staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.03.27更新

こんにちは、山添です!!

 

前回書かせていただきましたスウェイバック姿勢の改善策を本日は書きたいと思います!!

 

 

お尻を鍛えろ、、、、!!!

 

お尻の筋肉とももの裏の筋肉の作用はとても似ています。

大きな作用は股関節を伸展させる動作になります。

 


通常、スウェイバック姿勢の方はお尻の筋肉が低下を起こしやすいので、
ももの裏の筋肉よりもお尻を優位に働かせていきます。

 

 

<シングルレッグヒップリフト>

 

姿勢

 

 

 


この時、お尻の筋肉を使っている感覚が重要ですが、ももの裏の筋肉を使っている感覚が強い場合は、
足の置く位置を手前にすると有効です。

 


日常生活で気をつけることは、、、、?

 

日常生活の中にもスウェイバック姿勢を助長させてしまう危険性は潜んでいます。

 


立ち仕事をされている方は、長く立っていると疲れてくるので、何かに寄りかかりたくなるかと思います。
そんな時に起こりやすい姿勢になりますので、注意が必要ですね!


また、うつ伏せで雑誌等を読む時の姿勢も、スウェイバック姿勢と似ています。

 

 



ストレートネックの原因はスウェイバック姿勢に問題がある可能性がとても高いです。

スウェイバックの原因は様々ありますが、その中でも股関節の安定性が失われていることが
大きな原因になります。


股関節を安定させるためには、スウェイバックのような姿勢を日常から取らないようにし、
股関節の前側に負担をかけない事と、お尻の筋肉を働かせて股関節が関節面からズレないように
働かせることが大事になります。


一度、鏡でご自身の姿勢がスウェイバックなのか確認してみて下さい!

 

instagram

facebook

WEB予約

 

 

 

投稿者: Meilong

2018.03.27更新

こんにちは、山添です。

本日は、女性に多スウェイバック姿勢について書きたいと思います!flower2

 

スウェイバック姿勢とは、、、?

 

スウェイバック姿勢とは骨盤が前方に移動し、背骨が本来のカーブを失っている姿勢になります。

本来、背骨はS字状のカーブを描いているのですが、腰から胸の背骨が長く反った状態になり、
首周辺の背骨で急激にカーブを作ります。

 


姿勢

 

その為、背中が丸いわけではないのですが、猫背に見えたりするため
「首猫背」などと呼ばれることがあります。

 

 


すると、スウェイバック姿勢による猫背や、猫背によるストレートネック
になってしまうため、とても厄介者な姿勢なのです。


股関節では何が起こっていることとは、、、?

 

股関節は様々な方向に可動域を持つ関係上、動きすぎてしまうと怪我につながってしまいので、
安定性が求められます。

そのため、股関節の周りには沢山の筋肉や靭帯で、股関節が安定し
動かないように固められています。

スウェイバック姿勢では、股関節の前側の靭帯や筋肉に対し、体重を寄り掛かけるような状態になるため、
次第に股関節を押さえつける力が低下し、更に骨盤が前方に移動させてしまいます。

すると、更にスウェイバック姿勢を助長させてしまい、
ストレートネックネックのリスクを高めてしまうのです。

では、スウェイバック姿勢の方はどのようにすれば改善されるのでしょうか?

それは、股関節が前側に体重が寄りかからない状態を作っていく必要があります。

 

お尻ともものうらの筋肉をどうしていけばいいの、、、??

 

スウェイバック姿勢を改善させるためには、お尻の筋肉を鍛える必要があります。

お尻の筋肉は股関節を関節の中に押さえつけるような働きがあるため、
骨盤が前側に移動する事抑えることが出来ます。

つまり股関節の安定性に関係します。

しかしながら、お尻の筋肉と同じような働く筋肉として、ももの裏の筋肉があり、
ももの裏の筋肉(ハムストリングス)は骨盤を前側に移動させてしまう筋肉のため、
お尻の筋肉が弱い状態ですと、スウェイバック姿勢が助長されてしまいます。

その為、ももの裏の筋肉が強く働きすぎている方は、
お尻の筋肉を鍛えることがとても重要となります。

 

 

次回、鍛え方をお教えします!!!

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.03.16更新

こんにちは、山添です。

今回は骨盤前傾の方のストレッチ方法をご紹介いたします。

 

骨盤の前傾に関わる筋肉は、過負荷により緊張・収縮してしまっている場所と弛緩してしまっている場所があります。

まずはストレッチでほぐし、筋トレなども徐々に行うことが大切です。

最初にストレッチすべき場所とストレッチ方法をご紹介します。

お手軽に出来る骨盤前傾を改善するためのストレッチを1点ご紹介後に、

骨盤前傾に関わるそれぞれの筋肉のストレッチ方法をご紹介します。

<骨盤の前傾に関係する筋肉:ストレッチすべき筋肉>
骨盤がしている場合に筋肉が緊張していたり、収縮してしまっている事の多い筋肉は以下になります。

・腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)
骨盤の前傾に関わる:腸腰筋

・脊柱起立筋
骨盤の前傾に関わる:脊柱起立筋

・小殿筋
骨盤の前傾に関わる:小殿筋

・前ももの筋肉(大腿直筋、大腿筋膜張筋、大腿内転筋群など)

 

 

それぞれの筋肉をほぐすためのストレッチ例をご紹介します。

◇腸腰筋のストレッチ
骨盤の前傾を矯正する腸腰筋のストレッチ

大腰筋ストレッチ(腸腰筋ストレッチ)で股関節の痛みを緩和!

骨盤前傾

 

◇脊柱起立筋のストレッチ
脊柱起立筋をストレッチして骨盤の前傾を改善

体幹の脊柱起立筋や多裂筋をストレッチして腰痛や背中の痛みなどを緩和

骨盤前傾

◇小殿筋のストレッチ
小殿筋のストレッチ

お尻の筋肉(大臀筋・中殿筋・小殿筋)のストレッチで腰の痛みの予防

骨盤前傾

 

 

是非こちらのストレッチをお家でやってみてください!!

 

WEB予約

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.03.16更新

こんにちは、山添です。

本日は骨盤前傾についてご紹介したいと思います。

 

骨盤前傾

 

まず、骨盤前傾とはこのような姿勢になります。

 

 

一説には日本人女性の7割以上が骨盤の前傾であるとされ、

ぱっと見はあまり目立ちませんが、下っ腹が出やすくなってしまったり、

お尻が目立つ出っ尻、腰痛になりやすいなどの影響があります。

 

今回改善方法をご紹介する「骨盤の前傾」は「反り腰」などとも呼ばれ、

スタイルへの影響もさることながら、腰や首、背中への負担から腰痛や肩こり、背中の痛み原因となります。

ではこの反り腰や骨盤の前傾と呼ばれる状態はどのようにして起こるのでしょうか?

 

骨盤が前傾する原因


・体の前後の筋力の不均等

端的に言えば体の前後の筋肉のバランスが悪くなることで骨盤の前傾や後傾が起こります。

ではその悪化の原因となる生活習慣はどのようなものがあるのでしょうか。

<骨盤が前傾する生活習慣>
・悪い姿勢で座っている、立っている、歩いている
・高いヒールをよく履く
・うつ伏せで寝る習慣

ソファーにゆったり座っていたり、デスクワーク時間が長くどうしても前かがみの姿勢が続くことで悪い姿勢などが続き、

体の部分部分に負荷の強い部分と弱い部分が出てきます。
その他の要因も相まって徐々にそれらの筋肉が弛緩した状態や緊張した状態で固定され、ゆがみへと繋がります。

<骨盤が前傾する事による影響>
・腰痛など体の痛み
・お尻が出てしまう
・代謝の悪化
・前ももの張り(膝の痛み)
・X脚

 



次回、ストレッチ法をご紹介致します!!

 

WEB予約

 

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong