでしょうか。

身体が重だるい、、胃腸の調子が悪い、、、

秋は、夏の疲れが表面化し症状が体に表れやすい季節です。

本日は、「腸の疲れ」についてご紹介したいと思います。

下記の症状がある方は「腸」が疲れている可能性大です!!

・身体が重だるい
・軟便や下痢、便秘を繰り返す
・食欲にムラがある
・肌に艶がない
・冷たいものの摂りすぎ
・食生活が不規則

腸が疲れていると免疫力が落ちます。

腸には、体の免疫機能の約60%を占めているからです。

そのままにしておくと慢性疲労になる可能性が大きいので、症状を感じたらしっかりとケアを行って下さい!!

〇食物繊維

食物繊維を積極的に摂りましょう。豆類やきのこ類などに多く含まれる不溶性と、海藻やりんご、こんにゃく、おくらなどに多い水溶性があります。特に水溶性のものは、便秘・下痢を問わず必要なので、積極的に摂取しましょう。

〇温める

湯船になるべく入るようにしましょう。温度は39~40が適切です。時間がない方は、足湯や就寝前にお腹周りを温めたり軽くマッサージするのがおススメです。

〇軽い運動

ジョギング、ウォーキングなど30分以上がおすすめです。

もし、時間ない方はご自宅でストレッチや筋トレなどをしてみて下さい。

〇睡眠

質の良い睡眠をとるようにしましょう。就寝前に好きな香りのアロマを焚く、音楽を聴く、ストレッチをするなど、自分に合ったリラックス方法を探し行ってみて下さい。テレビやスマートフォンはなるべく就寝30分前になったらいじらない方がよいです!

 

☆

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.10.09更新

こんにちは、下地です!

本日は、秋と東洋医学について書きたいと思います。

 

東洋医学では、秋の季節は、主に呼吸器系や肌に不調をきたしやすい時期です。

季節の外因「邪気」
秋の雨は、「湿邪」として倦怠感、関節の痛みを引き起こしやすくなります。乾燥が始まる「燥邪」は身体が乾き、水が不足するため、肌の乾燥や発疹・じんましん、肺がダメージを受けやすく、せきや呼吸器の症状が目立つようになります。

肺の働き
肺は全身に気"や"水"をスムーズに巡らせる役割。新鮮な気を吸い込み、汚れた気を吐き出します。気が広がらないと体表面のバリア機能が弱まり皮膚にも不調が現れます。

肺が弱ているとこんな症状がでます

→鼻水・咳・アトピー、アレルギー喘息・気管支炎・呼吸障害・息切れ・呼吸器症状、アレルギー疾患や風邪をひきやすくなるなど免疫力の低下としても現れます。

〇肌の乾燥には「梨」!!!

梨は、90%が水分です。肌の乾燥、喉が渇くなどの症状がでやすい秋にはぴったりの果物です。

また、辛みのものを積極的にとるのもおすすめです!

→生姜、にんにく、ネギ、にら、胡椒、唐辛子、わさびなど

これらのものは、気や水の流れを促進し肺の機能を助けてくれます。

※摂りすぎには注意してください。

〇秋は、冬を乗り越えるための身体づくりの期間でもあります。

軽い運動→朝の空気が澄んでいる時間帯にウォーキングやジョギング

呼吸法→腹式呼吸7回~10回(吸う→緊張神経、吐く→リラックス神経)

冬に向けて丈夫な身体作りをしていきましょう!

 

☆

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong