staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.07.01更新

雨の日

 

んにちは!木川です^^


梅雨時期には湿気が多くなるにつれて、 私たちの体内にもその湿気が入ってきてしまいます...。


その影響で体調不良を起こしやすくなるのですが、
人体への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼んでいま す。


さらに、「外湿」と「内湿」の2つのタイプに分かれて、 タイプごとに目立つ症状も異なってきます。

 


外湿とは…雨などで湿気の多い時期、 体内の水が外に出て行きにくくなります。


[症状]むくみ、だるさ、皮膚トラブル、尿トラブル


⇒やはり、“体内に水分が多く溜まっている” ことが関わっているようです。


内湿とは…内臓の機能低下により体内に水分が溜まります。


[症状]胃もたれ、下痢など胃の不調、食欲不振、倦怠感


⇒こちらの症状は“胃の不調”が見られます。
私も雨の日は頭が重いので、やっぱりこれは雨のせいだったのか! と確信しました。
皆さんも何か当てはまる症状はありましたでしょうか?


ではここで! 元気に梅雨を過ごすための対策をご紹介したいと思います。

 


湿気に負けないうれしい食べ物!


「体内に水分が溜まる」ことで梅雨バテに繋がっています...。
かと言って、水分を取らない! といった対処をしてしまっては返って身体によくありませんので、 適度に汗で水分を流して日頃の食事内容を見直してみましょう!


【おすすめの食べ物】


※カリウムをバランスよく摂ることにより、 余分なナトリウムを排出して高血圧を予防し、 体内の浸透圧のバランスを改善して、 便秘やむくみを解消できると考えられています。


特に旬の野菜や果物は、 その季節の体調に合った作用をしてくれます。
これからの季節だときゅうりやトマト、ゴーヤなどが旬ですよ♪
ちなみに、野菜は生で食べると身体を冷やす原因になるので、
なるべく火を通して食べると冷え対策にもなります。
野菜炒めやスープの具にすると、効率よく食べれそうですね。
今年の梅雨は、この知識を活かして乗り越えてみましょう!
皆様も体調に気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

WEB予約

 
恵比寿院 電話問い合わせ

tel:0364128890

 

銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

 

 

投稿者: Meilong

SEARCH