staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.02.19更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

2月19日~23日
土脉潤い起こる(つちの しょう うるおい おこる)
⇒春の優しい雨が降り、土が水分を含み始めてしっとりと柔らかくなっていきます。

土

冬の間、歩くとカチっと硬いの地面の感触。それが雨降るごとに、柔らかくほわっと力の抜けた土になっていくのが面白いです。

皆さんもぜひ、土の上を歩いて感じ取ってみて下さい。

冷たく固く閉じていた土がふんわりと開けば、眠っていた虫たちが目覚めて、活動をはじめやすくなりますね。
人の身体も同じです。厳しい冬から身を閉じて守っていたところから、春の空気を微妙に感じ取り少しずつ力が抜けていきます。

それにプラス、私も施術をすることによって、凝り固まったところを優しい雨のようにほどいていきたいなと思いました。イメージって大事ですよね。
2月の熊井は優しい雨でいきたいと思います笑


・旬の魚介
公魚(わかさぎ)
全長15㎝ほどの冷水魚。公魚釣りは初秋から早春にかけて楽しめ、結氷した湖では氷に穴を開けて釣る。てんぷらやフライにすると美味しい♡

・旬の行事
お伊勢参り
「江戸時代に始まった伊勢神宮への参拝。江戸からは徒歩で片道15日間、大阪からも5日間かかった。別名「御蔭参り」。

・旬の兆し
雨水(うすい)
雪が雨に変わり、氷が溶けて水になる頃。地面からは雑草の新芽が顔を出し、新しい命が芽吹き始める。

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

 

投稿者: Meilong

2019.02.18更新

こんにちは、山添です。

最近、患者様で高血圧に対しても鍼灸治療を行うことになりました。

 

今回は高血圧を下げるツボについて説明させて頂きます。

 

 

高血圧に対して鍼灸で使うツボは人迎(じんげい=喉の血管拍動部)

曲池(きょくち=肘の外側曲がり角)

背部の兪穴(ゆけつ=第7胸椎から第12胸椎までの棘突起の下脇2横指)

足三里(あしさんり=膝蓋骨下の外側のくぼみから4横指下)

懸鐘(けんしょう=外くるぶしから4横指上)などがあります。

 

高血圧を下げるツボ高血圧を下げるツボ

 

高血圧を下げるツボ

 

日常生活で気を付けなければいけないこともありますが、鍼灸治療でも改善できますので

お悩みの方はご相談ください!

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

 

投稿者: Meilong

2019.02.16更新


こんにちは!木川です  nico

 

今日はこの時期に起こりやすい、 " 冬の乾燥を東洋医学で潤い体質に!" ついてお話ししたいと思います。

空気が乾燥していると、肌はもちろん、目や口、腸など、 体のさまざまな乾燥症状が起こりやすくなります。
ケアで体の中から潤う体質づくりを心がけて、 乾燥シーズンを乗り切りましょう!

乾燥

では、東洋医学的な観点からみていきますとlight bulb


「腎(じん)」の衰えが潤い不足の要因に...

 

カサカサの乾燥肌(ドライスキン)、目の乾燥(ドライアイ)、 口の乾燥(ドライマウス)、鼻の乾燥(ドライノーズ)…。 こうしたさまざまな症状を、 最近では乾燥によって起こる一連の症候群「ドライシンドローム」 として捉えるようになっています。その要因は、エアコンの使用、 パソコンやテレビ、高カロリーな食事、口呼吸、睡眠不足など、 多岐にわたる生活環境の問題と考えられていて、 冬の乾燥する季節は特に症状が起こりやすくなります。
東洋医学では、乾燥の症状は体の潤い成分である「津液( しんえき)」や「血(けつ)」 が不足することで起こると考えます。また、 体の潤いの源となる要素「腎陰(じんいん)」 の不足も乾燥を招く要因に。「腎」は加齢とともに衰え、 腎陰も不足しがちになるため、 年齢を重ねると体の潤いは減少していきます。 高齢の人は特に意識して、腎をケアするよう心がけましょう。

 

体の乾燥が続くと、喉や鼻の粘膜が乾いて免疫力が落ち、 かぜを引きやすくなったり、 感染症にかかりやすくなったりする心配も。また、 アトピー性皮膚炎の悪化や咳、 便秘といったさまざまな不調にもつながるので、 しっかりケアをして乾燥知らずの“潤い体質”を目指しましょうね 。

 

カラダの中から乾燥対策!

体の乾燥対策の基本は、五臓の「腎」の働きを整えて、 潤いの源となる「腎陰」を充実させること。また、 乾燥の症状に合わせて、「肺」、「脾胃(ひい)」(胃腸)、「 肝(かん)」(肝臓)などをケアすることも大切です。

 

 

1.「腎」の養生

 
気になる症状

乾燥症状、ほてり、めまい、耳鳴り、髪が抜けやすい、白髪、 記憶力の低下、腰痛、冷え、頻尿、舌の色が淡い、舌苔が少ない

 

改善ポイント

五臓の「腎」にある「腎陰(じんいん)」( 水や血などの体を潤す要素)は、“全身の潤いの源”と考えられて います。そのため、腎の働きが健やかで腎陰がしっかりあれば、 体の根本的な潤いを保つことができるのです。

腎は生殖、成長、発育などの働きを持つ臓器ですが、 加齢とともにその機能が徐々に衰えがちに。同時に、 腎陰も加齢に伴い減少し、 年を取ると体全体の潤いが不足してしまうのです。 “潤い体質”を保つためには、まず腎の働きを整えることが基本。 高齢の人、 慢性疾患のある人などは特に腎の機能が衰えがちなので、 しっかり養生するよう心がけましょう。

 

摂り入れたい食材

腎を養い、潤いをアップする:

【豆類・種実類】くるみ、銀杏、松の実、クコの実、蓮の実、 黒豆、黒ごま

【野菜類】山芋、よもぎにら、黒きくらげ

【魚介類】えび、牡蠣、なまこ、海藻類

【肉類】牛肉、羊肉

【香辛料】シナモン

 

2. 口の乾燥(ドライマウス)


気になる症状

口や喉の乾燥、味覚障害、口内炎になりやすい、舌が乾く

※糖尿病、シェーグレン症候群、過食、 ストレスなどの症状にも注意


改善ポイント

唾液の分泌が減り、口の中が乾燥する症状。 ストレスや暴飲暴食などで「脾胃(ひい)」(胃腸) に負担がかかると、 脾胃の潤いが不足して唾液も少なくなってしまいます。 口や喉の乾燥を感じる人は、脾胃の働きを健やかに整え、 潤いを養うよう心がけましょう。


摂り入れたい食材

胃腸の潤いを養う:大根、百合根、りんご、豆腐、れんこん など

 

3. 鼻の乾燥(ドライノーズ)

 気になる症状

鼻の乾燥感、鼻の中のかさぶた、鼻血、空咳、かぜを引きやすい、 味覚の減退、舌の乾燥

※慢性的な鼻炎、気管支炎、喘息などの症状にも注意

改善ポイント

鼻の状態は「肺」と関わりが深く、肺の潤いが不足すると、 鼻の粘膜も乾燥しやすくなります。鼻や喉の粘膜が乾いていると、 免疫力が落ちてかぜを引きやすくなる心配も。 鼻の乾燥感やムズムズ感が気になる人は、 肺の潤いをしっかり養うよう心がけましょう。


摂り入れたい食材

肺の潤いを養う: 梨、百合根、オレンジ、はちみつ、枇杷の葉、葛、白きくらげ、 杏仁 など

 

4. 目の乾燥(ドライアイ)

 
気になる症状

目の乾燥・ゴロゴロ感、目薬の使用回数が多い、視力減退、 目のかすみ・痛み、舌の色が淡く乾いている

※目の疾患、シェーグレン症候群などの症状にも注意

 

改善ポイント

目は「血(けつ)」 が運ぶ栄養や潤いによって健やかに保たれています。そのため、 血を十分に養い、血を蓄える「肝(かん)」(肝臓) の働きを整えることがドライアイ対策の基本に。また、 目の酷使は血の消耗につながるため、 長時間のスマホ使用などにも注意しましょう。


摂り入れたい食材

血を養い目の働きを整える:菊花、クコの実、ほうれん草、桑の実、ブルーベリー、ぶどう、 桑の葉、にんじん など

 

5. 肌の乾燥 (ドライスキン)

 
気になる症状

皮膚の乾燥(カサカサ感)、皮膚のかゆみ、化粧ノリが悪い、 舌の乾燥

※日焼け、エアコン、慢性疾患、乾皮症、 アトピー性皮膚炎などが原因になることも

改善ポイント

肌の状態は「肺」と深く関係しています。ところが、 肺は乾燥に弱いため、 空気が乾燥する時期は肺の働きが低下しやすく、 乾燥肌やかゆみなどを起こしやすくなるのです。 潤い肌を保つためにも、体内の潤いをしっかり養い、 肺の働きを健やかに保つよう心がけましょう。


摂り入れたい食材

肺の潤いを養い、皮膚の潤いを守る:鶏の手羽先、玄米、豚足、はちみつ、オリーブオイル、鶏スープなど

 

6. 腸の乾燥(便秘)

 
気になる症状

便秘気味、排便時間が長い、便がコロコロしている、舌の乾燥

※慢性疾患による潤いの消耗、痔、加齢などが原因になることも

改善ポイント

体内の潤いが不足して「腸」が乾燥すると、便も乾いて固くなり、 便秘を起こしやすくなります。また、 腸と肺は深く関係しているため、肺が乾燥のダメージを受けると、 腸の潤いも不足しがちに。秋は特に乾燥の影響を受けやすいので、 腸と肺の潤いを十分保つよう心がけましょう。


摂り入れたい食材

腸と肺の潤いを養い、通便を良く:いちじく、キウイフルーツ、バナナ、パパイヤ、りんご、 マンゴー、プルーン、白菜 など

 

 WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.14更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 


2月14~18日

魚氷に上る(うお こおりに いずる)

⇒冬の間、氷の下の冷たい水の中でじっとしていた魚たちが春を感じ取り、元気よく動き始めます。

 魚氷に上る


立春を10日ほどすぎて、満作や雪柳などが咲きだしますが、

景色の色合いは冬の色。寂し気な風景は続きますね。

寒さで身を縮めながら歩くと自然と目線は下がり、冷たいアスファルトのグレーや白っぽく霞んだ空気ばかりかと思えば、突然ぽっと目の中に鮮やかな赤が入り込んできます。

地面に落ちた椿です。温かい色が冷たさの中で浮き立って、こちらの心の中にまでぽっと灯りをともされたような不思議な感覚に陥ります。たまには下を見るのもいいかなーなんて☆

 


寒さも行きつ戻りつして、ぽかぽか暖かな日になったと思ったら数日後には雪が降る…というような極端な天候になりやすく、風邪をひくなど体調を崩しやすい頃です。

どうぞmeilongで施術を受けて心も身体も温まっていってくださいな♪

 


・旬の草花

満作(まんさく)

マンサク科の落葉小高木。ユニークな形の黄色い花が咲く。早春に花が枝にいっぱいつく状態を満作に例えたのが名前の由来。

 


・旬の兆し

余寒(よかん)

立春後の寒さ。寒が明けてもなお残る寒さ。夏の「残暑」との対の言葉。手紙を書きだす時に「余寒お見舞い申し上げます」と使う。

 


・旬の兆し

蒸気霧(じょうきぎり)

温かい水面に冷たい空気が接したときに発生する霧。湯船から上がる水蒸気と原理は同じ。別名「気嵐(けあらし)」。

 

 

 


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.12更新

こんにちは!石鍋ですnico

 

今回は大根について書いていきます。


大根の旬は11~2月。

最も多く出回っているのは青首大根といわれる種類です。品種改良が進み一年を通じて手に入れることができますが、寒い時期のほうが甘みがありみずみずしいです。ただ、春夏に出回るものの方が辛味が強い傾向にあります。

葉に近いほど甘く、下にいくほど辛みが強くなっています。

消化を助け、胃腸を整える成分を含むので、食べ過ぎや胃もたれには大根おろしがオススメです。

 

大根の栄養素

大根の栄養素として、まず豊富なビタミンCがあげられます。 ただし、大根のビタミンCの分布は平均しておらず、中心部より表面の皮のほうが約2倍も多く含んでいます。ですので、なるべく皮はむかずにきれいに洗って皮ごと食べるのがオススメです。 また、見逃せないのが、葉の栄養でビタミンCも根の部分より多く含まれているほか、根には含まれていないビタミンAも、葉には多く含まれています。 さらに葉の部分には、ビタミンB1、B2、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄などの成分を含み、まさに栄養豊富です。葉つき大根を手に入れた際は、もったいないので葉は捨てずに食べてみてくださいね!

 

大根を食べることで得られる効果

・消化促進

大根おろしには、消化を助ける成分がたくさん含まれています。大根おろしの辛み成分には、殺菌作用が含まれており食中毒を防いでくれます。さらに、でんぷんを分解するジアスターゼ・タンパク質を分解するプロテアーゼ・脂質を分解するリパーゼという酵素が含まれており、三大栄養素の消化を助けることができます。


・ダイエット効果

大根に含まれている酵素が脂肪や炭水化物などの余分なエネルギーを分解してくれます。他にも、辛み成分イソチオシアネートによって、基礎代謝を上げる効果やむくみを解消してくれるカリウムが豊富に含まれていたり、食物繊維によって便通の改善につながったりと様々な効果が期待できます。

大根を食べることで、痩せやすい体への体質改善が期待でき、ダイエットや体型維持に励んでいるときには食べてみてはいかがでしょうか?

 

・美肌効果

大根の辛み成分であるイソチアネートには抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を取り除く効果があります。さらに大根にはビタミンCも含まれているため、シミやしわを予防し、お肌の調子を整える効果もあります。アンチエイジングや美肌への意識が高い方にも、オススメの食材です!

 

・免疫力アップ

大根は、体内に入り込んだ悪い菌を殺す白血球の働きを活性化し、免疫力を高める効果があります。さらに消炎鎮痛作用もあるので病気の予防だけでなく、風邪をひいてしまった時の病状を改善するためにも利用できます。また、のどが腫れて痛い時に食べると、のどを殺菌し痛みを改善してくれる効果があります。

大根

WEB予約


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.10更新

七十二候をお知らせします。鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

 


2月9日~13日 

黄鶯睍睆く(うぐいす なく)

⇒まだまだ寒さは厳しいですが、暖かい地方から順に「鶯が鳴いた」という知らせが届き始めます。

 鶯


その年初めての鶯の鳴き声を「初音」と呼びます。関東では2月中に耳にすることが多いようですが、場所やその年によって時期はまちまちです。

 


この時期のちょっとした楽しみといえば、ご近所さんの庭に咲く一本の梅の木の下を通り過ぎることなんです。毎年濃いピンクの花をぽぽぽっと咲かせ、背の高い木なのにこちらまでちゃんと優しい香りが降りてきて、それはもう幸福な気持ちでいっぱいになるところ。

いつも通りがかるときは花を見上げ、つぼみの時期を数え、開花したらゆっくり深呼吸をして体の中に春を取り入れます。本当にささやかで幸せなお楽しみ。

お家の方を見かけたら「綺麗ですね」って感謝の意を込めて話しかけてみたいなぁなんて思っています。

 


・旬の野菜

中国原産の野菜。江戸時代、現在の東京・江戸川区の小松川で栽培されていた野菜を将軍が食べて命名したといわれる。カルシウムが豊富

 


・旬の草花

菜の花

アブラナ類の花の総称。別名「菜花(なばな)」。花は黄色で、一面に広がる菜の花畑は春の風物詩。おひたしや和え物にも。

 


・旬の兆し

薄氷(はくひょう)

水面に薄く張った氷。身の危険な状態を、ことわざで「薄氷を踏むが如し」という。

「うすごおり」とも呼ばれる。

 

 

 

 

 

WEB予約

 

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.09更新

こんにちは。石鍋です!


今回はふきのとうについて書いていきます。

 

ふきのとうの栄養・効果

・ビタミンE

ふきのとうには、ビタミンEが多く含まれています。ビタミンEには強い抗酸化作用があるため、細胞の老化防止に作用し、アンチエイジングに効果があります。また、血行を促進して冷え性を改善したり、血液中のLDLコレステロールを抑制したりするなど、その働きは実に多数。その他にも、ホルモンバランスを整えて更年期障害や自律神経失調症を予防する効能もあります。


・ビタミンK

ふきのとうは、ビタミンKも豊富に含まれています。ビタミンKは、正常な止血を促すビタミンです。また、カルシウムが骨に沈着することを促すので、丈夫な骨作りや骨粗鬆症の予防にも効果的です。出産予定があったり、骨粗鬆症になりやすかったりする女性には必須の栄養なので積極的に摂取するようにしましょう。

 

・カリウム

カリウムは、過剰なナトリウムを排出することで、細胞内外の水分量や浸透圧を調節することが大きな役割です。体内の余分な水分を排出する効果があるため、むくみの改善が期待できます。また、筋肉の収縮を正常化させる効能もあります。

 

・銅

ふきのとうには、銅もたっぷり含まれています。銅は体内で約10種類の酵素の材料になり、栄養の代謝を促します。また、鉄分の利用をサポートすることでの造血作用による貧血予防や、骨や皮膚、血管壁の健康を維持する効能があります。

 

・食物繊維

ふきのとうを食べることで、食物繊維もたくさん摂ることができます。食物繊維は、満腹感を得られることでダイエットに効果があります。さらに血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあるため、糖尿病の予防・改善などにも効果があります。腸のぜん動を促して便秘解消にも役立つなど、食物繊維にはさまざまな働きがあります。

ふきのとう

体にいい栄養成分がたくさん含まれているため、ふきのとうが好きな方は、これまで以上にたくさん食べようという気持ちになったかもしれません。ですが、ふきのとうは食べ方や食べる量を間違えると危険もあるので注意が必要です!

 

アク抜きが必須

実は、ふきのとうにはペタシテニン(別名フキノトキシン)という肝毒性の強い成分が含まれています。そのため、食べる際にはアク抜きが必要です。


大量に食べるのはNG

少量なら問題ありませんが、大量に食べると肝癌を引き起こす可能性がある。

大量の目安は1日約350g以上と言われている。1度に約350gもの山菜を食べるのはかなり大変であり、また季節ものであるため、体に大きな被害が出るほど食べることはないと思いますが、食べる際は量に注意しましょう。

 

根っこはNG

根っこは毒性が強いため、食べるのは控えましょう。


山菜の品種間違い要注意

ふきのとうと同時期に芽を出す山菜に、フクジュソウというものがありますが、この芽は有毒であるため、山菜を自分で取りに行く際は、間違って取らないように気をつけましょう。

 

WEB予約

 

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

投稿者: Meilong

2019.02.08更新

こんにちは!木川です nico 

 

2月に入りますます寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
さて、今日はダイエットについてのお話しですlight bulb

 

 

「痩せたい」は多くの女性の尽きない悩みですが、無理なダイエットで体調不良や肌荒れなどを招いては本末転倒。
体質を健やかに整える東洋医学の知恵を摂り入れて、身体の中から“キレイに痩せる”をめざしましょう!

 

 

体質改善で「太りにくい」身体づくりを

ダイエットは、食事をコントロールして肥満を予防し、健康を保つことが本来の目的。痩せるためだけに過剰な食事制限などをすると、体力も落ち、貧血や月経異常、骨粗しょう症、肌荒れ、抜け毛といったさまざまな不調を招いてしまうので注意が必要です。

また、自分では太り過ぎと感じていても、実際には標準的な体重というケースも少なくありません。まずは自分の適正体重を知り、肥満気味かなと感じたら、無理をせず健康的に体重を落とすよう心がけましょう。

 

東洋医学では、肥満は食べ過ぎや運動不足のほか、体内にも不調があり「太りやすい体質」になっている状態と考えます。

そのため、ダイエットをするときも、まず太る原因となっている不調を改善し、体質を健やかに整えることが基本に。すると、肥満の解消につながることはもちろん、身体全体が健康になるため、元気が出て肌や髪のツヤもアップ。リバウンドもしにくくなり、すっきりとキレイに痩せることができるのです。

 

肥満は生活習慣病と深い関わりがあり、高血圧や心臓疾患、脳血管疾患、糖尿病など、さまざまな病気のリスクにもつながります。これからを元気に過ごすためにも、中医学の知恵を活かした“健康ダイエット”を心がけ、ムリなく上手に体重をコントロールしましょう。

 

 

まずは自分の適正体重・BMI値(肥満度の目安となる体格指数)の確認を。肥満気味の人は、そのタイプから自分の体質をチェックしましょう。

【適正体重】

身長(m)×身長(m)×22=適正体重

【BMI値】

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI値

【一般的なBMI値の目安】

18.5以下:低体重/18.5以上25.0未満:普通体重/25.0以上:肥満

ダイエット

 

1. 胃腸の働きが弱い

「洋ナシ型肥満・痰湿(たんしつ)」タイプ

気になる症状: 主に皮下脂肪型肥満、痰が多い、むくみ、頭重、熱が発生すると食欲旺盛、
便秘、赤ら顔、口の渇き

 
「洋ナシ型肥満」(皮下脂肪型肥満)は腰まわり、太もも、お尻など、主に皮下組織に脂肪が蓄積し、下半身の肉づきが良くなるタイプ。皮下脂肪がつきやすい女性に比較的多く見られます。「脾胃(ひい)」(胃腸)の働きが弱い、あるいは暴飲暴食、冷たいものや水分の摂り過ぎなどで胃腸が弱っています。水分代謝が落ちて体内に「痰湿(たんしつ)」(余分な水分や汚れ)が溜まりがちになり、いわゆる“水太り”のような皮下脂肪の多い「洋ナシ型肥満」を招いてしまうのです。このタイプは、過食に注意してバランスよく栄養を摂る、冷たい飲食は控えるなど、脾胃に負担をかけない食生活を心がけることが大切。

また、痰湿は長く停滞すると体内に余分な熱を生み、便秘や食欲増加を招いてしまうことも。すると、さらに“太りやすく痩せにくい”体質になってしまうので、溜まった痰湿や熱は早めに取り除くよう心がけましょう。

 

摂り入れたい食材

利水作用、通便作用のある食材を積極的に:冬瓜、苦瓜、竹の子、もやし、春雨、はと麦、大根、蓮の葉、こんにゃく、ところてん、海草類、とうもろこしの髭茶 など

 

 2. ドロドロ血で血行が悪い

「リンゴ型肥満・瘀血(おけつ)」タイプ

気になる症状 : 主に内臓脂肪型肥満、顔色が暗い、しみが多い、痛みの症状(頭痛、生理痛、関節痛など)、しこり(乳腺症、子宮筋腫、脂肪肝など)、舌の色が暗く瘀点・瘀斑(黒い点やしみ)がある

 リンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)は内臓脂肪が過剰に蓄積し、ウエストまわりが大きくなるタイプ。比較的男性に多く、一見太って見えないので“隠れ肥満”と呼ばれることも。

※簡易な目安:ウエスト周囲径が男性85cm以上、女性90cm以上

 

油っこいものや甘いものの摂り過ぎ、慢性疾患、加齢などが原因で、ドロドロ血の「瘀血(おけつ)」(血行不良)を起こしています。ドロドロ血は血中の脂質(中性脂肪やコレステロール)が高いため、放っておくと脂肪が溜まりやすく、内臓に脂肪がつく「リンゴ型肥満」を招きやすくなります。このタイプの肥満は、動脈硬化症や狭心症、脳梗塞、糖尿病といった生活習慣病につながりやすいので要注意。油っこい食事は控えて腹八分目を心がける、血液サラサラ食材を積極的に摂るなど、血流をスムーズに保つよう心がけましょう。また、適度な運動を心がけ、身体全体の代謝を上げることも大切です。

 

摂り入れたい食材

血液サラサラ食材で血流を良く:玉ねぎ、ピーマン、なす、もずく、ひじき、うこん、酢、サンザシ、そば、紹興酒、ひまわりの種 など

 

 3. 食べないのに太りがち

「虚弱」タイプ

気になる症状太り気味、痩せにくい、疲労感、息切れ、汗が多い、かぜを引きやすく治りにくい、食欲不振、軟便、下痢、眠くなりやすい、冷え症、腰痛、舌の色が淡く苔が白い

東洋医学でいう「気」とは生命活動を支えるエネルギーのこと。「脾胃(ひい)」(胃腸)の働きが弱いと、食事の栄養から「気」を十分に生み出せないので、身体の根本的なエネルギーが足りず基礎代謝が低下しがちになります。疲れやすく、身体を動かすことも億劫に。その結果、脂肪を十分に燃焼できず“あまり食べていないのに太る”という状態を招いてしまうのです。日頃から疲れやすく、年をとって痩せにくくなった…。そんな人は、このタイプに当てはまることも多いので気を付けて。脂肪をしっかり燃焼できる「太らない体質」をつくるためには、体内の気を充実させることが大切。痩せようとして無理に食事制限をすると、さらに気が不足してしまうので注意しましょう。

 

摂り入れたい食材

脾胃を養い、消化吸収の働きをアップ:きのこ類、山芋、くるみ、ごま、松の実、クコの実、なつめ、赤身肉、りんご、キャベツ、米、落花生、かぼちゃの種 など

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

facebook

www.instagram

 

投稿者: Meilong

2019.02.08更新

みなさん こんにちは

鍼灸師の加倉井です\/

今日は雨も降っていますし、超絶寒いですが・・

みなさんお身体の調子はいかがでしょうか?

 

 

 

先日毎月1度通っていただいている患者様から、おせんべいを頂きました(*'ω'*)

ありがとうございます!

山添に頼んで、写真を一緒に撮ったのですが・・

保存し忘れてしまいました。笑

 

 

 

Sさんいつもありがとうございます!

 


ーー

 


それでは今回はファスティングについて、書いてみたいともいます。

実は、わたし加倉井3週間ファスティングを行いました。

もちろん、プロの方にお願いをして 集中的に行いまいました。

 

 

 

 

 

 

結果はというと・・

11キロ減量しました!笑 けれどいつもの食事に今は戻ったので

あっという間に半分は戻っていますけどね。笑

 

 

 

今回行った私の目的ですが・・体質改善を狙いました!

もともとアトピー性皮膚炎を幼少期から持病としてあり、軽度ではありますが少しの刺激に対してもとても敏感です。、、

季節の変わり目などには、見苦しく肌が荒れてしまい 外に出るのも嫌です・・。

 

 

 

そんな自分から変わりたい!!!と決意した私は、ファスティングを始めました。

結果ですが、とても良かったですね。

内面から肌が潤う感じがして、自分の肌がこんなにもきれいになることがあるのか!

と、効果を実感。そして、女性の方ならわかって頂けると思いますが、化粧が更に楽しくなりました。とてもファスティングはおススメですねっ

 

 

 

今現在は、、、

実は元の食事に戻ってまた荒れやすいような肌になってしまっています(´;ω;`)

(もちろん、以前ほどではないですが・・・)

けれど、今回の体験で食生活の見直しは、健康と密接にかかわって要る事が大いに分かりました。また自分自身が変われることも分かったので、これからも皆さんと一緒に健康を土台とした美容の追及をしていきたいと思います!

 

 

次回は生理学的にファスティングについて紹介をしていきますので、

また読んで頂けると嬉しいです!

 

 

 

投稿者: Meilong

2019.02.08更新

こんにちは、山添です!!

最近、頭のマッサージについての話題をよく耳にすることが多くなりました。

首や肩の張りを気にする方が多いですが

案外、頭が凝ったりむくんだりしている方が多い印象にあります。

 

とにかく頭痛はとても避けていきたい症状ですよね、、、

頭痛でも片側だけが痛い「片頭痛」や

頭全体が締め付けられるように痛い「緊張性頭痛」があります。

 

片頭痛は急に血管が拡張することにより

緊張性頭痛は血管が急に緊張すると起こります。

自律神経の乱れが原因にあることも多いです。

 

頭には実はツボがたくさんあって側頭部の筋肉が緩んでいくと

頭痛の解消など。

頭頂部を緩めていくと自律神経の調整にも効果があります。

 

さらに頭皮の引き上げによって顔もリフトアップ効果大です!!!

 

オプションで「美髪育毛電流鍼」追加で頭の凝りを解消できますので

とてもおすすめです。

気になる方は是非お問い合わせください(#^^#)

 

頭の凝り

 

WEB予約

 

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

前へ