staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.06.11更新

こんにちは、山添です。

前回に引き続き、今回は骨盤の傾きをチェックする方法を書きたいと思います!

 


骨盤の傾きをチェックする方法

骨盤の前後の傾きや左右の差は、

自分でチェックすることができます。

◆骨盤が前傾しすぎている場合

・反り腰になる(おしりが突き出たような感じ)

・お腹が前に出やすくなる

・腹筋が弱くなりがち

・腰への負担が大きく、腰痛になりやすい

・背中や首などに痛みが生じることがある

◆骨盤が後傾しすぎている場合

・猫背になりやすく、姿勢が悪く見える

・肩こりになりやすい

・肩こり由来の腰痛や膝痛の原因にもなる

・ポッコリお腹

・背筋が弱くなりがち

◆「簡単なチェック法」

では実際に、自分の骨盤が前後・左右どちらに傾いている傾向があるのか?

身体の状態を知ることは、改善のための1歩。

簡単な方法で骨盤の傾きをチェックしてみましょう!

 


・立った状態(立位)でのチェック方法

1.壁を背にして、かかとをつけ、つま先を少し広げた姿勢で立つ

2.頭の後ろ、背中(肩甲骨)、お尻、かかとの4点を壁にしっかりとつける

3.壁と腰の間に手を入れてチェックする

・あお向けで床に寝た状態(仰臥位)でのチェック方法

1.膝をたてて、あお向けに寝る

2.床と腰の間に手を入れてチェックする

骨盤の位置が上手くバランスが取れている場合は、

腰に手を入れたときに、手のひら一枚分くらいのスペースが出来ます。

骨盤が前傾しているの場合は、

手がスカスカで、握りこぶしひとつが入りそうな状態です。

骨盤が後傾している場合は、手のひらを入れることが難しい、

あるいは全く入らない状態となります。

・骨盤の高さでのチェック

1.鏡の前に立ち、左右の骨盤(腰骨)の上にひっかけるように、手をおく

2.左右の手の位置が同じ高さかどうかを見比べる。

3.どちらかが低ければ、低いほうに骨盤が傾いている可能性が高いです。

 

 

 

※これらの方法で確認できる傾きは、

体型(おしりの大きさ)などの影響もあるので、

あくまで目安として考えてください。

 


骨盤の傾きを治す方法はたくさんあります!!

まずご自身で気をつけるとしたら足を組まない、、、などが一番身近ですかね、、、!

 


セルフケアもお伝えすることが可能ですので

是非ご相談ください!!

 

骨盤の傾きをチェック

WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890

 


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

 

投稿者: Meilong

SEARCH