staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.07.25更新


こんにちはmeilongの飯沼です!

みなさんこの4連休はいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが鍼灸の効果とはご存知でしょうか?
鍼灸治療が受けた事がない、気になっているという方はぜひ今日のブログをみてみてくださいね☆

健康的な身体に大事な3つの要素

「気」
体内を流れるエネルギーのことで、元気や気力の『気』という意味をもちます。

「血」
文字通り血液のこと。血液が循環して全身に栄養を運び、潤いを与えます。

「水」
血液以外の体内にあるリンパ液やその他の水分のこと。消化や排泄に影響するほか、臓器をスムーズに働かせる潤滑油のような作用もあります。


*生態機能調整作用*
組織や期間の機能を回復させる作用が、症状により異なる働き方で起こることがわかっています。

・疼痛やけいれんなど→鎮静作用により、機能が異常に高まっている状態を抑える働きをする

・痺れ、運動麻痺といった神経や臓器の機能低下→興奮作用により働きを活発にする


*血行促進作用*
症状が起きている患部と健康な部分を使い分けることで、下記のような作用が働くと考えられています。
・肩こり、筋肉痛、動脈硬化など→血管を拡張させ、血行を促す働きが起きる

・関節炎などの炎症→患部に集まっている血液を健康な部分に移動させることで、炎症を鎮める作用が起こる

*免疫力の活性化作用*
白血球を増やすことで、生体防御機能が高まり、身体全体の免疫機能を活性化させる働きをすると考えられています。 また、血行促進作用、生体機能調整作用によりガンや感染症にかかりにくい体質づくりにも役立つと考えられています。


他にもWHOでは鍼灸治療の適応疾患43疾患を発表し、2001年には大学病院での医学部教育課程に東洋医学が取り入れられるようになるなど、もはや民間療法ではない正式な医療としての役割の重要性は日に日に高まっています。


西洋医学が、病気の原因である細菌やウィルスの根絶や患部を回復させることに主眼を置いている一方、東洋医学は「身体の免疫力を高める」ことを主眼にしています。
西洋医学よりも副作用が少なく、また原因がはっきりしない症状や慢性的な症状に効果があることが明らかになり、東洋医学を治療に取り入れる医療機関も年々増えています。


最近では鍼灸治療だけでなくメディアで美容鍼灸も取り上げられていますよね!

もし今日のブログを読んで気になる方はぜひ下の予約から予約してみてくださいね⭐︎

皆様にお会いできます日を楽しみにしております。

m.g

 

WEB予約


恵比寿院
tel:0364128890

銀座院
tel: 08074605858

恵比寿mana院
tel:0353154313



恵比寿院Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

SEARCH