staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.10.25更新

こんにちは!

meilong恵比寿mana院

鍼灸マッサージ師の松元です。

 

皆さまは顎に常に力が入っていませんか?

患者さまの中に食いしばりに悩んでいらっしゃる方が多くみられます。


今回は食いしばりを緩めるケアをお伝えします。

日々のケアと鍼灸施術で緩めていきましょう。

 

かお

 


TCHとは

Tooth Contacting Habitの略で=上下歯列接触癖のことです。


食いしばりがある方、顎の筋肉が緊張していらっしゃる方は、リラックスしている時も常に上下の歯がくっついています。

全て接触している方も一部だけ接触している方もいますが、少しでも触れているだけで顎の筋肉は緊張してしまいます。

 

「え?これが普通でしょ?」
なんて思っていないですか?


通常リラックスしている状態では、唇は閉じていても上下の歯は脱力してくっついてません。

原因としては、お身体や精神的な緊張状態によるものや姿勢によるものが考えられます。

また常に顎を閉じてしまうので開けておく力がない方も多くみられます。

リラックスしている時には食いしばらない様毎日少しずつケアしていきましょう。

今回は口を開ける力に注目してケア方法をお伝えしていきます。

 

 

★開口保持練習★

指が縦に3本分入る大きさに口を開け、開けたままを保ちます。

そのまままずは5秒保ちます。

5秒保持をまずは3セット行いましょう。

 


普段から食いしばりの自覚がある方は開けておくのがきついと感じるのではないでしょうか?

だんだんと口が閉じていってしまいそうになりますね(^◇^;)


これを毎日、気がついた時にこまめに行いましょう。

開けておく力をつけておくことで、食いしばる頻度を減らしていきましょう。

5秒3セットに慣れてきたら、秒数を増やしていきましょう。

 

 

また、食事の際に気にしてみてください


片側だけで食べ物を咀嚼していないでしょうか?

きっと右側だけ、左側だけで食事している方がいらっしゃるかと思います。

これを片咀嚼と言います。


通常は両咀嚼でバランスよく左右の歯で咀嚼するのが理想です。


片咀嚼も左右の顎のバランスを崩して食いしばりの原因となってしまいます。


両側同じ様に咀嚼できる様心がけてみてくださいね!

 

食いしばりが気になる方は、小顔電流鍼がおすすめです。

ご相談お問い合わせはmeilong恵比寿院、meilong恵比寿mana院まで☆

ご来院お待ちしております!

 

松元がInstagramを始めました!!

お身体についての豆知識をお伝えしていきます!

ぜひフォローしてくださいね(^^♪

meilong松元Instagram

 

 

WEB予約

恵比寿院tel:0364128890
銀座院tel:08074605858

恵比寿mana院tel:0353154313

恵比寿院 Instagram

投稿者: Meilong

2020.10.20更新

皆さまこんにちは!

meilong恵比寿mana院

鍼灸マッサージ師の松元です。


今回はシリーズ3回目「足首編」と手軽にできる温め方法をお伝えします。

 


足首にも重要なツボがたくさんあり、月経不順や妊活に関する婦人科系のツボ、冷えに関するツボもあります。


足の冷えを放っておくと血流が悪くなりむくみや腓返りにもつながります。

上記の症状や腰痛、何か不調が続いているなと思った方は、足首だけでなくお身体の冷えているところがないか触ってみてくださいね。

 


皆様のお身体に触れて思うことは、足の冷えは女性のお悩みと思う方が多いかと思いますが、男性も足が冷えている方多いですよ!

ご自身で足を触ってみて冷えている様でしたら何か対策してみてくださいね。

 

あし
《温め方》

理想としては締め付けの少ない長めの靴下とフルレングスのズボンで過ごしていただきたいです。

さらにレッグウォーマーをしていただくと温かいです。


なるべく生脚でいることは避けてレギンス等で足首を守ってくださいね。

ストッキングなどお仕事柄、靴下を履いて過ごせないという方は仕事中は膝掛けをかけて冷えを防ぎましょう。

男性もスーツの下に薄手のレッグウォーマーを履いておくのも良いかと思います。

 

手首の回と同じく、バンダナや薄手のハンカチにカイロを包んで足首に巻くのもGOODです!

首・手首・足首を冷やさない様にしてお身体全体の冷えを防ぎましょう!

 

★手軽にできる温め方法★
・お灸

ヨモギの香りでリラックス!ツボを集中して温められます。

院内で1シート1100円で販売中。体調に合わせてツボもご紹介します。

お求めはスタッフまで☆

 


・ドライヤー灸

ドライヤーを温めたいところから20cm程離し、火傷しない様ドライヤーを振りながら温めてください。

オススメは首と肩の付け根、肘、手首、足首などの関節付近です。胃の調子が思わしくない時はお腹や背中を温めても良いです。

1人ではお灸のしにくいところを手軽に温められます。

 


・ペットボトル灸

ホットのペットボトルを買ったら首の後ろやお腹に当てておきましょう。

デスクワークの方は内腿の間に挟んでおくのもオススメです。

 


・湯たんぽ

最近は硬いプラスティックやブリキではなく、ゴムの柔らかい湯たんぽが出てきています。

デスクワーク中はお腹や膝に乗せて、寝るときにもお腹に乗せておきましょう。

自然な温度低下は入眠を促してくれます。

 


・カイロ

お身体の温めたい部位に合わせて、大きさや貼るタイプなどを選んで使ってください。

お洋服の締め付けによる低温火傷に注意です。大

きめの貼るタイプは、お腹や腰の体幹部に。暑くなったら外して調節してくださいね。

 


・肌着等

腹巻

ネックウォーマー、ストール

リストバンド、アームウォーマー

靴下、レッグウォーマー


冷えが気になる部位に合わせて選んでくださいね。

アウターに響かない薄手のものも出てきていますね!締め付けが少ないものを選びましょう。

 

 

・ストレッチ、ゆっくり大きく動かす

温めるだけでなく動かして血行促進しましょう!


フルフルと脱力しながら振る

ゆっくり大きく回す

大きく伸びをして全身を伸ばす

ぎゅーっと緊張させてからダラーンと脱力する

 

是非お試しくださいね(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

鍼灸で寒い時期を乗り切りましょう!

院内でお灸も販売中です♪

ご相談お問い合わせはmeilong恵比寿院、meilong恵比寿mana院まで☆

ご来院お待ちしております!

 

 

 

松元がInstagramを始めました!!

お身体についての豆知識をお伝えしていきます!

ぜひフォローしてくださいね(^^♪

meilong松元Instagram

 

WEB予約

恵比寿院tel:0364128890
銀座院tel:08074605858

恵比寿mana院tel:0353154313

恵比寿院 Instagram

投稿者: Meilong

2020.10.15更新

皆様こんにちは!

meilong恵比寿mana院

鍼灸マッサージ師の松元です^_^

 


今回はシリーズ2回目「手首編」をお伝えします。


首元は気にして温める方が多いかと思いますが、「手首」忘れていませんか?

 

デスクワークの方はパソコン業務で冷たい机の上に手首を付けていませんか?

 

デスクワークの姿勢は腕をほとんど動かさない上に、マウスやキーボードで指をよく動かします。

首肩こりの他に腕もパンパンになっている方が多くいらっしゃいます。

手首には首や肩に繋がるツボが多くあります。手先や手首が冷えることで、繋がっている首肩まわりも凝りやすくなってしまいます。

ストレッチはもちろんですが、手首を冷やさないように温めることも腕や首肩まわりの凝りの改善につながります。

血行不良になるのを防ぐ効果もありますので腱鞘炎の予防にもなりますね!

 

 

《温め方》

リストバンドやアームウォーマー、クッション付きのマウスパッドやキーボードパットなども手首の冷えを防ぐのに効果があります


また、冷えが強い方はお仕事中だけでなく、日常生活や寝る時にもリストバンドやアームウォーマーをつけて手首を冷やさないようになさってくださいね。

 

今お伝えしたのは保温の方法ですが、次は加温法です。

 手首

手首のツボにお灸をするのもおすすめです!

「養老」というツボは、首と肩の付け根にある「肩中兪」というツボに繋がっており、肩を緩めやすいツボです。

 

またバンダナや薄手のハンカチに使い捨てカイロを包んで手首に巻き付けるのも効果的です。

低温火傷に注意して温めましょう。

首肩こりにお悩みの方は手首にも目を向けてみてくださいね。

 

鍼灸治療と日々のケアで首肩凝りを改善していきましょう!

ご相談お問い合わせはmeilong恵比寿院、meilong恵比寿mana院まで☆

ご来院お待ちしております!

 

松元がInstagramを始めました!!

お身体についての豆知識をお伝えしていきます!

ぜひフォローしてくださいね(^^♪

meilong松元Instagram

 

WEB予約

恵比寿院tel:0364128890
銀座院tel:08074605858

恵比寿mana院tel:0353154313

恵比寿院 Instagram

投稿者: Meilong

2020.10.10更新

皆様こんにちは!

meilong恵比寿mana院

鍼灸マッサージ師の松元です(^^)

 


今回は3回に渡り「首を温める」をお伝えします。今回は「首編」です。


東洋医学では「冷えは万病の元」と言われています。

冷えはこりや血行不良の大きな原因にもなります。

 


頭がボーッとする、頭痛がある方は実は首と肩の付け根が凝り固まっている方が多くいらっしゃいます。


頭と首の付け根が辛い方も、実はその下の首と肩の付け根も凝り固まっていらっしゃる方が多いです。頭に近い箇所を温めても頭がぼーっとしやすくなってしまう為、肩と首の付け根を冷やさない様にしましょう。

 首


《服装》

だんだんと秋を飛ばして冬になりつつある季節になり、首元が冷気の影響を受けやすくなってきました。

電車の中も換気のために窓が開いており首元が寒くなりがちです。


首がつまった洋服やタートルネックを着たり、外出される際はマフラーやストールをお持ちになってくださいね。


冷やさない服装を心がけるだけでも、首肩こりの改善につながります。

 


《温めて欲しい箇所》

先ほどもお伝えした様に、首の上の方を温めると頭がぼーっとしやすくなってしまいます。

温めて欲しい箇所は首の後ろの下半分から肩にかけてです。

 


《温め方》

まずは保温!

首の詰まっている服装、フード付きパーカーも○

ストール、マフラーネックウォーマー


それでも寒い場合は温めましょう

カイロ

温かいペットボトルを当てる

ドライヤー灸(詳しいやり方は後日の投稿で!)

 


頭痛や首肩こりの予防だけでなく、風邪のひき始めの背中のゾワゾワにも有効です!

鍼やお灸も免疫力を高め、首肩こりにも効果があります!

日々のケアとmeilongでのメンテナンスで、頭痛・首肩こりを予防していきましょう♪

 

ご相談お問い合わせはmeilong恵比寿院、meilong恵比寿mana院まで☆

ご来院お待ちしております!

 

松元がInstagramを始めました!!

お身体についての豆知識をお伝えしていきます!

ぜひフォローしてくださいね(^^♪

meilong松元アカウント

 

 

WEB予約

恵比寿院tel:0364128890

銀座院tel:08074605858

恵比寿mana院tel:0353154313

恵比寿院 Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong