staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.12.17更新

こんにちは、山添です。

本日は「交代浴」について書きたいと思います!!

 


意外と知られていない交代浴。。。

少し前までは半身浴がダイエットや美容によいと人気でした。

これからは温冷交代浴が主流になるかもしれません。

 


*血行を良くする効果

ただお風呂に入るだけでも十分血行は良くなりますが、

熱いお風呂と冷たい水、交互に入ることでさらに血行が良くなるんです。

まず熱いお風呂に入ると、血管が拡張します。これは体温を外に逃がそうとするためです。そして次に冷たい水を浴びると、今度は身体から熱を逃がすまいとして、血管が収縮します。

血管の拡張と収縮を繰り返すことで、それがポンプのような働きとなって、血流を良くしてくれる効果があるのです。

 


*冷え性やむくみの改善にも

血行が良くなれば、当然体温も上がってきますし、全身の巡りが良くなります。女性に多い冷え性やむくみなどの改善にもつながります。

冷え性の方は、ただ湯船につかるよりも冷たい水も間に取り入れた方が、さらに血行を促進して身体が温まりますよ。

 


*血行不良からくる肩こりや腰痛の改善

肩こりに悩まされている女性は多いでしょう。姿勢の悪さなど原因は色々あるものの、血行が悪くて筋肉が冷えていることもその一つです。

温冷交代浴で血行を促進することで、冷えや血行不良からくる肩こりなど身体の不調を改善する効果が期待できます。

 


*巡りを良くして疲労回復効果

身体の巡りが良い人は疲れにくいのですが、それは老廃物など体にとって不要なものがすぐに排出されるからです。

温冷交代浴をすると血行が良くなるので、老廃物などの排出も早くなるんですね。

身体の巡りが良くなることで疲労物質をスムーズに取り除くことが出来るので、疲れも取れやすくなります。

 

 

 

*自律神経のバランスを整える

温かいお風呂に入ると自律神経の副交感神経が優位になってリラックスします。逆に冷たい水にはいると交感神経が刺激されて身体が興奮状態になります。

ストレスや疲労で自律神経のバランスが乱れてしまっている人は、どちらかが活発になりすぎてうまく切り替えが出来なくなっています。

温冷交代浴によって強制的に自律神経を切り替えることで、どちらの働きも良くすることが出来、バランスがとれるようになるのです。

自律神経のバランスとホルモンバランスは密接な関わりがあるので、同時に女性ホルモンの乱れも整える働きが期待できますよ。

 


*寝つきが良くなりぐっすり眠れる

自律神経と睡眠は非常に関係が深く、自律神経のバランスが乱れていると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

温冷交代浴で自律神経を刺激することで身体のリズムが整ってくるので、自然と夜はぐっすり眠れるようになり、朝の目覚めも良くなります。

体内時計のリズムが整うと疲労も回復しやすくなり、身体が軽くなりますよ。

 


*代謝を良くしてダイエット効果

血行が良くなると体温が上がるので、冷え性を改善するだけでなく、基礎代謝量をアップする効果も期待できます。

代謝が良くなれば消費カロリーが増えますから、痩せやすい身体を作るというダイエット効果が得られるでしょう。

 


*湯冷めしにくくなる

冷え性の人はせっかくお風呂に入ってもすぐにまた手足が冷たくなってしまう、という場合が多いと思います。

それは、お風呂で温まったままの状態で浴室から出てくると、血管がまだ広がっているために身体の熱が放出され続けているからです。ですから、手足の先からどんどん冷えてきてしまうのです。

そんな時こそ温冷交代浴が役に立つんです。

温冷交代浴は最後に「水」で締めて終わります。そうすると毛穴は閉じ、血管も収縮した状態になっていますよね。

しかし身体は芯から温まっていてぽかぽかの状態です。熱を放出しづらい状態になっているので、その熱をしっかり身体の中に閉じ込めておけるというわけです。

水を浴びることで一時的に身体の表面は冷えますが、身体の中がしっかり温まっているので、徐々に手足も温まってきます。

また、毛穴が閉じているため、夏はお風呂上がりでも汗が出にくい、という効果もあります。

 


*肌の張りもアップする

温冷交代浴は美容への効果も期待できるです。それはやはり、血行が改善されるからです。

肌のくすみやたるみは血行不良や冷えとも関連しています。身体と同じ、顔も冷えていると肌に必要な栄養素や酸素がきちんと運ばれてきません。

それによって新陳代謝が悪くなって新しい肌が作られにくくなったり、肌がくすんだりするのです。

温冷交代浴で血行を促進すれば、血色も良くなって肌がワントーン明るくなり、また温冷の刺激によって毛穴を引き締める効果も期待できるので肌の張りもアップするでしょう。

温冷の刺激はアドレナリンなどのホルモンを分泌するので、ストレスの緩和にもつながります。

お風呂でストレスを軽減できることも肌によい理由の一つです。

 


*免疫力の向上

温冷の刺激によって、コルチゾールやアドレナリンというホルモンが分泌されることが分かっています。

これらのホルモンは抗ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスへの抵抗力を高める他、

 


*スポーツのパフォーマンスを上げることが出来る

温冷交代浴は、疲労を回復させるだけでなく、スポーツのパフォーマンスを向上させる効果も期待されています。

オーストラリア国立スポーツ研究所の実験によると、温冷交代浴によって筋肉痛を緩和したり、ケガの予防など筋肉の回復をサポートする働きがあることが分かった、ということです。

 


次回は交代浴に正しい行い方について書きたいと思います!!

 

交代浴

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.12.07更新

こんにちは、山添です。

 

本日は自律神経について書きたいと思います!!

 


自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことです。

 

そんな、健康を維持するためにとても重要な自律神経のしくみとは? はたらきとは? についてわかりやすくお伝えします。

 


意識してもできないことをコントロールする自律神経

手を動かす、足を動かす、ということは意識すればできます。

逆に、腸を動かそうと思ってもできませんし、エイッと血液を流すこともできません。

この“意識してもできないこと”はすべて自律神経がつかさどっています。

内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を回収する、などです。

 

正反対の2つの神経からなる
自律神経は、正反対のはたらきをする「交感神経」と「副交感神経」の2つからなり、この2つがバランスよくはたらくことで、健康状態を保っています。

そして今、「自律神経」が乱れていることが原因となって、さまざまな不調があらわれています。

疲れがとれない、眠れない、肩がこる、といったものから大きな病気にいたるまで、自律神経の乱れが原因であると考える人が増えています。

また、不調に悩む方自身も「ストレスで自律神経が乱れているのが原因だわ。」と理解している人が増えています。

 

 


交感神経と副交感神経

自律神経は、
•交感神経(活動モード)
•副交感神経(休息モード)

という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。

交感神経とは?

交感神経がはたらくのはおもに昼間。活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらきます。

仕事・家事・育児・運動・勉強などをしている時ですね。

心拍数は増えて、筋肉がかたくなって、血管は細く収縮します。活動モードになっているので、すぐに反応できる体勢になっています。

仕事の指示をうけて臨機応変に動けるのも、家事をパッパッとこなせるのも、スポーツで相手の動きに瞬時に反応できるのも、

交感神経がはたらいているおかげです。

 

副交感神経とは?

逆に副交感神経がはたらくのはおもに夜。

眠っている時がはたらきがピークですが、そのほかにも、食事中、お風呂にはいっている時、ゆったり気分でリラックスしている時にはたらきます。

心拍数は落ち着いて、筋肉もゆるんで、血管もふわりと広がります。

胃や腸などの消化器系の動きがさかんになって、栄養の吸収や老廃物の排出が促進されます。

つまりは、新陳代謝、疲労の回復、ケガなどの修復をおこなって、元気な体に戻す作業をする時間です。

気分的にもゆったりのんびり。マッサージされてトロ~ンと気持ちよく眠たくなっている時などは、

副交感神経が最高にはたらいている時間ではないでしょうか。

 

バランスを調整しながらはたらく

「100」か「0」かではない

とはいえ、「仕事中だから交感神経しかはたらいていない」、「眠っているから副交感神経しかはたらいていない」というものではありません。

仕事中は、交感神経が70%で副交感神経が30%。ぐっすり眠っている時は、交感神経が10%で副交感神経が90%。

といったイメージですね。

ちなみに、緊張やストレスを感じると交感神経が強くはたらきます。

現在、交感神経が優位な方がとても多いです。

 

マッサージや鍼灸で少しでも副交感神経を優位にしていきましょうね。

 

自律神経

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong