staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.09.25更新

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の熊井です。

いくつになっても肌にみずみずしい潤いや透明感のある人は、睡眠時間をしっかり確保し、その大切さもちゃんと理解しています。

睡眠美容。眠るだけで高価な美容液が不要なくらいツヤツヤの肌が手に入るのですから、もう今すぐ眠りたいくらいですね!?

ただし、ただウトウト・ダラダラ眠るだけでは意味がありません。

肝心なのは「眠りはじめの3時間」を途切れさせず深~く眠るということです。

 

睡眠の質によって美しさに差が出るのは、“成長ホルモン”の存在にあり、

成長ホルモンとは、肌の細胞の新陳代謝を促す働きがあるといわれる物質です。昼間のダメージを修復し、古くなった細胞は、新しい細胞にスムーズに入れ替わることで美しい肌をキープすることができます。

そして、1日の分泌量のうち、約70%が睡眠中に分泌され、6~7時間の睡眠時間のうち、成長ホルモンが集中して分泌されるのは最初の3時間で深い睡眠状態にあることが分泌の要。

仮に3時間の間に目が覚めてしまうと、成長ホルモンの分泌は妨げられ、せっかくの効果が半減してしまうそうです。

 

ということは、夕食後にくつろいでいるうちにウトウト…うたた寝する習慣がある人の場合、眠りが途切れ、美肌をつくる大チャンスを逃しているということです。

ど~~しても眠い!そんなときは入浴よりもベッドに入ることを優先し、すぐ眠ってしまいしょう。そんな夜もあります。仕方なし!

 

ちなみに3時間以降には意味がないかというと、決してそうではありません!

睡眠後半は分泌された成長ホルモンが活動する時間になるほか、体と心のメンテナンスや頭の整理整頓などが行われています。

なのでトータルで約7時間ほど睡眠時間が確保できることが理想的なんだそうです。 つづく!

 

suimin


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

SEARCH