staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.11.18更新


それでは前回に引き続きまして

食生活についての紹介をさせて頂きます(*'ω'*)

 


実は個人的にですが、。

11月25日に食生活アドバイザーの資格試験を受けにいってきます!

食べることが大好きなので、そのまま食事の勉強を始めてみるのはとてもたのしかったです。あともう少しで試験なので、追い込んでがんばります\/

 

 

 

 


ーーー

 

 

 

 


では、食生活についてですね。

ニキビに即効性のある食事は残念ながらないのでは…と、今現在は考えております。、

 

 

 

ニキビになりやすい食生活は、

高脂質、高糖質のなメニューをたくさん摂取していることが多いです。、

加えて言いますと 、高糖質の摂取はお肌の『たるみ』『くすみ』にも影響がありますので 皆さんお気をつけください(´;ω;`)

 

 

 

では、実際にどんなものが高脂質、高糖質なのかをご紹介します。

 

 

 

ずばり!

欧米的なメニューが高脂質and高糖質になります。

そう、美味しいものは 体には負担がかかるのです…

 

 

 

3食のカロリーを消費するだけで

内臓はフルマラソンをはしったくらいの負担がかかってしまうと言われています。

 

 

 

さらに!

消化するのにエネルギーを費やす

高脂質 高糖質のものを食べると

身体の消化機能はキャパオーバーになってしまいます。

 

 

 

すると…

消化されなくなった毒素は

お肌を通して 外に出ようとします。、

それがニキビの1つの理由とされています。

 

 

 

お肌トラブルの原因は多々ありますが

外からの刺激 または

内からの刺激にお肌は反応をしてしまいます。、

 

 

 

 


ーーーー

 

 

 

 


なので今回は数ある食事療法の中でも

私が実際に行いやすかったものを紹介させて頂きます!

 

 

 

 


やり方はとっても簡単

投稿者: Meilong

2018.11.17更新

こんばんは、石鍋ですnico

 

今回はマッシュルームについて書いていきます!

 

自然栽培のマッシュルームの旬は10~12月ですが、ほとんどが人工栽培なので一年中おいしく食べることができますmeal

 

マッシュルームの色による違い】
カサの色の違いでホワイト種、オフホワイト種、クリーム種、ブラウン種がありますが、成分に違いはありません。


・ホワイト種
純白の外観が美しいので、生食として多く使われます。
・オフホワイト種
やや灰色がかった白色で、ホワイト種と似ています。
ホワイト種と同じように生食として多く使われています。
・クリーム種
淡褐色で中型のカサのものが多く、加熱用として好まれています。
・ブラウン種
褐色で大型のカサで、クリーム種と同じように加熱用として主に用いられます。

グルタミン酸が多く含まれ、味は濃く香気にも富んでいます。

 

マッシュルームはうまみ成分である「グアニル酸」がシイタケの約3倍含まれています!

 

マッシュルームによる健康効果】
・むくみ、高血圧予防
マッシュルームに含まれているカリウムには、利尿作用があるため、ナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果があります。
また、体内の余分な水分が排出されることで、むくみを防ぎます。

 

・便秘予防
マッシュルームに含まれる食物繊維は、100gあたり約2.0gです。1日の食物繊維摂取量の目安が、成人男性は約19g、成人女性は約17gなので、マッシュルームだけを食べれば足りるという量ではありませんが、他の食材で不足している食物繊維を補うことができます。
普段からいろいろな食材の食物繊維と合わせてマッシュルームを摂ることで、便秘を予防することができます。

 

・エネルギー補充
マッシュルームに含まれるビタミンB1には、糖質を体内でエネルギーに変える代謝を助けてくれます。ビタミンB1が不足すると糖質をうまくエネルギーに変えることができず、体が疲れやすくなります。
体が疲れやすい人は、マッシュルームなどでビタミンB1を補給してみて下さい。

 

・体を強くする
リンは、カルシウムの次に体内に多く含まれている成分です。
リンが不足すると体内の代謝が低下し、疲労感が強くなり、筋肉が弱ります。マッシュルームに含まれているリンには、体を強くしてくれる働きがあります。

マッシュルーム

 マッシュルームは栄養価が高いと同時に、きのこの中では唯一生でも食べれるので、サラダや炒め物まで様々な料理を楽しめる万能食材です!

毎日の食生活にマッシュルームを取り入れてみてはいかがでしょうかlight bulb

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.11.15更新

こんばんは(*'ω'*)

加倉井です~

 

 

もう最近は患者さんが来院されるたびに、

「寒いですねえ・・・」

としか、言えません。、

 

本当に急に冷え込みましたよね!泣

冷えや乾燥におきをつけくださいませ。

 

-------------

 

では今回は、現在私自身も悩んでいる

『ニキビ』について少し紹介をさせて頂きます!!!

 

 ニキビ

 

私自身 もともと乾燥肌ですが、

最近ニキビができるようになりました・・

ニキビって痛いし、跡には残るし最悪ですね。、

 

私が今現在、原因に思っていることは2つあり

1マスクを着用することになった

2食生活の変化 が今現在私が思っているニキビが起こりやすくなっている原因です。、、

 

 

 

今回はマスクについての事を紹介しますね!

今まで働いてきた鍼灸院のきっと数倍近い時間、マスクをしている時間があります。

 

 

 


皆さん、冬になってきてマスクをし始めてた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では、すっぴんお肌を隠すため 肌荒れを隠すため ファッションのため・・?

と色々な用途で使われているマスクですが、実はこのマスクとっても菌が繁殖しやすいお肌を傷つけやすい環境に追い込んでいる可能性が大なのです・・・

 

 

まずは菌が繁殖しやすい環境というのは

自分の息や、密閉空間になるので蒸れてきますね。

そんな環境はアクネ菌というニキビの原因になる菌が繁殖しやすいです。

 

また蒸れて柔らかくなったお肌を、

マスクがすれて傷つけてしまいます(´;ω;`)

化学繊維がこすれてしまうと、

あっという間にお肌の一番上の表皮は傷ついてしまい菌が入りやすい状況になってしまいますね。

 

 

お肌は何層にも重なって構成されていますが

一つ一つの皮はラップと同じくらいの薄さと言われています。

なので、洗顔をするときはたっぷりの泡で優しく洗うようによくいわれているんですね!

 

 

マスクでこすれた傷ついたお肌に、

繁殖しやすい環境をマスクを装着することで与えているのです・・

まさに負の連鎖!!!

 

 

また、+α予防策としましては

髪の毛が顔に触れないようにすることです!

実は1日中過ごした髪の毛は、足の菌と同じくらい

たくさんの菌が付着しています。

なので、髪の毛がお顔にかからないようにすることもオススメします。

 

 

 

とはいえ・・

マスクをしないように生活をするのはなかなか難しい。、

私も施術中はマスクはしたいです。。。

そんな方は、お肌力を高めるしかありません!!!

次回は食生活についてのお話しをしていきますね(*'ω'*)♡

 

 

なお、ニキビについても鍼灸治療での効果は充分望めます。

そもそも鍼には鎮静効果があり、血流促進作用にってお顔周りの毛細血管の循環をどんどん高めていき 結果的にはニキビ跡になってしまったお肌でも時間はかかりますが、綺麗なお肌になることは可能です!

興味のある方は是非下の予約ページからご相談いただけると幸いです。

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.11.14更新

こんにちは、下地ですni

秋、冬の季節は、肌の乾燥が気になる女性が多いかと思います。

乾燥肌になると、、、

化粧のノリが悪い、かゆみがでる、肌荒れを起こす、などの悩みが出てきます。

これからの時期を乾燥肌の予防をしてのりきりましょう。

まずは、乾燥肌の原因です。

乾燥肌は肌のバリア機能が低下するころにより発生します。

〇バリア機能低下の原因

肌のターンオーバーの乱れ
健康な肌は、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーによって常に新たな細胞に入れ替わり、バリア機能が保たれます。

ターンオーバーが遅れたり早すぎるとバリア機能低下につながります。

冷房・暖房の長時間利用による空気の乾燥
エアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまう仕組みのため、長時間使用により空気は乾燥します。空気が乾燥すると、肌のバリア機能は低下しやすくなります。

紫外線によるダメージ
肌の一番外側にある角質層はストレートに紫外線のダメージを受け、皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。

・間違ったスキンケア法、入浴法
ナイロンタオルなどによる洗いすぎ、こすりすぎや洗浄力が強すぎるものでの洗浄によって、皮膚のバリア機能が低下することがあります。また、42度以上の高温の湯は肌から必要な脂質を奪い、バリア機能を低下させます。

ビタミンB群の不足
栄養が偏り、ビタミン類が不足すると肌に悪影響がでます。特にビタミンB群は、肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあり、不足するとターンオーバーが乱れ、バリア機能低下につながります。

加齢による皮脂分泌量の減少
個人差はありますが、誰でも年齢とともに水分、セラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)は減る傾向にあります。これらが減少すると、バリア機能は低下しやすくなります。

 

〇潤い肌を取り戻すためには?

コラーゲンが多いものを摂取する

豚足、手羽先、フカヒレ、うなぎ、すっぽんなど

もし、苦手なものが多い場合はサプリメントもおすすめです。

 

・運動

運動を行うことにより、老廃物を外にだそうとする働きが活発になります。新陳代謝が高まり、肌のターンオーバーも改善できます。

激しい運動をする必要性はないので、運動が苦手な方でも大丈夫です!

ウォーキング、サイクリング、エアロバイク、エアロビクス、ヨガなどがおすすめです。

また、日常生活でも意識すると運動につながります。

バスや電車を減らして徒歩を増やす、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用する、通勤や帰宅時に敢えて遠回りをする

 

まずは意識をして、焦らず1つでもいいのでケアしていくのが大切です!!

 

☆

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.11.12更新

こんにちは! 木川です  nico

 

冬の時期で気になるものとして、インフルエンザが挙げられますよね。
インフルエンザにかかって数日ダウンした経験のある方もいるのではないでしょうか?
前回の「」に続き、今回はインフルエンザの予防と対策についてお話ししたいと思います!

 

 

インフルエンザ予防

 

 

脾胃(ひい)を健康に保つことで、身体の抵抗力アップ!!


急な高熱に加え、筋肉痛、関節痛などの強い全身症状が現れるインフルエンザ。
こうした症状は、東洋医学では邪気である「外邪(がいじゃ)」の侵入によるものと考えます。外邪とは自然界から入ってくる病因で、インフルエンザウイルスもその一つ。ウイルスから身体を守るためには、病気を寄せ付けない体質づくりが何より大切です!


インフルエンザを予防するポイントは、「」「脾胃(ひい)」(消化器系)「」(腎臓)の健康を保つこと。
中でも肺は重要な器官で、身体の防衛力となる「(エネルギー)や、外邪が入り込む皮膚・鼻・喉などと深い関わりがあるので、その機能を整えておくことで外邪の侵入を防ぐことができます。
脾胃は栄養分や水分を飲食物から吸収し、全身に運ぶ臓腑です。インフルエンザに負けないよう、脾胃を健やかに保ちながら十分な体力を養いましょう!
また、"生命の源"といわれる腎の機能を高めることは、病気を寄せ付けない根本的な抵抗力アップにつながります。


インフルエンザが始まってくる秋は、憂鬱な気分になりやすいため、ストレスにも注意が必要です。
ストレスの調節機能を持つ「肝(かん)(肝臓)にも気を配り、心身ともに健康な身体作りを心がけてください。
万一インフルエンザにかかってしまった場合は、とにかく早めの対応が肝心ですので、初期の段階で出来るだけ早く追い払ってしまいましょう。

 

タイプ別・インフルエンザの予防と対応 light bulb

 

1. 発熱・のどの痛み    「」の弱いタイプ


気になる症状
<インフルエンザの症状>   悪寒、発熱、頭痛、喉の痛み、汗が少ない、口が渇く
<普段の症状>                 息切れ、汗をかきやすい、かぜを引きやすい、顔色が白っぽい、気管支が弱い

【肺の養生で防衛力を高める】

東洋医学では、「体内の気(エネルギー)が十分にあれば、邪気は入りにくい」と考えます。肺は、この「」の生成と深い関わり持つ臓器です。また肺には呼吸器系の機能だけでなく、身体表面(皮膚や体毛)の防衛力を高める機能があることも特長です。こうした機能が身体をウイルスから守っているため、肺の機能が低下するとウイルスが体内に入り込みやすくなってしまうのです...。



" 摂り入れたい食材 "
ねぎ、生姜、しそ、白菜、大根、スイカズラ、杏仁、びわ、梨、ぎんなん、白ごま、蜂蜜、皮つきの豚肉

 

2. 胃腸からくる   「脾胃(ひい)」の弱いタイプ

気になる症状
<インフルエンザの症状>    頭重、身体が重い、だるい、胃の膨満感、吐き気、軟便、食欲がない
<普段の症状>                  疲労感、食欲不振、むくみやすい、軟便、胃弱、舌のコケが厚い


【日頃から脾胃(ひい)の働きを整える】

「脾胃」(消化器系)は飲食物を消化吸収して、その栄養分や水分を全身に運ぶ働きを担っています。この機能が低下すると体内に「湿(しつ)」(余分な水分、汚れ)が溜まり、吐き気や胃の膨満感などの症状が現れます。インフルエンザでこのような胃腸症状を感じる場合は、溜まった湿を取り除き、脾の機能を整えることが大切です。また、脾胃が弱っていると、体力が落ちて抵抗力も低下してしまいます。夏の胃の疲れは早めに回復させて日頃からしっかり栄養を摂るよう心がけましょう。


" 摂り入れたい食材 "
生姜、しそ、山椒の実、もやし、八角、春雨、苦瓜、イチジク、バナナ、大豆、豚肉、かぼちゃ、山芋

 

3. 高齢者・慢性疾患のある  「腎(じん)」の弱いタイプ

気になる症状
<普段の症状>   めまい、耳鳴り、聴力の低下、健忘、脱毛、若白髪、腰痛、足腰の弱り、精力の減退、頻尿

【高齢者は体力と免疫力不足に注意】

生命のエネルギー源「」を貯える「腎」は、広く生殖、免疫、造血などの機能を併せ持つ生命の源。慢性疾患を持つ人や高齢者は、こうした機能が衰え、抵抗力が落ちてさまざまな病気にかかりやすくなります。
インフルエンザでも重症化や合併症を招くことが多く、インフルエンザで亡くなる人の多くは65歳以上の高齢者が占めているというデータ(厚生労働省調べ)もあるので十分注意が必要です。腎を養い根本的な抵抗力を高めるよう、日頃から心がけましょう!

" 摂り入れたい食材 "
山芋、黒ごま、くるみ、松の実、クコの実、羊肉、海老、なまこ

 

 

インフルエンザは、とにかく「かからない」ようにすることが大切です。
バランスの取れた食事を取る、手洗い・うがいを心がける、外出時にはマスクをするなど、日頃の生活から予防する習慣を身に付けてください。身体を冷やさないよう服装にも気を配ってみてくださいね!

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.11.11更新

こんにちは!木川です  nico 

 

 

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期に、かぜや花粉症などの影響から咳や喘息の症状に悩まされることがありませんか shun
なかなか止まらない咳や喘息は、慢性化すると体力を消耗し、身体全体の不調にもつながってしまいます...。

 

ですので、今回は体質改善で「咳」と「喘息」をやわらげる方法をお話ししたいと思いますlight bulb

 

 

" 早めの対処で悪化・慢性化を防ぐ "

咳は、基本的にはウイルスや花粉などの異物を身体から追い出すために起こる大切な防衛反応の一つ。
むやみに止めてしまうのはあまり良くないとされています!
でも咳は一度続くとなかなか止まりにくく、悪化すると肺炎や喘息などの重い症状につながることも...。
また、症状の慢性化は睡眠不足や体力の消耗を招き、全身の健康状態に影響することも少なくありません。
ですので、初期の段階できちんと対応して悪化させないことが大切です!

 咳

 

東洋医学では、咳の症状を引き起こす初期の原因を大きく2つに分けて考えます!

 

 

 ★ 1つは身体の「冷え」

体質的な冷え性や、気候、冷房などによる寒さから起こる咳で、薄い鼻水や痰、悪寒などを伴います。

 

★ もう1つは「熱」による咳で、熱がこもりやすい体質の人・かぜやウイルスの影響で体内に熱が発生した人などに起こる症状。
発熱や発汗・口の渇き・濃い痰などが特徴です。

 

このほか、過剰な「ストレス」や身体に溜まった「痰湿(たんしつ)」(体内の余分な水分や汚れ)、慢性化による「虚弱」なども、症状の悪化や長期化を招く原因に...。咳や喘息は、繰り返しやすい症状です。きちんと改善して再発を防ぐためにも、直接的に症状を抑えるだけでなく、原因をきちんと見極めて根本から体質を整えるよう心がけましょう!

 

 タイプ別・咳と喘息の養生法 glitter

 

1. 早めの対処で身体の冷えを追い払う    悪寒や頭痛を伴う「冷えタイプ

 
気になる症状
咳、喘息、痰が薄い、悪寒、発熱、頭痛、汗は少ない、顔色が白い、舌の苔が薄く白い


気候や冷房による寒さ、体質的な冷え性などで身体が冷えたときに起こる咳・喘息の初期症状。薄い鼻水や痰、悪寒、発熱などを伴います。かぜの初期に起こる咳もこのタイプで、身体が冷えると症状が悪化してしまうことも。初期の段階で早めに改善できるよう、まず身体をしっかり温めて冷えを追い払い「肺」の機能を高めるよう心がけましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

体内の冷えを発散する食材を: ねぎ、しょうが、シナモン、しそ など

 

2. こもった熱を冷まし、肺の機能を健やかに    発熱や発汗を伴う「熱タイプ

 
気になる症状
咳、喘息、呼吸が荒い、汗をかく、痰が濃い、胸痛、口の渇き、発熱、顔色が紅い、尿の色が濃い、便秘気味、舌が紅い、舌の苔が黄色い

 
かぜやウイルスなどの影響で身体に熱が発生すると、「肺」が炎症を起こして咳・喘息の症状が現れます。濃い鼻水や痰、発熱、口の渇きなど熱っぽい症状を伴うことが特徴で、体質的に熱がこもりやすい人も要注意。養生の基本は、体内にこもった熱を冷ますこと。肺の炎症を鎮め、咳や喘息の症状をやわらげましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

体内の熱を冷ます食材を: 葛、菊花、桑葉、竹の葉、ごぼう、びわの葉、梨、大根 など

 

3. 気分を穏やかに保ち、気の流れをスムーズに    気の巡りが悪い「ストレスタイプ


気になる症状
咳、喘息、胸が苦しい、強いストレスで発作が起きる、イライラしやすい、怒りっぽい


強いストレスなどを受けて精神が不安定になると、全身を巡る「気」の流れが悪くなって咳や喘息の症状が悪化しやすくなります。ストレスで症状が強く出る人、普段からイライラしやすい人は、気分を穏やかに保つよう心がけることが大切。ストレスを上手に発散して、気の流れをスムーズに保ちましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

ストレスを発散する香りの良いものを: ハッカ、しその実、みかんの皮、ゆずの皮、花茶 など

 

4.「脾胃」の機能を整え、汚れの溜まらない身体に食事の不摂生に注意「痰湿(たんしつ)タイプ

 
気になる症状
咳、喘息、痰が多い、胸苦しい、悪心、食欲不振、舌の苔が厚い

 
身体に溜まった「痰湿(たんしつ)」(体内の余分な水分や汚れ)は、「肺」にトラブルを引き起こす原因の一つ。食事の不摂生などが原因で「脾胃(ひい)」(胃腸)の機能が低下すると、痰湿が溜まりやすくなり、咳や喘息の原因となります。太り気味の人、暴飲暴食などで脾胃が弱っている人などは、まず身体に溜まった痰湿を取り除き、脾胃の機能を高めるよう心がけましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

余分な水分や汚れを取り除き、気の流れをスムーズに: 杏仁、銀杏、くらげ、海苔、桔梗の根 など

 

5.「脾胃」「腎」の元気を保ち、根本的な体力を体力不足の「虚弱タイプ」

 
気になる症状
長期化した咳、喘息、夜間の咳が強い、息切れ、疲労感、汗が出る(自汗)、かぜを引きやすい、食欲不振、舌の色が淡い

 

咳や喘息の症状が慢性化すると、身体全体が消耗してしまいます。生命エネルギーの源である「腎」や、食べ物を消化吸収する「脾胃(ひい)」(胃腸)の機能も弱くなるため、「肺」の栄養や潤いも不足しがちになり、症状もなかなか改善できません。高齢者、虚弱体質の人などは、基本的な体力を養うために脾胃、腎の機能を高めることも大切。しっかり栄養を摂ることで肺にも栄養と潤いを与え、健やかな状態に整えましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

肺・脾胃・腎を補い、身体を養う食材を: 白きくらげ、蜂蜜、レモン、くるみ、百合根、山芋、かぼちゃ、クコの実 など

 

 

生活習慣の改善で“繰り返さない”カラダに!

咳や喘息は繰り返しやすい症状です。一時の症状緩和だけでなく、再発しないよう体質を根本から整えることがとても大切。ストレスを溜めない、食生活を見直す、睡眠を十分にとるなど、体力が十分にある健康な身体をつくるよう、生活習慣の改善を心がけていきましょう!

 

 

WEB予約

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

2018.11.11更新

こんにちは 鍼灸師の加倉井です(^^)/

みなさん、11月になりましたが いかがお過ごしでしょうか?

もうずいぶんと寒くなり、体の『冷え』を実感してしまう人は多いのではないでしょうか??

 

 

 

冷えは万病のもと とも言いますので、

今回は私が実際に効果を感じている冷え対策を紹介いたします(*'ω'*)♡

 


ーーーーーー

 

 

 

シンプルですが・・

『白湯』ですね!!!

朝から心がホッと温まりますし、全身もじっくに温かくなります。そして個人的には 何となく…手足も温まるような感じもします…

 

 

白湯

 

 

日常生活時には、筋肉の作用で血流の循環が良いですが 寝ている間は血流の流れは鈍くなります。

朝食と一緒にフルーツのジュースなど、お飲み物を飲む方も多くいらっしゃると思いますが その前にまずは1杯ゆっくりと白湯を飲んでいただけると 内臓が温まり これから活動する準備体操になります。

 

 

 

 


冷たくなった内臓が温まると…

・少しずつ冷えが改善され、

・代謝も上がっていきます!!!

 

 

 

そもそも冷たい内臓は本来の機能が発揮されていません。そうすると、便秘や浮腫 また 肌荒れなど 様々な身体の症状に繋がっております。

東洋医学的なお話をすると 脾 が、体の中にある水分をしっかりと潤すように働きをかけていますが 一緒に活動をする 胃 の働きもとても重要になってきます。

 

また、胃腸の動きは『自律神経』ととても関係をしており

睡眠の質の低下や疲れやすい体になってしまいがちです。。

 

 

腸内美人は健康で、肌ツヤもあります(^^)/

ぜひぜひお試しくださいませ\/

 

 

 

実は白湯はとても作るのは手間がかかるのです。。

なので、内臓を温めるという意味でレンジで1分30秒ほど温めたお湯でもOKです!

まずは、温める習慣を作っていきましょう♪

 

 

今回もご購読いただきましてありがとうございましたflower2

 

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.11.10更新

七十二候の熊井ですpue

 

11月7日~11日 

山茶始めて開く(つばきはじめてひらく)

 right arrowつばきとは、山茶花(さざんか)のことです。

山茶花

 

山茶花は、10月から翌年の2月頃まで長く咲いているものもあり、とてもよい香りがしますglitter3

そっくりな椿との見分けが難しいときは花が散る様子に注目してくださいね。

花が丸ごと、ぽとりと落ちるのが椿。

花びらが一枚ずつバラけて地面に落ちるのが山茶花です。

 

なんと!椿も山茶花も、天ぷらにして食べることができるそうですよ!

あの鮮やかな紅色が食べれるなんて驚きですgya汗

味は意外に淡白であっさりとしているのだとか。どなたかレッツチャレンジglitter3

 天ぷら

この時期にとり行われる街るで賑やかなのは酉の市です。

縁起物の熊手を手に入れた人への三本締めが、威勢よくあちこちに響きます・・・

こういったものをみる機会がめっきり減ってしまいましたが、手締めはやっぱり良いですね。

気持ちや、その場がスッキリ綺麗になる感じがします。

 

apple旬の果物

日本原産で「KAKI」の名称で世界中で通用する。翌年の方策を願って、実を一個だけ木の上に残しておく風習を「木守り」と呼ぶ。

 柿

flower旬の兆し

立冬(りっとう)

冬の始まりの日。冷たい風が吹き始める。暖かな日と冷たい雨の日を繰り返しながら、冬はこれから深まっていく。

 

flower旬の兆し

秋思(しゅうし)

秋に感じる、物寂しい想い。一方、春に感じる想いを「春思(しゅんし)」と呼ぶ。移りゆく四季が日本人に繊細な想いを抱かせる。

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.11.10更新

こんにちは、石鍋ですnico

 

今回は春菊について書いていきます!

 

春菊は11月〜3月が旬のキク科の野菜で、緑黄色野菜の仲間です。
春に花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから春菊と呼ばれています。
味は産地によって苦味や甘みが違ってきます!
栄養の観点からみると、とても優れた栄養成分と効能がありますが、好き嫌いがはっきりと分かれてしまう食材なのです。

 

春菊を食べることによる効果】

・高血圧、むくみの予防
春菊にはミネラルの一種であるカリウムが含まれています。
カリウムは体内の余分なナトリウムの排出を促し、体内の水分バランスを正常に保つ効果があります。
さらに血圧の上昇を緩やかにする作用もあるため、高血圧の予防やむくみの予防に期待できます。

 

・血液凝固や止血作用、骨粗鬆症の予防
春菊に含まれている栄養素であるビタミンKは脂溶性のビタミンで、血液凝固や止血作用に効果があります。
さらにカルシウムを骨に定着させ、骨を丈夫にする働きがあるので、骨粗鬆症を予防する効果があります。

意外にも、春菊にはカルシウムも含まれています。

カルシウムは骨を丈夫にしてくれる栄養のため、子どもの発育にも重要な役割を果たします。
さらに骨粗鬆症の予防、骨折の予防に効果があるので、高齢者や女性にも必要な栄養です。

カルシウムとビタミンKが一度に摂れる春菊は、とっても効率的な食材なのです!

 

・DNAの形成、貧血予防
春菊には葉酸も豊富に含まれています。
葉酸は水溶性のビタミンで、妊娠中や授乳中の女性にとても必要な栄養素です。
DNAの形成、細胞分裂に深く関わっているため、妊娠初期や妊娠する前に摂取することで、胎児の先天異常のリスクを低下させる効果があります。
また、ビタミンB12とともに赤血球やヘモグロビンの合成を助け、貧血を予防する効果もあります。

 

・発ガン、血栓予防
春菊の緑色の色素成分であるクロロフィルは、コレステロール値を低下させて血栓を予防する効果があります。
また、葉緑素ともいわれる栄養成分は発ガン予防にも効果的です。

 

・胃もたれ解消、消化促進
春菊の独特な香りは10種類の成分からの香りで自律神経に作用して、食欲の増進や胃もたれを解消してくれるだけでなく消化も助けてくれます。

 

・シミそばかす予防、美肌効果
ビタミンCや老化防止に有効なビタミンEが豊富に含まれているのでアンチエイジングだけでなくシミやそばかすなどの予防、肌のトラブルを改善してくれます。

 

・風邪予防
春菊にはβカロテンが特に多く含まれています。そしてこの成分は体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を丈夫にして抵抗力を高める作用があるので風邪予防に最適です。

 

・咳や痰を抑える
春菊に含まれている香りの成分は自律神経に作用し、胃腸を活性化し、咳や痰を抑える効果があるそうです。

春菊


食べるのは苦手だなーという方は春菊の茎葉をそのまま陰干しして、布袋につめてお風呂に入れると体が温まり、肩こりや神経痛や冷え症などに効果がありますので、ぜひ試してみてくださいleaf

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.11.09更新

 

こんにちは!木川ですnico 

 

 

 今日は辛い頭痛をスッキリ解決する方法についてお話ししたいと思いますlight bulb


突然ですが、頭痛で困ったことはありませんか?
痛みを感じるのは辛いものですし、強い痛みや慢性的な頭痛は日常生活に支障をきたすこともありますよね...。
頭痛薬に頼るだけでなく、まずは自分の体質を見直して体の中から頭痛を予防していけるようにがんばっていきましょう!

頭痛 

 

ではここで!頭痛を予防する方法を分かりやすく説明します hand

 

 まずは!気血(きけつ)の流れをスムーズにして、頭痛体質を改善glitter
頭痛にはさまざまな症状があり、そのタイプは大きく二つに分けられます!

 
★ひとつは、風邪(ふうじゃ)や湿気など身体の外から入ってくる邪気の影響で起こる「急性の頭痛」で、ズキズキ、ガンガンする強い痛みが特徴。

★もう一つは、キリキリと刺すような痛みや、重く締め付けられるような痛みが多い「慢性の頭痛」で、一般に多く見られる偏頭痛などは、後者のタイプにあたります。

 

【 東洋医学では、こうした頭痛の主な原因は「不通則痛(ふつうそくつう)」によるものと考えます。これは、体内に詰まりが発生して気や血の流れが悪くなり、痛みの症状が発生するというものです。頭痛の主な原因も気・血の停滞によるもので、ドロドロ血や水分代謝の低下・ストレスなどがその要因となります...。

また、脳にとって大切な陽気(ようき:身体を温めるエネルギー源)や血(栄養素)が不足することで、頭痛が起きることも...。
こうした状態を「不栄則痛(ふえいそくつう)」といいます。】

 

このように、頭痛は頭だけの問題でなく、身体全体の不調と考えて対処することが大切です。
ですので、頭痛だけを治すのではなく、体内を健やかに保つことで頭痛が起きにくい体質に改善することを心がけていきましょう!

 ただ、頭痛には脳腫瘍やくも膜下出血など重大な病気が潜んでいることもあるので、我慢できないほどの激痛を感じたり、日を追うごとにジワジワ痛みが強くなったりする場合には、すぐに病院で検査を受けるようにしてくださいね!

 

 

タイプ別・頭痛のケア法

 


1.ドロドロ血で血流が悪い

「瘀血(おけつ)」タイプ
刺すような頭痛、拍動性(ズキンズキンする)の頭痛、頭が重い、顔色が暗い、手足がしびれやすい、舌の色が暗い

 
【生活習慣を見直して、血流をスムーズに】 
瘀血タイプの頭痛は、「気」「血」の流れが悪くなることが主な原因。食事の不摂生や、冷え、過労でドロドロ血になったり、それによって血行が悪くなったりすると頭痛が起こりやすくなります。また、こうした頭痛は、高血圧や糖尿病など慢性病を患っている人にも多い症状です。

また瘀血(おけつ)タイプの頭痛は繰り返しやすく、なかなか治りにくいのが特徴です。
バランスの良い食事や質の良い睡眠など、日頃の生活から血流をサラサラ、スムーズにする習慣を身につけましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

瘀血(おけつ)の原因となっている血に溜まった汚れを取り除き、サラサラ血になる食事を。
→ サンザシ、わかめ、昆布、クラゲ、ひじき、かつお節、蕎麦、小豆、荷葉(ハスの葉) など

 

 

2.「気」が滞る

「ストレス」タイプ
ストレスを受けると頭痛がする、偏頭痛・肩凝り・目の疲労・耳鳴り・顔の紅潮・熱感・イライラ・口が渇く・尿の色が濃い・便秘・舌の色が紅い・苔が黄色い

 
【ストレスを発散して、肝の機能を整える】 
「肝(かん)」は蓄えた「血(けつ)」を全身に送り、「気」を伸びやかにめぐらせる臓器。頭痛は気血の流れが滞ることが原因のひとつとなるため、こうした肝の働きと頭痛には深い関わりがあります。しかし、肝はストレスの影響を受けやすく、過度なストレスを受けるとその機能が低下してしまいます。その結果、気血の流れが悪くなり頭痛が起こりやすくなるのです。

 悩んだり、イライラしやすい人は、日頃から上手にストレスを発散し、肝を健やかに保つよう心がけましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "

肝の熱を冷まし、リラックスできるお茶や食材を。
セロリ、もやし、春雨、きゅうり、トマト、苦瓜、菊花茶、柿の葉茶、ハブ茶、ミント、緑茶、魚の頭(ブリのかま、鯛のお頭煮など)、イシモチ など

 

 

 3.季節の変わり目に注意

「かぜ」タイプ
頭痛(ガンガンする痛み)・節々の痛み・悪寒・発熱・咳・のどの痛み・舌の苔が白い

 

【春から初夏に気を付けたい風邪(ふうじゃ)】 
自然界の邪気の一つ「風邪」は、他の邪気をともなって体内に入り込み、頭痛や発熱などのトラブルを引き起こします。春はとに風邪が起こりやすく、続く初夏も季節の変わり目でかぜをひきやすい時期なので十分注意しましょうね!

 頭痛やのどの痛み、咳などの症状はかぜの初期に現れます。かぜを悪化させないためにも、このような症状を感じたら早めの対応を心がけましょう。

 

" 摂り入れたい食材 "

香りのある食材で、身体に入り込んだ邪気を発散しましょう。
ねぎ、生姜、三つ葉、香菜、しそ、葛 など

 

 

4.元気が足りない

「虚弱」タイプ
疲労時の頭痛・めまい・物忘れが多い・息切れ・疲労感・動悸・睡眠障害・冷え・舌の色が淡い

 

【「気」「血」の不足が頭痛の原因に...】
元気の素となる「気」や、体の働きを支える栄養素である「血(けつ)」は脳にとっても大切な要素です。慢性病や脾胃(ひい:消化器系)の不調などで体内の気や血が不足すると、脳も栄養不足の状態に陥ります。それが頭痛を引き起こす原因になることもあるのです...。

 また、腎(じん)は脳の健康と深い関わりがあると東洋医学では考えるため、腎の不調も頭痛の原因の一つと捉えます。

 このタイプの頭痛は、疲労時に悪化しやすいのが特徴です。まずは日頃の食事でしっかり栄養を摂り、元気で健康な身体をつくりましょう!

 

" 摂り入れたい食材 "
気や血を十分に養い、ゆっくり体力を補う食材を。
クコの実、ナツメ、杜仲(とちゅう)茶、バナナ、干し柿、納豆 など

 

 

 ✨ツボのマッサージで頭痛をやわらげましょう✨

 太陽:偏頭痛に

風池:後頭部の痛みに

印堂:前頭部の痛みに

百会:頭頂部の痛みに

合谷:肩こり、ストレス性の痛みに

 

 

WEB予約

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

前へ