staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2020.02.02更新

 

こんにちは!柴山です\(^o^)/

 


みなさんMCTオイルって知ってますか?

 


ひと昔までオイル=油は、
特に日本食では調理中に使うイメージが
強かったのではないでしょうか?

 

天ぷらはもちろん、油を多く使うお料理は、美味しいけど食べ過ぎるとカロリーなどが気になる悩ましい存在でしたよね…

 

そんなオイルが、オリーブオイルをきっかけに健康をサポートしてくれる食材として注目される様になり、今では様々なオイルが健康の味方として知られる様になりました!

 


今回は、そんなオイルの中でも特に注目を集めている「MCTオイル」をご紹介したいと思います(^o^)/

 

 

◆スーパーエナジー「MCTオイル」とは?

 

ココナッツやパームの核に含まれる中鎖脂肪酸だけを取り出した油のことを「MCTオイル」と言います。

 

中鎖脂肪酸油は脂肪酸の中でも「飽和脂肪酸」に属するオイルで、
消化・吸収が早いという特徴から、
さまざまな健康効果が期待されています!

 


⭐︎早くエネルギーに変わる!

 

中鎖脂肪酸は、アボカドオイルやオリーブオイルに含まれる長鎖脂肪酸にとは異なり、
肝臓に直接取り込まれて代謝されます。
そのスピードは長鎖脂肪酸の4倍とも言われ、体内で直ぐに吸収され素早くエネルギーに変わるのです。
エネルギーに素早くなるから、体脂肪として蓄積されにくいんですね!!!

 


⭐︎ダイエットにおすすめ

 

MCTオイルは、いくつかのポイントからダイエットに効果が期待できるとされています。

 


ポイント①

 

先ほどのご紹介した様に、体内での吸収が早く脂肪として蓄積されにくいということ。
痩せるというよりは、太る要素を減らしてくれる効果ですが、長期的に考えるととても大切なダイエットの要素と言えます!

 


ポイント②

 

プロテインをトレーニングや置き換えダイエットとして取り入れてる時には、MCTオイルをプロテインにプラスすることで、筋力UPと同時に脂肪燃焼効果をUPさせる効果が期待できます。

 


ポイント③

 

素早くエネルギーに変わるMCTオイルは、ケトン体を作り出すことでエネルギーを供給し続けてくれることでです。
そのため、ジョギングや筋トレなどのトレーニングをする前に取り入れることで、持久力をUPすることができます。
お家以外でMCTオイルを取り入れたい時には、サプリメントとして摂取するのがおすすめです。

 

 

◆MCTオイルの使い方

 

ココナッツオイルと違い無味無臭で油っぽくないMCTオイルは、
食事の時に出来上がったお料理にプラスして取り入れるのが理想的です。

 

サラダにかけても良いですし、ヨーグルトやスムージーにプラスしても◎!
スープやお味噌汁などに入れてもOKです!

 

一つ注意したいのは、
MCTオイルは一般的なサラダオイルなどよりも低温で煙が出てしまうので、炒め物や揚げ物には不向きです。

 

調理して取り入れるというよりは、そのまま混ぜたり和えたりして食事に取り入れる様にしましょう。

 

 

◆MCTオイルの正しい摂取量

 

MCTオイルは、一日に数回小さじ1~大さじ1程度取り入れると良いとされています。

 

体質や体調によっては、下痢や胃痛などの副作用を起こす可能性もあるので、最初は小さじ1程度から使用をスタートする様にしてください! 

 

また、どんなに体に良いと言っても脂質には変わりないので、カロリー摂取を増やさないためにも、取り過ぎには注意してくださいね〜!

 

 


いつも健康で美しくいたい!と思っても、
なかなか毎日の食生活に気を遣うのは難しいものですよね…

 

そんな時には、健康をサポートしてくれるアイテムを上手に取り入れて、無理なく続けられるのが一番!!!

 

飲み物やお料理など何にでも後からプラスするだけでOKなMCTオイルをぜひみなさんも試してみて下さい( ^ω^ )!

 

 

 

WEB予約


恵比寿院
tel:0364128890

 

銀座院
tel:0362639545

 

恵比寿mana院
tel:0353154313

 


恵比寿院Instagram

 

銀座院Instagram

 

 

鍼灸/美容鍼/妊活/肩こり/腰痛/頭痛/自律神経/坐骨神経痛/眼精疲労/恵比寿/銀座

 

 

投稿者: Meilong

SEARCH