staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.10.29更新

こんにちは、石鍋ですnico
 
今回はかりんについて書いていきます。
かりんは10月~11月ごろと、まさに風邪の季節の到来を控えたころが旬です!

果物として優れた栄養価がありますが、実が固くて渋いため、とても生では食べられません。
果実にはよい香りがあり、薬用として利用されることが多いです。

 

かりんの効果】

・のどの炎症を緩和、咳止め効果
かりんはのどの炎症を鎮めたり、咳止めの効能があります。
かりんに含まれるアミダグリンは、加熱やアルコールに漬けることでベンズアルデヒドに変化し、ベンズアルデヒドには抗菌・抗炎作用があります。
また、殺菌作用もあり喉の炎症を防ぐ香り成分、トリテルペン化合物も含まれています。
これら成分の働きが、喉の炎症や痛みを和らげ咳を止めてくれます!

 

・免疫力の強化・感染・風邪の予防効果
かりんには免疫力を強化し、風邪などの感染症を予防する効能があります。
かりんには、タンニン(ポリフェノール)、β-カロテン、ビタミンC、アミダグリンやトリテルペン化合物などの栄養が含まれています。
これら成分には、抗酸化作用や殺菌作用、抗菌や抗炎作用、免疫力のアップに効果があります。
そのため、ウイルスなどの侵入を防いだかりんは、古くから漢方や薬膳の世界で咳止めや喘息対策に使われてきました。

 

・インフルエンザの予防効果
かりんに含まれている栄養の1つであるポリフェノールには、インフルエンザウイルスを抑制する効能もあることが、ロッテと日本大学医学部感染症ゲノムセンターの研究によって明らかになってきました。

 

・美肌効果
かりんに含まれるビタミンCがコラーゲンの合成を高めて、美肌を保ちます。
ビタミンCには、肌を白くする美白効果もあります。
また、サポニン・タンニン・リンゴ酸・クエン酸などの有機酸を含み、収れん効果により肌が引き締まります。
糖類も含むので、高い保湿効果もあり、肌荒れ防止目的の化粧品などにも使用されていたりします。

 

・リラックス効果
かりんが持つ芳な香りは、喉の炎症を抑えるだけでなく、リラックス効果も期待できます。
体や気持ちが落ち着くことで、ストレス解消にも繋がり、精神安定にも働きます。

 

・冷え性・むくみ改善効果
クエン酸は、乳酸などの疲労物質を素早く分解し疲労回復に効果があるばかりでなく、代謝を活発にして冷え性の原因である血行不良を改善し、体温を高めたり、むくみをとります。クエン酸は腸を刺激して排便も促します。
かりんはカリウムも多く含むため利尿作用もあり、水分の代謝を助けてむくみを予防します。

 

・便秘や下痢の改善、解消効果
かりんには、便秘や下痢を解消する効能があります。
かりんに含まれる食物繊維はペクチンで、腸内の乳酸菌を増やし、腸の調子を整える整腸作用があります。
また、ペクチンは便の量を増やして、腸の蠕動運動を促す働きもあり、便秘改善に効果があるほか、有害な物質を吸着し体外に排出するのを助ける働きもあります。

 かりん

かりん酒やシロップ漬けにすれば香り成分だけでなく、果実に含まれるビタミンやミネラルも摂ることができます。
お酒が苦手な方やお子様にはシロップ漬けがおすすめです!
果実を食べることができ、シロップも余すとことなく摂ることができます。

 

風邪の予防にもひきはじめにも、かりんで早めに対処して、免疫力の向上に役立ててみてはいかがでしょうかglitter3

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong