staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.03.16更新

こんにちは、石鍋です。

今回はあさりの栄養について書いていきます。

 

あさりの栄養

・鉄分

貧血を予防する効果が期待できる成分であり、あさりが含んでいる栄養素の中で最も多いものが鉄分です。

肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っているヘモグロビンを作る基であり、これが不足することで貧血を起こしてしまったり、疲れやすくなったり、倦怠感がなかなか取れないといった体の不調が起こります。

また、運動機能にも大きく関わってくる成分であり、不足すれば僅かな運動で動悸や息切れが止まらなくなり、回復までにかなりの時間を要するようになってしまいます。

女性は月経があるため鉄分の必要量が男性に比べて多く、妊娠や成長期に鉄を利用する量が急激に増えるため、特に不足しがちになってしまうので積極的に摂取することをお勧めします。

 

・タウリン

疲労回復効果で知られるビタミンB群の仲間で、栄養ドリンクなどにも配合されていることが多い栄養素です。

肉体的疲労に対してはもちろんのこと、脳にも影響することで精神的な疲労に対しても効果が期待できます。

その他にもタウリンは肝機能修復にも効果を発揮したり、血圧を下げる効果や動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防効果も期待することができます。

 

・ビタミンB12

神経や血液細胞の正常化を補助し、遺伝物質のDNAの生成にも不可欠な栄養素です。

鉄分を元にヘモグロビンを作る時に使われる成分でこちらも貧血などのヘモグロビンが不足することで起こる体の不調改善に効果があります。

また、葉酸の働きを補助することで神経細胞を正常に保つ力を持ち、末端神経の修復に使われるため、肩こりや腰痛に効果があると言われています。

最近では循環器疾患や脳卒中などを予防する効果もあるという研究結果が出ているほどです。

 

・亜鉛

免疫力の向上や味覚を正常に保つ効果で有名な成分です。

細胞の入れ替わり頻度が非常に高い、舌にある味蕾という味を感じる受容器官を構成する成分であるため不足すると所謂、舌が馬鹿になる状態になります。

更に汗をかくだけで体外に流出してしまう成分で体内で作り出すことができず、食事から摂取する必要がある成分なのです。

吸収率は約30%しかなく、よく汗をかく人などは意外と意識的に摂取しないと不足しがちになってしまうので注意が必要です。

その他にも新陳代謝、ホルモンの合成や分泌を促す成分であり、神経伝達物質を作るのに必要な成分なので精神安定や脳の機能を高める効果があると考えられています。

特に成長期の子供には積極的に摂取することをお勧めします。

 

あさりはこの他にもナトリウムやカルシウムなどのミネラル類を含んでおり、低糖質低カロリーであるところも成分的な特徴です。

 

次回はあさりの効果効能についてお伝えします!

あさり2

WEB予約

 

恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:0362639545

 

恵比寿mana院

tel:0353154313

 


恵比寿院 Instagram

銀座院 Instagram

 

 


鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

投稿者: Meilong

SEARCH