staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2017.03.30更新

meilongへ予約こちらクリック

院長の石川美絵ですheart3

先日3連休に東洋医学学会に行ってきました。

仕事の関係でお灸の講演のみになってしまいましたがとても勉強になりました。

マウスの実験結果ではNK細胞活性やサイトカインの活性化が起きること報告されています。またマクロファージの自食作用が増強され感染症防止にもなります。

紫雲膏灸では小児アトピーが改善された例もあります。

糸状灸は急性疼痛、感覚異常

透熱灸は万位疼痛。、冷え、循環、内科疾患に効果があり

灸は脾胃を強めると言われています。

有名な歴史のお話で足三里に毎晩灸をして108歳まで生きた方もいます。

nk細胞とマクロファージとT細胞の活性で納得ですね。

今ではお顔にやる美容灸まであるのですから驚きです。(本当は禁忌事項ですけどね)

鍼の役割は神経疾患、鎮痛、局所治療、軟部組織治療、即効性の役割

灸の役割は血流改善、体液循環、軟部組織以外の治療、持続性、免疫強化

きゅう

 

ってところでしょうか、だから両方やりましょう!!

meilongはきちんと鍼灸マッサージトリプルで対応していますflowerflowerflower

 

 

 

ウェブ予約 http://www.meilong.jp/yoyaku/

Facebook https://www.facebook.com/meilong.jp

instagram https://www.insgy.net/user/meilong_acu/2104139383

 

 

 

 

 

投稿者: Meilong

2017.03.16更新

院長の石川美絵です(*'U`*)

meilongは初めての鍼灸治療デビューの方が多いのですがよく

お灸は何のためにするのですか?

と質問を受けます。

針とお灸はセットで相乗効果があるので鍼灸治療というのですがもちろん

熱をさらに入りやすくする、針だけでも体内循環が良くなりますが熱を入れることで

さらに体温を上げ自己免疫細胞の活性を向上させます。

 

例としてお灸の研究で博士号を取った医師の原志免太郎先生は、ウサギにお灸をして血液を調べたところ、赤血球、血小板などが増え、白血球の食菌作用が強くなったことを発見して、免疫力が高まったと言っていますしね。

艾は昔は漢方薬にも使われていましたし薬理作用がきちんとあります。

 

みなさんにお灸パワーを体験してもらいたいですね!!meilongはたくさんのお灸の種類がありますよheart3

 

 

おきゅう

 

meilongへの予約お待ちしております。ここをkクリック!!

 

 

 

 

 

LINE>>https://page.line.me/meilong
Facebook>>https://www.facebook.com/meilong.jp
instagram>>https://www.insgy.com/user/meilong_acu/2104139383

投稿者: Meilong