staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.08.22更新

こんにちは meilong鍼灸師の加倉井です(^^)/

 

今回は食事療法についてお伝えをしていきますね!!!

 


実は食事療法というのはとっても難しいです。、、
いろいろなダイエット本が世の中に溢れていますが、多種多様だったり 結構過激な考え??
(○○だけで病気が治る!!!)なんて本もあったりしますね。
きっと皆さまの中でも、私には何がいいのかな?なんて不安に思う方も多くいらっしゃると思いますが・・

 


今回はざっと、いろいろな食事についての紹介や 食事についての考え方について紹介をさせて頂ければと思います。


①バランス良いって難しい!
食品成分表のバランスなどを考えて、食事のことをくみたてるのって現代社会を生きているハードスケジュールな方たちには中々難しい話だと思っております・・・
更に、一人暮らしの方なんかは食品が余ってしまう。。。そんなお悩みを聞くことも多くあります!
少し簡易的ではありますが、そんなお悩みの方にはこちらを紹介します!
・旬の野菜を3色食べる(みどり/ほうれん草・赤/トマト・白/玉ねぎ など)
・発酵食品を食べる(味噌・なっとう・しょうゆ)
・海藻類をたべる

すこし簡易的ではありますが、わかりやすい参考になりますので 是非行ってみて下さいね!


②朝食べる気がしない・・・
私は朝、寝坊して食べない!なんてことを良くしちゃいますが・・・
実は朝は排せつの時間と考えている方も多くいらっしゃいます!
朝食べる気がしない人は、水分を多く取るように心掛けて、お小水や便を出すように意識をしてみてくださいね。
この時、飲み物とは 常温の水 がやはり一番いいですが、難しい人にはお茶でも良いと思います。
糖分がはいっていると逆に血糖値の上昇がみられ、自律神経も乱れやすいのでお気を付けくださいね。

12時のランチからゆっくりと、お召し上がることをおすすめします!


③朝起きるのが辛い・・
思い切って夜ご飯を抜いてみてもいいかもしれません。
体へ溜まっている老廃物にたいして、肝臓の機能が少し低下している方に多く見られますが
3食のごはんを消化するのに、身体はフルマラソンを完走するくらいのエネルギーを使うと言われており、非常に負荷がかかります。

ストレスや疲れなどがみられて、肝臓のキャパシティを超えた働きが起こっていることが考えられるので ぜひそんな時にはプチ断食をして内臓をゆっくりと休ませてあげてくださいね。
常温のお水や白湯は飲んでいただいて大丈夫です!
むしろたくさんのんで、どんどん外に出すようにしてあげてくださいね。


今回紹介するのはこちらの③つになります!
試してみて、お体に合わないようでしたらすぐにやめて、お近くの医療機関へご相談をくださいね。

 

 

さて、私も以前悩みに悩んで 実は皮膚科の先生に
「何が正解なのかよく分からなくて・・・」なんてことも言ったりしていました。
先生からは「やり過ぎはよくないよ。何かだけ!なんてことはないからね。適切な量を食べてみてね。」
なんて優しいアドバイスを頂きました。

食生活アドバイザーの勉強をしているときにも、
食事は楽しく!という内容もありました。
なのて、ストレスになりすぎないように、徐々に習慣を正していけばいいのではないでしょうか?
日常に取り入れて行ってみて下さいね。


それでは、お体のご相談がありましたら 是非お問い合わせをお待ちしております!

 

 

 

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ
tel:0364128890


銀座院  電話問合せ
tel:0362639545

投稿者: Meilong

SEARCH