staff blog

sp_btn01.png
妊活セミナー
アクセス・営業時間
キャンペーン

2016.06.29更新

こんにちは、水曜日担当の西川です。

以前最も訴えの多い疾患で、女性では肩こり、男性では腰痛とご紹介しました。

しかし、男性より女性の方が腰痛を訴える人が多いということから、男女ともに腰痛はつきまとう疾患です。

 

骨が原因で起こる腰痛(骨粗鬆症、脊椎分離症)

神経圧迫による腰痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)

内臓疾患による腰痛(消化器系、婦人科系、泌尿器系)

精神的問題で引きおこる腰痛(ストレス、うつ、原因不明)

 

このなかで最も多い原因は精神的による腰痛です。 

重い荷物をもっての営業、座りっぱなしのデスクワーク、高齢者の介護など日々体に負担をかけて生活しますよね。

日頃の疲れやストレスが積み重なることにより起こります。

レントゲンやCTでは異常がみられないので原因不明の不定愁訴の疾患となります。

 

 

なるべくこまめに休憩をとったり、

身体をのばしたり長時間同じ姿勢でいないことが大切です。

体重が腰に負担をかけている場合もあるので、その場合は減量してみて下さい。

タバコの喫煙も血流の流れが悪くなり身体を冷やす原因なので禁煙も絶対です。

 

またお腹や下半身の筋肉の衰えにより

腰を支える力が弱いことも腰に負担をかけます。

腹筋が無いと身体をまっすぐ支えられず猫背や前かがみの姿勢をとり習慣づいてしまいます。

体幹をしっかり鍛えることが大切です。

体幹

痛みが慢性化してる時、する前に定期的にマッサージやストレッチ、鍼灸を受けるのも予防線であり対処法になると思います。

 

予約はコチラから

 

投稿者: Meilong

SEARCH