staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.12.25更新

皆さんこんにちは鍼灸師の飯沼です^ ^

今日は旬のかぶを紹介したいと
思います。

かぶの旬は3月〜5月また10月〜12月の二回あります。

かぶは暑すぎず寒すぎない冷涼な気候を

好む野菜だからです。

春にとれる春かぶと、秋にとれる秋かぶでは

味わいや歯ごたえもことなり、

季節が変わるごとにそれぞれの

美味しさが楽しめます。

 

葉の栄養


かぶの葉にはビタミンA、B、Cが

多く含まれており、

また鉄分や植物繊維も豊富です。

緑黄色野菜の代表的な機能性成分である

βカロテンを含むため、

ガンや心疾患の発症抑制作用があるといわれています。

またカルシウムも多く含まれ、

含有量はほうれん草の約4倍です。

 

 

 

根の栄養


かぶの根 (胚軸)には食物繊維のほか

ビタミンC、アミラーゼ (ジアスターゼ)が

多く含まれています。

酵素であるアミラーゼはでんぷんの分解、

吸収を助けてくれる効能がありますが

熱に弱いため生食のほうが適しており、

食べすぎや胸やけなどに効果があります。

 

 

 

鮮度は葉っぱでチェック


スーパーには葉つきのかぶと、

葉を切り落としたかぶがそれぞれ並んでいることがありますが、

葉つきのかぶがより新鮮で美味しいです。

葉が先端までみずみずしくピンとはり、

茎のつけ根部分が淡い緑色のものを選びましょう。

鮮度が落ちると葉先が黄色くなりやすいので

注意が必要です。

 


根の部分はツヤをみる


かぶの根 (胚軸)をみるときは、

全体につやがあり、整った丸みをしているかどうか

を判断します。

夏は北海道で栽培されたものが

スーパーに並ぶことが多いのですが、

時期的に高温期に収穫されるため、

なかにはやや先端がとがり逆三角形になった

かぶもあります。


 
皆さん旬の野菜を食べて

心も体も元気にしていきましょう!!

 


web予約
恵比寿院 電話問合せ
tel:0364128890

銀座院 電話問合せ
tel:0362639545

 

 

 

投稿者: Meilong

SEARCH