staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.03.18更新

こんにちは、下地です!

本日は、朝活の魅力について書きたいと思います☆

 

運動・ダイエット効果上昇。

朝活得られる効果やメリット

〇朝活で得られるメリット

・生活リズムが整う
・成長ホルモンの分泌を促す
・うつを抑制する

・時間のゆとりで心にもゆとりが生まれる

 

〇朝は運動の効果も高い

朝の運動は習慣化しやすく、血流を促進して脳を活性化させるなどの効果も高くなっています。

また、朝に運動をすることで夜は規則正しく眠気が来ます。そのため「朝起きて夜に寝る」といった生活リズムが整っていくのです。生活リズムが整えば朝活だってしやすくなりますよ。

・ストレッチ・筋トレ・ウォーキング・ランニング・リズム運動・ラジオ体操
などの運動は手軽で行いやすいためおすすめです。

 

〇朝活の朝食はカレーがおすすめ

カレーには脂肪燃焼作用や抗菌抗酸化作用などの健康効果が多く含まれています。体調管理に最適ですよね。

香辛料で身体を温めてくれますから、朝活でダイエットをしている人にもおすすめできます。

「ただ健康効果が多いだけなら、夜に食べても良いのでは?」と思う人もいるでしょう。ですがカレーは朝に食べてこそ、次のような効果を発揮してくれるのです。
・脳が活性化されて目覚めが良くなる
・デトックス効果で朝から快便
・摂取できる栄養バランスが良い
眠気覚ましにカレーを食べれば、デトックス効果と栄養補給で元気な朝活ができますね。

※ただし、朝カレーは食べ過ぎると太ってしまいます。朝にカレーを食べるなら毎日は食べず、野菜中心の具材でお茶碗1杯分ほどの量でとどめておきましょう。

 

〇寝起きを良くする方法
寝起きを良くするには、寝る前の行動がとても重要です。つまり「自分は寝起きが悪い」と思っている人には、寝る前に寝起きが悪くなってしまう行動を取っている人が多いのです。

・朝活の目的を決めて早起きへのモチベーションを上げる
・睡眠の質を上げる
・目覚ましはスヌーズ機能を使わない
・日中の睡眠時間は20~30分まで
といった工夫をすれば、自然と「夜に寝て朝に起きる」リズムがつくられていきます。身体が早寝早起きのリズムに慣れれば、朝の寝起きも良くなりますよ。

ついつい夜更かしをしてしまいがちな人は、一度眠る前の自分の行動を見直してみましょう。

 

〇朝から疲れを感じる場合
朝活をむずかしく感じている人には、「寝起きが悪い」人の他に「寝起きに疲れやだるさを感じている」人がいます。

もし単なる眠気や二度寝への誘惑ではなく、寝起きに疲れやだるさを感じているなら要注意!体調不良の可能性があります。

寝起きの疲れやだるさには、

血行不良で低血圧になっている
自律神経の乱れが起きている
・前日の疲れが睡眠で取れていない
…のような可能性が潜んでいます。そんな体調不良を抱えている人は、寝起きにシャワーを浴びたり伸びをしたりして血流を促してみましょう。

寝起きの体調不良は、起きた後の行動で撃退することもできますよ。朝食でビタミンを補給したり、運動で体温を上げたりするのも良いですね。

 

今まで「やりたいけどできない」と嘆いていたことが、朝活の時間を使えば簡単にできるようになります。

朝は”起きてから出かけるまで”というタイムリミットもありますから、集中力を高く保ったまま効率的に物事が進みます。

できることの幅が広がれば人生も楽しくなりますね。朝から有意義な時間を過ごせたら、一日のスタートをポジティブな気持ちで迎えられます。

朝活を始めるために必要なのは、「早起きをする」ことだけ。手軽に始められる朝活で、日々を満喫してください!!

朝

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

SEARCH