staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.10.25更新

こんにちは(^^)/

meilong鍼灸師の加倉井夏実です!

みなさま、気候の変化がだいぶありますが 健康管理は大丈夫でしょうか?

先日私がみさせていただいている患者様が腰痛になってしまいましたので、今回は慢性的な腰痛について紹介をしていきます!!!

 

 


▲ 慢性腰痛について


「腰」は漢字の如く、体の要ですね。

ちょうど体の中心にもなりますし、大きな関節もあります!

実は原因が多岐に渡りますので今回は一部を紹介ていきますね。

 

 


①長時間座り作業が多い人は

・おしりの筋肉 ・太ももの筋肉  ・鼠径部の筋肉 ・脇腹の筋肉

 


②長時間立ち作業が多い人

・太ももの筋肉 (・体幹筋肉が弱いので鍛える)

 


①と②に関しては、ストレッチをすることをお勧めします!

血流量の低下→筋肉が固くなる/冷える 老廃物がたまっていく

なんてことがおこりますので、筋肉のストレッチをお勧めいたします!

 


また、長時間立っている人(もちろん、すわり作業の人も該当しますが・・)で腰痛になってしまうひとは 体幹の筋肉が弱い人が多いです。

体幹の筋肉が体を支えることが出来ずに、腰に負担をかけている・・なんて事はよくありますので、合間にトレーニングなども行ってみて下さいね!

 


今回紹介しているストレッチなんかは、立野先生にこれから紹介してもらえるようにしますね!笑

 

 

 

③ お腹が冷えている

実は体の中の仕組みで、お腹と腰は同じ筋膜に包まれているんですね。なので、胃腸の症状が出ている人や、お腹が冷えているひとは、もれなく腰や婦人科系のお悩みを抱えている人がおおくいらっしゃいます!

内臓が冷えてしまうと、体の修復力も低下してしまいます・・

是非体を温めることを行ってみて下さいね。

 


④ 実はストレスが溜まっている・・・

ストレスが原因で腰が痛くなる人は、実は多くいます。。

ぎっくり腰なんかで、特に重い物を急に持ち上げたわけじゃないんですけど。。。。

なんておっしゃる方は、結構このパターンが多かったりもします!

環境の変化で、気づかないうちにストレスになっている人は要注意です。

人はいい環境に変化したときも、ストレスになります。

温泉旅行から帰った後に、なんとなく家に帰ってくると疲れた感じがするのは ここに理由があったりもしますね。

 


普段からストレスを抱えすぎない様にする事が一番です!!!

 


⑤ 急激な痛みの時にはすぐに病院へ・・・

熱の症状と一緒に出ることが多いですが、腎炎を起こしていることもあります。。

頑張りすぎずに、すぐに病院へ行きましょう!!!

 

 

 

以上です!!!

これから寒い時期になって腰を痛めてしまう人は多くいるとおもいますので、皆様ぜひお気をつけてお過ごしくださいね(^^)/

 

 

 

 

WEB予約

 

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

 

 

投稿者: Meilong

SEARCH