staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.02.14更新

 

こんにちは!柴山です!

 

 

最近暖かい日が多くなりましたが、

まだまだ冷え性さんにつらい季節ですよね…

 

手足が温まらず寝付けなかったり、
仕事中もつらかったりすると思います。

 

そこで、冷えない身体を作るために簡単な生活習慣を1ご紹介します\(^o^)/

 

 

 

❶朝起きたらコップ一杯の白湯を飲む

 

朝起きたとき、体はまだ完全には目を覚ましていません。

起床後にコップ1杯の水を飲むと、胃腸が動いて体が目を覚まします。

冷え性の人は水を白湯にすると、体の内側を温めながら目覚められるでしょう!

 

 

 

❷運動をして代謝アップ!

 

冷え性さんには筋トレがおすすめ!

筋肉量が増えると代謝がアップし、体温も上がりやすくなります。

筋肉の70%は下半身にあるので、下半身を中心としたトレーニングを行いましょう!

 


★3秒つま先トレーニング★

3秒かけてかかとを上げて、3秒かけて戻す、ゆっくりと時間をかける簡単トレーニング!

 

つま先立ちはふくらはぎを刺激します。
ふくらはぎは心臓に血流を送るいわば体のポンプ。
鍛えることで血流アップを期待できます!

 

 

 

❸こまめに体操・ストレッチをする

 

デスクワークや家事で同じ姿勢が続くと、
血行不良になり手足が冷えやすくなります。

 

そこで体操したりストレッチしたり、
こまめに体を動かしましょう。

 

休憩中に少し歩いたり、階段を使ったりするのも効果的です!

 

 

 

❹1日3食、バランスの良い食事

 

栄養バランスの整った食事を取ることで、体の機能が正常に働きます。
また食事をすると熱が生まれるので、体を温めることにもつながります。

 


★体を温める栄養素★

 

・良質なタンパク質
肉、魚、卵、大豆製品など

 

・ビタミンE
うなぎ、いわし、アボカド、ナッツ類、かぼちゃなど

 

・ビタミンC
うなぎ、いわし、アボカド、ナッツ類、かぼちゃなど

 

・ビタミンB1
豚肉、豆類、胚芽など


→ニンニクや玉ねぎを一緒に摂取することで、
ビタミンB1の吸収を高めてくれます!

 

 

 

❺体を冷やす食品を控える

 

冷え性の方は、体を冷やしてしまう食品を控えましょう!

夏が旬のトマトやきゅうり、なすなども体を冷やします。

他にもレタスやバナナ、砂糖、油脂、お菓子なども体を冷やすので要注意です!

飲み物も、なるべく常温のものが温かいものを選びましょう!

 

 


❻体を締め付けない服を着る

 

体を締め付ける服は血行を悪くします。

 

また1枚厚手の服を着るよりも、
何枚も重ね着した方が温度調節がしやすく、空気の層ができてよりあたたかいです。

冷え性の人は、体にゆとりのある服を何枚も重ね着するとあたたまりますよ!

 

 

 

❼3つの首・お腹を温める

 

手足が冷えやすい人は、3つの首とお腹を温めましょう!

3つの首とは首・手首・足首のこと。
首には太い血管が通っており、温めた血液が全身に巡ります。

お腹を温めるのは、内臓を温めるためです。

 

内臓が冷えると血流が集中し、末端の手足が冷えてしまいます。
先にお腹を温めておけば、血流が末端までしっかりと巡りますよ!

 

 

 

❽ストレスを解消する

 

ストレスは自律神経を乱します。
自律神経とは体のさまざまな機能を司る神経です。
体温の調整にも関わっているため、自律神経が乱れると体の冷えにもつながります。

 

簡単なストレス解消法が深呼吸です。

深く息を吸ってお腹を膨らませ、ゆっくりと息を吐いてお腹をへこませて。

 

腹式呼吸で心と体をリラックスさせましょう!

 

 

 

❾お風呂で浴槽に浸かる

 

冷え性の人はお風呂はシャワーだけで済まさず、浴槽に浸かりましょう。

熱いお湯だと冷えに良さそうですが、実は体の表面だけが熱くなり深部は温まりません。

 

時間があるときは、


①40度のお湯に3分浸かる
②30度ほどのシャワーを30秒浴びる

 

①②を3~4回繰り返す「温冷交代浴」もよいでしょう!

 

冷え性の解消だけでなく、肩こり改善や疲労回復効果も見込めますよ!

  

 

 

➓十分な睡眠をとる

 

睡眠はストレスを解消し、自律神経やホルモンバランスを整えるなど、健康の全てに関わります。

 

冷えにくい身体作りに睡眠は欠かせません。冷え性の人は十分な睡眠を取りましょう!

 

体温が下がると眠くなる性質を利用した、安眠に導く方法も。

 

寝る1時間半ほど前に入浴すると、寝る頃にほどよく体が冷めて、すっと眠りに入れます。

 

お風呂でしっかりと温まれば手足も冷えず、眠りにつけるでしょう!!

 

 

 


食事や運動、睡眠など生活習慣を改善することが、冷え性改善にもつながります!


冷え性で悩まれている方は生活を見直して、冷えない身体を作りましょう( ^ω^ )♪

 

 

 

 

WEB予約

恵比寿院
tel:0364128890

 

銀座院
tel:0362639545

 

恵比寿mana院
tel:0353154313

 

恵比寿院Instagram

 

銀座院Instagram

 

鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

 

投稿者: Meilong

SEARCH