staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2019.06.26更新

火鍋

 

meilong銀座院の内田です。
今日は東洋医学で考える体の構成と体質についてお話をします。

東洋医学では、私たちの体は気、血、水で構成されていると考えます。

気、血、水のどれか一つでも不足、過剰、停滞するとからだに不調として現れます。

気虚/栄養不足や過労、脾胃の働きが弱い
気滞/体の中で気が滞っている。
ストレスが強い。
ガスが溜まりやすい。
気逆/気が体の上部に上がり降りてこない。げっぷや吐き気など。

血虚/血が不足している。
栄養不足、出血傾向。

瘀血/血の巡りが悪い

血熱/からだに熱がこもっている。
鼻血でやすい。
酷くなると瘀血に。

陰虚/栄養不足、脾胃の不調で水分が足りない。

痰湿/体に余剰な水分が溜まり、体内が
浮腫、頭がボーとする、めまい、
痰、湿性の咳などとして体に現れます。


私たちの体質は、ライフスタイルにより左右します。

自分がどのタイプなのか見分け、どうしたら改善できるか時間のブログでお伝えします。

 

Facebook
https://www.facebook.com/meilong.jp

Instagram
https://www.instagram.com/meilong_ebisu/

投稿者: Meilong

SEARCH