staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.07.24更新

皆さんこんにちは!
鍼灸師の飯沼です(^^)

最近食べすぎてるなー、消化が悪くなってる気がする、、

なんてことありませんか?

 


実は食べ多分エネルギーが補充されていくわけではなく、疲れた胃腸ではエネルギー補充も不十分なんです!

 

胃で行われる消化にかかる時間は3〜5時間、
小腸では5〜8時間かかるといわれています。

 

胃腸を働かせ過ぎてしまうと自律神経や血流だけではなく、

消化液の分泌やPH調整にも影響が及びます。


胃腸が疲れているという状況は消化にかかわるこれら全ての活動に

負担がかかっているということなのです。

 

胃腸を休める方法はいたってシンプルです。
「胃を空っぽにしてあげる」ということです。

 

今、本屋さんでもよく見かけるのが1日2食生活に書いてある本。

 

私たちは習慣として1日3食の生活を送っていますが今の栄養価の高い食べ物に囲まれた時代に3食食べないと本当に栄養失調になってしまうのでしょうか?

もちろん、いろんな意見や情報が多いとは思いますが、

毎日3食を食べなければないないとは言い切れないと思います

大切なことは自分の胃腸に耳を傾けてみてあげましょう。

その日の胃腸の状態に合わせて、1食分を抜いてみたり、軽めの3食にしてみたりと食事のペースを合わせてみるのがおすすめです。

 

また寝る前に食事をしてはいけないとよく耳にしますよね。 


寝る前の食事は太るというイメージの人も多いはずです。

 

もちろん寝る前に食べることで太りやすいのも事実です、、

それ以外の影響もあります。
お腹がいっぱいでも、空腹でも、良い眠りにはつながらないんだそう。

たとえ寝ている間でも胃は消化活動を続けます。

満腹で眠ってしまうと、就寝後も胃が消化活動で動き続けるため、

脳が興奮してなかなか寝付けなかったり浅い眠りになったりするということもあります。

 

また、夜間は食物の消化・吸収に使われる消化酵素が減少するため、
消化しきれなかった食物が胃に残り、翌朝胃もたれしたりと

健康面にも悪影響を及ぼします。

 

逆に空腹は空腹で、脳が覚醒してしまい眠れなくなるそう。 

お腹が減って眠れない、という状態です。

良い睡眠のためには、寝る2~3時間前までに食事を済ませるよう心がけることが理想です!

 

睡眠の質を高めるためにまずは自分生活習慣から見直していきましょう!

m.i

WEB予約


恵比寿院
tel:0364128890

銀座院
tel: 08074605858

恵比寿mana院
tel:0353154313


恵比寿院Instagram

meilong official Instagram

投稿者: Meilong

SEARCH