staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.07.30更新

 

 

こんにちは。

鍼灸師、柔道整復師の立野です。

本日は緊張性頭痛と急性の頭痛について書かせていただきます。

緊張性頭痛は筋膜性頭痛とも言われます。

筋膜性と呼ばれるのも首肩周りの筋肉が凝り固まったり張ってたりする影響で頭痛になってしまうことを言います。

痛み方としてはギューッと締め付けれるような感じで頭重感を伴います。

傾向的には朝より夕方が辛い事が多く横になると楽になったり、お休みの日には感じづらい方がいらっしゃいます。

辛くなる場所は全体的に辛い方、部分的に辛い方両方いらっしゃいます。

痛みの度合いは我慢はできるけど、、、という方が多く見受けられます。

無理な姿勢、過度な緊張やストレスなどが関係してくるのと、患者さんのお話を聞くと机の高さ、椅子の高さ、パソコンの画面の高さが合ってない方が多いと思います。

鍼灸治療でもケアできますが、ご自身でもケアできることからやっていくのもありだと僕は考えます。

ご自宅でのケアは睡眠時間、質を高め、ストレッチなどを行って首肩周りの筋肉を動かす事をオススメします。

 

続いて他の病気が原因で起こる頭痛についてです。

①クモ膜下出血や脳出血共に急激な激しい痛みを伴います。

出血が多ければ命にも関わってくるのと一命を取り留めても麻痺が残る可能性があるので定期的な検査で脳動脈瘤ができてないかなど調べる必要があります。

クモ膜下出血は脳動脈瘤の破裂などにより血管が破け、クモ膜の内側に出血するものです。

急激な激しい頭痛を感じ『いきなりバットで後ろから殴られたような』頭痛がおきます。

嘔吐やけいれん発作も見られることがあるため早急に医療機関の受診が必要です。

脳出血は血管が破れ脳内に出血し内側から圧迫してる状態です。

これにより脳神経に影響がでて手足の痺れや運動障害が出てくるのでこちらも早急に医療機関を受診してください。

脳動脈解離は交通事故、スポーツなどの外傷で首を過度に捻ったり伸びすぎたりすると椎骨動脈や脳内の動脈の壁に亀裂が生じ、頭の上の方から後頭部にかけて痛みがでます。

このように脳内の出血からくる突然の強い頭痛はとても危険ですので早急に医療機関に連絡、受診してください。

 

②脳腫瘍からくる頭痛

脳腫瘍は無症状のこともあり大きくなると重い感じや痛みが出てくるので日に日に強くなる頭痛はご注意ください。

③高血圧からくる頭痛

高血圧は自覚症状などありませんが高血圧になると血管が固くなり脳出血の可能性が高くなりますのでご注意ください。

特に数字の大きい方が200、小さい方でも100を超えてる場合はお医者さんに早めに相談してください!

他にも頭痛が起こる原因はありますが今回はこのぐらいにさせていただきます!

当院をご利用していただける際は自分の頭痛がどんな感じかいつからどのような痛みなのかお伺いさせていただきますのでよろしくお願い致します。

ご購読ありがとうございました。

 

 

tt

WEB予約

 

 

 

 


恵比寿院

tel:0364128890

 


銀座院

tel: 08074605858

 

 


恵比寿mana院


tel:0353154313

 

 

恵比寿院Instagram

 

 

 

meilong official Instagram

 

 

 

 

投稿者: Meilong

2020.07.16更新

 

こんにちは!


鍼灸師、柔道整復師の立野です。


本日は血管性頭痛の1つ群発性頭痛について書かせていただきます。


群発性頭痛は片方に出現し、早朝に起きやすい傾向にあります。


目の奥が痛くなり、目の充血や流涙、鼻閉などが特徴です。


痛み方が『目をえぐられたような、キリで刺されたような』と表現される方が多くとても激しい痛みのため発作中は痛みでジッとする事が難しく動き回ったり頭をぶつけて群発性頭痛の痛みを緩和させようとしたりする方もいらっしゃいます。


一日30分~数時間くらい痛みが続きます。

 

このような痛みが一定期間、1ヶ月~2ヶ月続いた後、一旦収まります。ただしばらく経つとまた同じ痛みが出現し、群発します。

男女比などで言うと20代~40代の男性が多いのが特徴的ですが女性の患者様もいらっしゃいます。

 

原因は目の後ろを通ってる内頚動脈が拡張し炎症が起こる影響で目の奥が痛むことが考えられてます。
アルコールなどの飲酒がきっかけになることが多いので飲み過ぎには注意されてください。

ご購読ありがとうございました。

 

tt

 

WEB予約

 

 

 

 


恵比寿院

tel:0364128890

 


銀座院

tel: 08074605858

 

 


恵比寿mana院


tel:0353154313

 

 

恵比寿院Instagram



 

 

meilong official Instagram

 

 

 

投稿者: Meilong

2020.07.02更新

こんにちは。鍼灸師、柔道整復師の立野です。

今回は頭痛について書いて行きます。

今年の梅雨は長引きそうと天気予報で言っていたので頭痛や重ダルさなどで悩まれる方が多いかと思います。

そこで今月は頭痛の種類やそれぞれの特徴、ケアについて書いて行きます。

僕の主観や僕の考えなどが入ってるのでご了承ください。

 

①タイプまず頭痛は大きく分けて2つのタイプがあり

1つは『ガンガン、ズキズキ』とした脈拍、拍動性の頭痛

もう1つは『ギューッ』とした重く締め付けられるような頭痛

です。

②頭痛の種類まず急性と慢性があり

急性は今まで頭痛がなかったのにもかかわらずいきなり頭が痛くなること

慢性は定期的に頭が痛くなること

です。

特に急性の頭痛は脳の血管が破れたり血栓や空栓などによりクモ膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳塞栓などの可能性があるので直ちに緊急病院に問い合わせ、脳外科がある病院やかかりつけ医に相談することオススメします。

また雷が落ちたように『ドンッ』とした激しい頭痛は雷鳴性頭痛と呼ばれこちらも医療機関に受診することが必要です。

 

慢性の頭痛も日に日にひどくなっていく場合と軽い痛みでも突然現れた場合は医療機関に相談しても良いと思います。

慢性頭痛は大きく血管性頭痛と緊張性頭痛(筋膜性頭痛)があり

血管性頭痛は片頭痛、群発性頭痛があり

緊張性頭痛は筋膜性頭痛があります。

稀に混合型の血管性頭痛と緊張性頭痛が合わさった方もいらしゃいます。

頭の表面がビリビリするような痛みは神経が原因の可能性があるので頭痛ではなく頭部神経痛と呼ばれたりします。

次回はそれぞれの頭痛に、ついて書いて行きます。

 

ご購読ありがとうございました。

 

 tt

WEB予約

 

 

 

 

 


恵比寿院

tel:0364128890

 


銀座院

tel: 08074605858

 

 


恵比寿mana院


tel:0353154313

 

 

恵比寿院Instagram



 

meilong official Instagram

 

 

 

投稿者: Meilong