staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.05.23更新

こんばんは、石鍋です!

今回は免疫を高めるヨーグルトパワーについて簡単に説明していきます。


免疫力を高めるカギは食!
人の免疫の働きに関係するさまざまなカラダの器官の中で、最大の免疫器官が腸管です。実際、免疫の機能を支配するリンパ球の約60%以上が腸管に集中しており、抗体全体の60%は腸管でつくられています。
この腸管をいかに丈夫に保ち、ベストな腸内環境を保つ食生活を心掛けるかが、つまり免疫力アップにつながっていくのです!
免疫の働きは、低下すると感染症やがんにかかりやすく、また免疫の働きが異常になると自分自身を攻撃し、アレルギーや自己免疫疾患といったやっかいな病気になってしまうこともあります。
免疫力を高めるためには、その働きを正常に働かせ、かつ理想的にパワーを発揮できるような食生活を取り入れていくことが必要なのです。

 

20歳前後がもっとも免疫力が高く、加齢とともに低下?
年齢を重ねるごとに免疫系の働きは低下します。また年齢に関係なく過度のストレスや環境物質のなかにも、免疫力に影響するものがあります。
免疫力を高めること。すなわち、抗体やナチュラルキラー細胞、貪食細胞などの免疫細胞の働きを高めることが求められます。
まず免疫の基礎体力となるのが、たんぱく質です。「クスリよりも一杯のミルク」。つまり、カラダの基礎体力で細胞の力を甦らせるためには、クスリよりもミルク中のたんぱく質がまず必要ということです。
ビタミンの中ではE・C・Aが十分でないと免疫力を正常に保つことはできません。ビタミンEを十分量摂取することによって高齢者の免疫の働きは向上します。
また亜鉛やセレンなどのミネラルも摂ることで免疫力は回復します。さらに、免疫の働きを高めバランスを正常化するのに乳酸菌があります。

 

アレルギーも食から予防しよう!
国民病ともいわれる花粉症などのアレルギーは、遺伝的な要因プラス環境的な要因によって、免疫の働きのバランスがくずれた状態をいいます。このアレルギー状態を、食べ物で正常に戻してやろうという試みがさかんに行われています。
たとえば、ヨーグルト!!
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、私たちの身体をアレルギー反応が起こりにくい状態にすると考えられています。何事も予防する試みが肝心です。今日からでも毎日のヨーグルト習慣をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

腸内環境を整えるヨーグルトパワー!
免疫系の重要な器官である腸のなかには、数百種類・100兆個もの菌がいるといわれています。
これら腸内細菌は、種類ごとに集まってグループをつくる性質を持っており腸内フローラなどと呼ばれます。
この腸内フローラには、乳酸菌など人の健康のために有益に働く善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌など有害物質をつくりだす悪玉菌とがあり、常に腸内で戦い合っています。
健康維持のためには、腸内の細菌バランスを善玉菌優勢に保つことがとても大切なのです。
善玉菌の代表は、ビフィズス菌やラクトバチルス菌など。腸内の調子を整えるお手伝いをしてくれます。
ヨーグルトにもこの善玉菌がたくさん含まれています。
栄養価としては牛乳とほぼ同じですが、発酵の作用によってヨーグルト独特の爽やかな風味が生まれるのが特徴です。
さらに、ブルガリア菌などの乳酸菌の働きによって、乳糖がすでに分解されているため、消化吸収率がとても高く、乳糖不耐症の人が食べてもお腹がゴロゴロしないといった利点もあります。
また、肌荒れの予防などの美肌効果もあり、女性にとってうれしい効果がたくさんあります。

ヨーグルト

鍼灸も腸内循環を整えて免疫細胞を増やすことが期待できます。
鍼灸を行うことにより血流が促進し、全身に血液がめぐるため、全身の血流を改善する効果があります。
さらに、お腹の筋肉の緊張を緩めることで、さらに腸への血流量をサポートすることができます。
その結果、腸内の免疫細胞であるリンパ球に良い影響が及び、免疫アップにつながります。

 

鍼灸でお身体メンテナンスし、プラスでヨーグルトを食べて免疫をあげてみてはいかがでしょうか?

 

次回はヨーグルトの健康・美容効果について紹介していきます。

 


WEB予約

恵比寿院
tel:0364128890

 

銀座院
tel:08074605858

 

恵比寿mana院
tel:0353154313

 

恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram 

投稿者: Meilong

SEARCH