staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.03.23更新

こんにちは、下地です!!

最近、春らしい暖かい気候になってきましたねflower

 

これからの季節は薄着の時期!!

その前に美白ケアをしっかりしましょう(*'U`*)

 

ゴシゴシ洗うのはNG!体は優しく泡で包んで
ボディの美白には、皮膚の生まれ変わりをスムーズにすることが大切です。

皮膚の表面には、その奥の真皮にまで雑菌などが入り込まないよう守ったり、水分が逃げ出さないように潤いを保つという役割があります。
必要以上にこすり落とすことは、肌荒れや乾燥の原因になります。

また、摩擦の刺激はメラニン色素の生成を促し、色素沈着黒ずみの原因にもなります。

かといって、汚れは落として清潔をキープしなければなりません。

〇正しい洗い方

石鹸やボディソープをしっかりときめ細かく泡立てて、全身を優しく泡で包んで洗い流す。
これが、肌に負担をかけない正しい体の洗い方です。
手と体の間に泡のクッションをすべらせるようなイメージで、洗うとよいでしょう。

また、お湯の温度にも気をつけましょう。

温度が高すぎると、必要以上に皮脂を奪われて乾燥を招き、スムーズなターンオーバーに悪影響となります。

お湯の温度は38℃程度が理想です。

〇美白有効成分
トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・リノール酸・アルブチン・コウジ酸・プラセンタエキス・エラグ酸 など
高価な、顔用の美容液などを用いることは現実的でありません。

ボディ用の保湿クリームに有効成分が含まれているもので十分です。

あとは、体の中から、そして日焼けの予防の観点から、アプローチしていきましょう。

 

〇知って得するビタミンC!美白に繋がるその力とは?
ビタミンCは、水溶性ビタミンの一つです。肌に良いといわれるその効能は次のようなものがあります。

コラーゲンを生成する
メラニン色素の生成を抑える
免疫力を高める
細胞の抗酸化作用

 

これらの働きから、ビタミンCが美肌、また美白に欠かせない栄養素であることが分かりますね。

特に、メラニン色素の生成を抑えるという働きは、紫外線に強い肌を作るのに欠かせません。

紫外線は、毎日降り注いでいて、私たちの体はそれにさらされています。特に屋外に出ていなくても、窓から入る紫外線でも肌はそれを感知します。
後で触れる紫外線対策はもちろんですが、体の中から紫外線に強くなることは、美白ボディに必須なのです。

ビタミンCを多く含む食品

みかん・いちご・ブロッコリー・ほうれん草・ピーマン・パプリカ・じゃがいも・さつまいも・緑茶
ビタミンCは熱に弱く、また水溶性の為長時間茹でたりすると失われてしまいます。

生で食べられるフルーツなどは生で摂るのが良いでしょう。また、イモ類はデンプンで栄養素が保護されている為、加熱しても分解されずに摂れるのでお勧めです。

 

白くてすべすべとした肌は、春夏の明るい色合いの服をより美しく見せ、体自体がファッションの一部となりうる最強の武器です。

見えない部分に気を配り、ケアを続けることは隠れた自身にもつながり、魅力をアップさせることでしょう。

是非とも今から、入念なお手入れと予防を取り入れて、そんなボディを手に入れてくださいね!

美白

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.03.18更新

こんにちは、下地です!

本日は、朝活の魅力について書きたいと思います☆

 

運動・ダイエット効果上昇。

朝活得られる効果やメリット

〇朝活で得られるメリット

・生活リズムが整う
・成長ホルモンの分泌を促す
・うつを抑制する

・時間のゆとりで心にもゆとりが生まれる

 

〇朝は運動の効果も高い

朝の運動は習慣化しやすく、血流を促進して脳を活性化させるなどの効果も高くなっています。

また、朝に運動をすることで夜は規則正しく眠気が来ます。そのため「朝起きて夜に寝る」といった生活リズムが整っていくのです。生活リズムが整えば朝活だってしやすくなりますよ。

・ストレッチ・筋トレ・ウォーキング・ランニング・リズム運動・ラジオ体操
などの運動は手軽で行いやすいためおすすめです。

 

〇朝活の朝食はカレーがおすすめ

カレーには脂肪燃焼作用や抗菌抗酸化作用などの健康効果が多く含まれています。体調管理に最適ですよね。

香辛料で身体を温めてくれますから、朝活でダイエットをしている人にもおすすめできます。

「ただ健康効果が多いだけなら、夜に食べても良いのでは?」と思う人もいるでしょう。ですがカレーは朝に食べてこそ、次のような効果を発揮してくれるのです。
・脳が活性化されて目覚めが良くなる
・デトックス効果で朝から快便
・摂取できる栄養バランスが良い
眠気覚ましにカレーを食べれば、デトックス効果と栄養補給で元気な朝活ができますね。

※ただし、朝カレーは食べ過ぎると太ってしまいます。朝にカレーを食べるなら毎日は食べず、野菜中心の具材でお茶碗1杯分ほどの量でとどめておきましょう。

 

〇寝起きを良くする方法
寝起きを良くするには、寝る前の行動がとても重要です。つまり「自分は寝起きが悪い」と思っている人には、寝る前に寝起きが悪くなってしまう行動を取っている人が多いのです。

・朝活の目的を決めて早起きへのモチベーションを上げる
・睡眠の質を上げる
・目覚ましはスヌーズ機能を使わない
・日中の睡眠時間は20~30分まで
といった工夫をすれば、自然と「夜に寝て朝に起きる」リズムがつくられていきます。身体が早寝早起きのリズムに慣れれば、朝の寝起きも良くなりますよ。

ついつい夜更かしをしてしまいがちな人は、一度眠る前の自分の行動を見直してみましょう。

 

〇朝から疲れを感じる場合
朝活をむずかしく感じている人には、「寝起きが悪い」人の他に「寝起きに疲れやだるさを感じている」人がいます。

もし単なる眠気や二度寝への誘惑ではなく、寝起きに疲れやだるさを感じているなら要注意!体調不良の可能性があります。

寝起きの疲れやだるさには、

血行不良で低血圧になっている
自律神経の乱れが起きている
・前日の疲れが睡眠で取れていない
…のような可能性が潜んでいます。そんな体調不良を抱えている人は、寝起きにシャワーを浴びたり伸びをしたりして血流を促してみましょう。

寝起きの体調不良は、起きた後の行動で撃退することもできますよ。朝食でビタミンを補給したり、運動で体温を上げたりするのも良いですね。

 

今まで「やりたいけどできない」と嘆いていたことが、朝活の時間を使えば簡単にできるようになります。

朝は”起きてから出かけるまで”というタイムリミットもありますから、集中力を高く保ったまま効率的に物事が進みます。

できることの幅が広がれば人生も楽しくなりますね。朝から有意義な時間を過ごせたら、一日のスタートをポジティブな気持ちで迎えられます。

朝活を始めるために必要なのは、「早起きをする」ことだけ。手軽に始められる朝活で、日々を満喫してください!!

朝

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.03.17更新

こんにちは、下地ですflower

本日は、目の下のたるみの原因とケア方法を紹介していきます!

〇目の下のたるみの原因

加齢によるお肌と筋肉の弱体化
若いころはお肌の細胞を満たしていた、ヒアルロン酸コラーゲンは減少し、お肌のハリが失われ、乾燥やくすみ、たるみの原因を作ってしまいます。また、眼球のまわりの筋肉(眼輪筋)が弱体化して、眼球を保護していた脂肪が前に飛び出してきてしまうことが原因で目の下のたるみが起こる場合も。

紫外線によるダメージ
紫外線を浴びることにより、お肌の細胞は自らを守ろうと皮膚を厚く、ゴワゴワとしたものに変えてしまったり、シミのもととなるメラニン生成してしまったり。くすみごわつきシミというトラブルを引き起こしてしまいます。目の下ももちろんそう。皮膚が薄くデリケートな部分なだけに、肌トラブルによるダメージが目立って、たるんだ印象を与えてしまいます。

眼精疲労によるもの
PCやスマホを駆使して、現代の女性の目は疲れ切っています。眼精疲労により目の周りの筋肉は硬直し、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなった顔の筋肉はどうなるかというとむくんでパンパンになったり、くまができてしまったり。加齢とは異なり一時的な原因ですが、これが習慣になるとお疲れ顔まっしぐらなので注意しましょう。

 

〇目の下のたるみの対策と予防法

弱ってきた瞼の筋力をトレーニング
・下まぶたのリフトアップ

①背筋を伸ばして正面を向きます

②下まぶただけを使って目を閉じるようなイメージで、力を入れて下瞼を持ち上げます
これを疲れるまで何回か繰り返します

・眉のリフトアップ

①片目を閉じます
②閉じたほうの眉毛をぐいーっと上に持ち上げます
③持ち上げた状態で10秒キープ
④ふーっと力を抜きます
これを何回か繰り返します

・頭皮マッサージ
顔のたるみは頭皮のたるみ、実はそのくらい顔の皮膚と頭皮は切っても切れない間柄。文字通り、皮膚一枚でつながっているんです。

頭皮の下の筋肉をマッサージして血行を良くし、キュッと引き上げれば顔にも血行促進、リフトアップ効果があります。

①耳の上、こめかみ付近の「押すと気持ちが良いなあ」という部分に指をあてます
②頭皮を上に持ち上げるようにマッサージしていきます
③頭長部までマッサージしたら、おでこの生え際からも同様に上に向かってマッサージします
少しやると頭皮・顔まわりがポカポカしてきて、すぐに血行促進効果が実感できるので是非お試しを。

・眼精疲労には蒸しタオル
現代人には避けられないことかもしれませんが、目の疲れはクマやたるみに直結します。

PCやスマホでの作業は1時間おきに休憩をはさみ、連続使用はできる限り控えましょう。
温める効果のあるアイマスクや、自宅に居る場合は蒸しタオルで目の周りを温めてあげると、血行が良くなり筋肉のこわばりが緩和され、目の疲れがすっきりとラクになります。

・紫外線対策・保湿と優しいクレンジングを
季節を問わず、紫外線に晒された皮膚はダメージを蓄積し、たるみの原因を作ってしまいます。

日焼け止めに帽子と完全防備だった夏と比べると、UV効果のあるスキンケア用品を使用しなかったり、マスクでごまかしたりとその他の季節は案外油断しているものです。
UV効果のある下地を使用したり、帽子をかぶるなど、紫外線対策は万全にしておきましょう。

肌の乾燥や過剰なメイク、クレンジングもたるみの原因となるので、季節を通して保湿は念入りに、アイメイクは控えめにしておくとクレンジングの際にも余計な手間がかかりません。
たるんでくすんだ目元には、せっかくのシャドウもラインも映えませんからね。
血行の良い、ハリのあるまぶたでメイク映えも叶えましょう。

 

美

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.03.09更新

こんにちは、下地です☆

本日は、「春」について書きたいと思いますglitter2

 

の季節はたまった毒素を排出する時期!!
冬にため込んだものを発散して出していく、デトックスの時期とされます。

東洋医学の考え方のひとつ、陰陽論(いんようろん)で考えると、「陰(いん)」が弱まり、だんだんと「陽(よう)」が強くなってくる時期と考えられています。

春は成長、発散の季節。植物が芽吹き、動物や虫は冬眠から目覚めます。そして、人もまた行動力が増し、体内においても代謝が活発になるといわれているのです。

また、春は「肝(かん)」とされています。肝はストレスの影響をうけやすく、逆に、肝の機能が低下すると、情緒が不安定となったり、イライラしやすくなったりします。このほか、目、爪、筋に影響が出やすく、ドライアイや目のかすみ、首筋や肩のこり、女性の場合は、月経不順などの症状に悩まされることが多くなるようです。

春は「肝」に負担をかけないように!
春のケアに欠かせない「肝」をケアは、肝を補う漢方薬や、食事の助けを借りながら、全身の「気(き)」の流れをスムーズにしていくことが大切です。

たとえば、肝は、のびやかな状態を好みますので、ストレスをためないようにしながら、気持ちの高揚に合わせて適度に活動しましょう。

また、寒い冬に隠し、ためたものを上手に発散させることも意識する。そのためには、早寝早起きを心がけて、朝陽をあびる散歩などの軽い運動をする、ストレスをためずに発散することなどを意識してみましょう!

春の養生
春は、環境においてもさまざまな変化が起こる季節ですよね。この時期の漢方的養生法を五行色体表から見てみると、五味(臓器が要求する味)は、「酸」となります。

簡単にいえば、酸っぱいものを食べるとよいということ。お酢を使った料理や、酸味のある果物などを摂るように心がけてみましょう。ただし、食べ過ぎはもちろんのこと、食材選びは体質によって変わるため、適量を摂るよう心がけてくださいね。

また、漢方の治療の指針ともなる五行色体表には、五悪という病気を起こす原因も書かれています。春の場合は、「風」

“春の風”はそよ風だけではなく、春一番のように強風がふくことも多いもの。気温が上がり、だんだんと服装も軽やかになる時期ではありますが、風にあたり過ぎないような服装を心がけましょう。春らしいストールや薄手のカーディガンなどを活用して、風から守るおしゃれを楽しんでくださいね。

春に無理はしないこと
春は、新生活など新しいスタートもあり動き出したくなる季節ですが、無理は禁物。寒暖差のあるこの時期は、慣らし運転のように、少しずつ活動量を高めてゆくのがよさそうです。肝を養う生活習慣も意識しながら、心も体ものびやかに過ごしていきましょう!

 

はる

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong