staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2016.10.19更新

こんにちは、西川です。

 

小顔矯正のメニューでオイルで患者様を施術すると

多くの人が鎖骨下のリンパ節、脇のリンパ節が硬く滞っていますabon

鎖骨下のリンパ節は、老廃物の最終出口になっていますし鎖骨下も脇の方もリンパの流れが悪いと

肩こり、肌荒れ、倦怠感の原因になります。

 

リンパ節を押して痛いのは、老廃物が溜まっている証拠です。

鎖骨下のリンパ節が最終出口ですから、そこが滞ると他のリンパ節の流れもよくなりません。

最初に鎖骨下のリンパの流れを良くすることによって、体の血液循環もスムーズになります。

 

肩こりや、肌のくすみが気になる方はぜひ小顔矯正をお試しください!

リンパ節

 

予約はコチラから

投稿者: Meilong

2016.10.05更新

 

こんにちは、西川です。

昨日、「腸は第二の脳」と学校の先生が解説していました!

 

脳と腸は密接な関係で結ばれています。腸は脳の次に神経回路が多い臓器なのです。

確かに、緊張やストレスを感じるとお腹が痛くなったり、そんな日が続くと

胃潰瘍になったり、とても敏感な器官になっていますよねbibibi

 

 

セロトニンとはどのような物質か覚えていますか?

抗うつ作用や幸福をつかさどるホルモンです。

 

 

このセロトニンは、腸内で多く作られているのですが生成には腸内細菌が欠かせません。

腸内細菌がないとセロトニンが十分に作れず、不安やうつの症状が出ます。

ストレスを感じても抗うつ作用のセロトニンがないと対処できずお腹に不調が現れます。。。

脳でも全体の5%ほどセロトニンが作られますが、

腸内細菌があるかないかで脳のセロトニンの量も変化します。

 

 

セロトニンは、トリプトファンやビタミンなどの材料がないと合成することはできません!

卵、牛乳、肉、魚、大豆、ジャガイモ、シリアル、ブロッコリー、カリフラワー、トマト、キウイ、プレーン、ナッツ、海藻

 

などなどバランスの良い食事を心がけて下さいmeal

腸内環境

腸内環境を整えることが、毎日をハッピーにする秘訣かもしれませんihihand

 

予約はコチラから

 

投稿者: Meilong