staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.12.18更新

こんにちは、石鍋ですnico

今回はさつまいもについて書いていきます!

 

【さつまいものカロリー】

さつまいものカロリーは100gあたり132kcalです。中くらいのサイズのさつまいも(200g)のカロリーが、ご飯1杯分のカロリーということになります。

 

【さつまいもの糖質】

さつまいもの糖質は100g当たり29.2gで、1本食べると最低58.4gの糖質をとることになります。

 

 

【さつまいもの効果】

・シミやしわなどの老化防止効果

さつまいもに含まれているビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールは、抗酸化力が強く、老化の原因とされている活性酸素の生成を抑制してくれます。なので、肌の老化を抑えたり、老化によってできるシミやしわなどを予防する効果があります。

 

・ニキビや肌荒れを改善

さつまいもに含まれているビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1が肌を整えハリのある肌に導いてくれます。ビタミンCには、肌のハリや弾力を与えてくれるコラーゲンの生成を助けてくれる効果があります。また、ビタミンCは紫外線によるストレスから肌を守ってくれたり、ニキビや肌荒れにも効果的です。ビタミンEには保湿効果、ビタミンB1には皮膚や粘膜を補修する作用もあるので、サツマイモを食べることで肌荒れや乾燥を防ぐことができます。

 

・むくみを改善

さつまいもには、むくみを改善してくれる効果があります。体内に塩分(ナトリウム)が増えることで、むくみがおこります。サツマイモには、むくみの原因である塩分を排出してくれる作用があり、体内の水分量を一定に保ってくれる働きがあります。

 

・便秘を解消

さつまいもを食べることで、便秘を解消する効果があります。さつまいもには、食物繊維とヤラピンという成分が含まれていて、この2つが便秘解消を担ってくれています。食物繊維は、腸内の不要な物質を体外へ排出し、ヤラピンは腸のぜん動を促進したり便を柔らかくする作用があります。

 

・ダイエット効果

サツマイモにはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1には糖質をエネルギーに変えてくれる作用があり、糖質が中性脂肪に変化しにくくなります。

また、サツマイモにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれていますが、これには糖の吸収を遅くしたり、脂肪の蓄積を抑える効果もあります。

 

・免疫力アップ

ビタミンCは免疫力アップで風邪の予防や疲労回復にも効果的です。

また、ビタミンEには抗酸化作用があるため活性酸素を減らすためサビない身体を作って免疫力アップが期待できます。


・ガン予防

ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用があり活性酸素を減らす働きがあるためガン予防になります。

紫芋に含まれるアントシアニンも抗酸化作用があるためがん予防が期待できます。


・眼精疲労の軽減

安納芋に含まれるβカロテンは目の健康に効能があります。

眼精疲労だけでなく、白内障や視力の維持にも効果的です。 

 サツマイモ

 

【注意点】

さつまいもは炭水化物が多く、カロリーはじゃがいもの約2倍あるので食べ過ぎには注意してください!

また、カリウムの含有量が多いので、腎臓機能が低下している人が多量摂取すると高カリウム血症を起こす可能性があるので注意しましょう!

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

SEARCH