staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.10.29更新

こんにちは!

 

meilong恵比寿mana院 院長鍼灸師、柔道整復師の立野です(^_^)

 

今回は目の充血について書かせていただきます。

 

 

目の充血が起こる理由は

目の炎症、疲れが原因で目の血管が膨らんだ状態になっているからです。

 

普段血管はとても細く見えてませんが血管が膨らむと目立つようになり目の表面が赤く見えます。

 

目の炎症が原因の場合

目にゴミやまつげなどが入る。あるいはアレルギー症状(花粉など)の刺激を受けると結膜が異物を排除しようと炎症反応が起きます。

 

目の疲れが原因の場合

お身体と同じで目の疲れが出ると回復するために酸素などの栄養が必要になります。

そのため酸素や栄養を運ぶ量を増やすために血液量が増え、血管が膨らんでしまい充血してしまいます。

 

 

ここで充血のケアについてです。

 

①目の中にある異物、汚れを取り除く

これは私も使ってますがアイボンなどは目にいい成分を使用しており汚れが落ちてくれるのでオススメです。

水道水で洗うのも1つの手かもしれませんが塩素があまりよくないため個人的にオススメしません。

 

②アレルギーの場合はしっかり処方されたお薬、目薬を使用する。

やはり個人差が起きますのでしっかり眼科やアレルギー科で診てもらった際のお薬や目薬をオススメします。

 

③鍼灸治療

そして鍼灸治療です。

 

私は花粉症ではなくアレルギー性鼻炎ですが鍼を自分に行って症状が緩和されました。

ただアレルギー反応を抑制する意味合いでの施術は根気強くやっていく必要があります。

 

理由として

 

腰痛や肩こりと違いその場での改善がわかりづらく定期的に通って数か月で改善してきたかわかってくるためです。

 

しかも数か月後には自分のアレルギー(ヒノキやスギなど)の時期が終わっていたりする場合があり最終的に鍼灸治療の効果だったのか、、、

 

という所が曖昧になってしまう事があります。

 

なのでぜひ日頃から定期的に鍼灸治療を受けて頂けると良いかと存じます。

 

また目の周りや手、足などに眼精疲労を緩和するツボがございますのでそのようにしてアプローチをしていくこともできますのでぜひ鍼灸治療を受けてみてください!

 

 

ご購読ありがとうございました!

 

 123

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

銀座院

tel: 08074605858

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院Instagram

 

meilong official Instagram

 

投稿者: Meilong

2020.10.15更新

こんにちは!

 

meilong恵比寿mana院 院長鍼灸師、柔道整復師の立野です(^_^)

 

今回は前回の年齢①で書かせてもらった内容の東洋医学の用語について書かせていただきます!

 

 

・肝気

 漢字の通り肝臓の気のことです。

肝は西洋医学的に言う肝臓も含め、自律神経、ホルモン系の調節機能、血の貯蔵、精神機能などを有し、これらの機能を総称して肝気と言います。

全身への気を良く巡らせる働きをします。

このため肝気が衰えると精神的にイライラしたりストレスが溜まりやすくなります。

 

 

・心気

 漢字の通り心臓の気のことです。

心は心臓も含め全身への血流を促すと同時に全身への栄養を流してると考えます。

なので心気の衰えは動悸や息切れなどの症状が出てきます。

 

 

・脾気

 漢字の通り脾臓の気のことです。

脾は消化器官などをサポートしており脾気不足すると吸収能力や栄養代謝の低下が出てきます。

つまり脾気が虚弱になるとは食欲や疲労倦怠、無気力などの症状が現れてくるということです。

 

 

・肺気

 漢字の通り肺の気のことです。

肺は呼吸機能で酸素を取り込んでます。

その機能が低下してしまうと酸素を十分に体に巡らせることができずそれぞれの機能が低下してしまいます。

そして肺気が虚弱になると汗を溜める作用が弱まり自然と汗ばみ体を冷やしてしまいます。

その後、風邪が引きやすくなり咳などで肺の負担が増え悪化しやすくなってしまいます。

肺は皮膚と密接に関係しており皮膚も呼吸してるため肺が脅かされると皮膚が乾燥してきます。

 

 

・腎気

 漢字の通り腎臓の気のことです

腎臓は塩分と水分の排泄量をコントロールして血圧を調節しています。

このため腎の気が減少するとめまいや聴力の衰退、排尿困難や多尿、性機能減退などの症状が現れます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

前回のブログで使わせてもらった東洋医学の用語を実際にはもっと深い内容ですが私なりに噛み砕いて書かせていただきました。

 

鍼灸治療ではそれぞれのツボに効果があり

気が虚弱になっている所を補う手技がございます。

 

それぞれ患者さんに合わせて東洋医学的なツボを選択し、患者さんに合わせて虚(弱ってる)状態の所へアプローチできます。

 

ぜひ日々の疲労や頑張ってる自分へのご褒美や将来、若々しくいる自分への投資として鍼灸治療を受けてみてください(^^)

 

ご購読ありがとうございました!

 ttt

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

銀座院

tel: 08074605858

恵比寿mana院

tel:0353154313

 

恵比寿院Instagram

 

meilong official Instagram

 

投稿者: Meilong

2020.10.01更新

こんにちは!

 

meilong恵比寿mana院 院長鍼灸師、柔道整復師の立野です(^_^)

 

私ごとではございますが先月誕生日を迎えさせていただきました!!!

 

生まれた頃は2400グラムだったのに今ではこんなに大きくなってしまいました、、、

 

 

 

 

 

 

はい。。。ダイエットします、、、

 

 

って前置きはさて置き

 

歳を重ねるごとにできることが減っていってますよね?

・食事の量が減った

・お酒が残りやすくなった

・オールができなくなった

・ちょっとしたことで息切れが、、、

などなど

 

そこで今回は東洋医学の教科書とも言える文献の『黄帝内径』から年齢について書かせていただこうかと思います。

 

さて、女性は7の倍数、男性は8の倍数で節目を迎え体に変化が訪れると聞いたことはありますでしょうか?

 

この内容は黄帝内径から取られた内容です。

 

 

もちろんあくまで個人差はありますが

 

tt

 

女性の場合

 

7歳 永久歯に生え替わる

14歳 初潮を迎える

21歳 女性の体ができあがる

28歳 女性としての体がもっとも充実する

35歳 容姿の衰えが見え始める(顔がやつれ始めた、髪も抜けやすくなる)

42歳 白髪が目立ち始める(顔のシワご目立つ、心身の不調が怒りやすくなる)

49歳 閉経。(閉経前後の不定愁訴が起こりやすくなる)

50代 肝気が衰え始める

56歳 イライラ、目の疲れ、体力の低下が起こりやすくなる

60代 心気が衰え始める

63歳 動悸、息切れ、慢性疲労、不眠が起こりやすくなる。

70代 脾気が虚弱になる

70歳77歳 食欲不振、胃腸虚弱、便秘・下痢が起りやすくなる

80代 肺気が虚弱になる

84歳 風邪を引きやすくなり、皮膚の乾燥、咳が起りやすくなる

90代 腎気が減少する

91歳 平均寿命も超えてとても素晴らしい長寿です

 

 

 

t

 

 

男性の場合

8歳 永久歯に生え変わる

16歳 精通を迎える

24歳 男性の体ができあがる

32歳 男性として体がもっとも充実する

40歳 衰えが見え始める(抜け毛、歯のトラブルが起りやすくなる)

48歳 白髪が目立ち始める(顔にシワがより、白髪が増えやすくなる。疲れが取れにくくなる)

50代 肝気が衰え始める

56歳 イライラ、目の疲れ、体力低下が起りやすくなる。生殖能力が衰える

60代 心気が衰え始める

64歳 動悸、息切れ、慢性疲労、不眠が起りやすくなる

70代 脾気が虚弱になる

72歳 食欲不振、胃腸虚弱、便秘・下痢が起りやすくなる

80代 肺気が虚弱になる

80歳 風邪を引きやすくなり、皮膚の乾燥、咳が起りやすくなる

88歳

90代 腎気が減少する

96歳 平均寿命も超えてとても素晴らしい長寿です。

 

上記の様に変化が訪れると言われてます。

 

私の場合、24~32歳の間なのでとても良い時期なはずなのに疲れが溜まりやすくなってる気がします。

 

そんなときには他の先生方にお願いしてメンテナンスをしてもらってます。

 

鍼をすると睡眠の質が上がりスッキリするのと

 

痛みのあるところが緩和されてとても仕事に集中でき、プライベートでもお出かけするのが億劫になりません!

 

改めてこの道に進んで良かったなと感じますし

 

この鍼の素晴らしさを皆様にも体感していただきたいなと思います。

鍼は様々な事に効果があり

 

痛み・疲れ・慢性疲労・不眠・体質改善

 

などなど

 

細かく書いていくとキリがないので大まかに書かせていただきましたが

 

ほとんどのお身体の不調に効果があります。

 

もちろん効果には個人差が出てきます。

 

全く合わないって方もいらっしゃいましたが私が診させていただいた患者さまでも一人だけでした。

 

ほとんどの方が改善したと言っていただけてるのでぜひいらしてください(*^^*) 

 

次回は今回のブログの内容にある東洋医学の用語について書いていきます。

 

 

ご購読ありがとうございました!

 

 

 

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890

銀座院

tel: 08074605858

恵比寿mana院

tel:0353154313

恵比寿院Instagram

 

meilong official Instagram

 

投稿者: Meilong