staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.10.25更新

はじめまして、

加倉井さんと同じく10月からmeilongで働くことになりました、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の石鍋ですnico

 

本日からブログを投稿します。

旬の食材や身体に良い食べ物、飲み物などについて投稿していこうかと考えていますmeal

よろしくお願いします!

 

今回は10~11月の旬の果物、について書いていきます!

 

くなると、医者がくなる」ということわざがあるほど、柿は栄養価が高く、他の果物には少ないビタミンAが豊富なのです!

また、ビタミンCもみかんの約2倍も多く、他にもビタミンK、ビタミンB1、B2とまるで総合ビタミン剤のように数多く含まれています。

さらに、ポリフェノールはなんと赤ワインの約50倍!

抗酸化パワーに至っては、緑茶の約500倍も含まれていると言われています。

 

品種によって数値に差がありますが、それでもこのように種類、含有量共にすごい数値を持っていますglitter

 

を食べることによる効果

・抗酸化作用

体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で活性酸素が発生します。活性酸素が増え過ぎると血管や細胞を傷つけ、体の内側を酸化させ、シワや老化・生活習慣病の原因になってしまいます。

柿に含まれるビタミンC、β-カロテン、β-クリプトキサンチンなどの抗酸化物質は、活性酵素の発生・酸化を抑えたり、活性酵素によるダメージを修復する働きがあります。

 

・血液サラサラ

柿に含まれる抗酸化物質の作用により、血管を詰まらせる物質の生成を防ぎます。

 

・美肌効果

柿に豊富に含まれるビタミンCがシミのもとのメラニン色素を薄くしたり、抑える効果があります。

また、ビタミンCはコラーゲンの合成に不可欠な成分なので、美容のためにはコラーゲンとビタミンCを同時に摂取した方が良いです。

 

・二日酔い予防・緩和

タンニンには二日酔いのもとのアセドアルデヒドやアルコールを吸収して体外に排出し、カタラーゼという酵素がビタミンCとの相乗効果でアセドアルデヒドの分解を促進させる作用があります。

さらに、カリウムの利尿作用で体の中にある毒素の排出を促すことから、二日酔いからの回復の助けになります。

 

・抗ストレス

副腎から分泌されるコルチゾールという抗ストレスホルモンの生産により、柿に豊富に含まれるビタミンCが大きく作用しています。

コルチゾールの分泌が追いつかなくなると、ストレスにより疲れやすい、だるい、集中できないなどの症状が現れてきます。

 

・むくみ予防・緩和

カリウムは体内の水分バランスや血圧を正常に保つ働きがあり、体がむくみやすい人はカリウムが不足している可能性があります。

柿にはカリウムが豊富に含まれているので、体内の余分な水分を排出し、むくみを改善・予防する働きがあります。

 

柿

 

食べすぎは冷えや、お腹を壊したりしてしまうので注意してください!

ほどほどに美味しく食べましょうnote2

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

SEARCH