staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2017.10.23更新

こんにちは、山添です。

本日は、GABAについて書きたいとおもいます!

 

GABAとは、植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつです。

γ-アミノ酪酸を略して、GABA(ギャバ)と呼ばれています。

アミノ酸といえばたんぱく質を構成するものが有名ですが、それらとは異なり、

ギャバは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。

興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしているのです。

そのため、ベストパフォーマンスが求められるトップアスリートのストレス対策にも用いられているほどです。

 

ギャバの働き

ギャバには、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。

ギャバは、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをしています。

ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらす作用があるのです。

 

現代人にはギャバが足りない!1回30mg以上のギャバが必要

現代社会はストレスがいっぱいです。

そのため、体内にあるギャバは、ストレスを和らげるために使われて、常に不足しやすい状態になっています。

本来なら、ギャバは体内で十分な量が作り出されるのですが、ストレスにさらされていたり、高齢になってくると、

体内のギャバ量が少なくなる傾向があるのです。

ギャバが不足すると、興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなります。

つまり、リラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまうのです。

 

ギャバを含むいろいろな食べ物

ギャバは動物や植物の内にある天然のアミノ酸なので、日頃わたしたちが口にするさまざまな食べ物に含まれています。

よく知られているのは発芽玄米で、100g中に10mgのギャバが含まれています。

これは実に白米に含まれるギャバの約10倍にあたる量です。

このほかにも、トマト、なす、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物、漬物、

キムチなどの一部の発酵食品に、ギャバが多く含まれています。

 

GABA

 

WEB予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong

2017.10.20更新

こんにちは、山添です。

 

最近、急に寒くなり体調を崩される方が多いかと思います。

体調管理に気をつけてくださいね。

 

本日は貧血について書きたいと思います。

一般に貧血は、若い女性によくみられる症状です。

そのため中高年の、特に男性の場合には、「自分は貧血とは無縁」と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。

例えば、なんとなくだるい、疲れやすいといった症状があると、「年のせい」と考えがちです。

ところが、実は貧血の影響、という可能性があります。

中高年の場合には、若い女性とは違った原因で貧血を起こすことがあり、その背景には重大な病気がかくれていることもあるので注意が必要です。

貧血の80~90%を占めるのが、鉄欠乏性貧血です。

 

 

鉄欠乏性貧血とは簡単に、血液中の鉄が不足してしまっている状態です。

最近では運動習慣を持つために、ジムやランニング、ヨガなどに通っているかたも多いと思います。

鉄は運動時に

①ヘモグロビンという物質による酸素運搬

②ATPというエネルギー源の産生

③赤血球による酸素供給

 

鉄が不足してしまうと持久力の低下疲労の回復が遅くなります。

 

鉄には二種類あり

レバーや豚肉、魚からとれる鉄を動物性

大豆や海藻からとれる鉄を植物性といいます。

 

動物性のほうが吸収力が高く、植物性は吸収力が低いですがビタミンCと一緒に摂取すると吸収力がUpします。

 

普段意識して鉄をとることは難しいかもしれないですが、

だるさやスポーツをする方は是非積極的に鉄を摂取してみてください!!

 

貧血

 

WEB予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong

2017.10.16更新

こんにちは、山添です。

最近急に寒くなりましたね、、、

みなさん体調の方はいかがでしょうか??

 

本日は、寒さと肩こりの関係について書きたいと思います。

 

肩こりのメカニズム

肩こりは肩の筋肉が硬直することで血管が圧迫され、血流が滞って肩に筋肉に酸素が行き渡りにくくなります。

すると乳酸などの疲労物質が肩の筋肉に溜まりやすくなって、こりや重だるさが起こります。

硬直した筋肉が神経を圧迫すれば痛みも伴うようになります。

 

成人の頭の重さは約5kgもあるため、頭を首で支えて二足歩行しているヒトは常に肩の筋肉に負担がかかっていて、

肩や首の筋肉がこりやすいのです。

 

寒さのストレスや冬の行動パターンが肩こりの原因に

肩こりそのものは、以下のような原因で起こります。
•体の冷え
•同じ姿勢を長時間続けること
•精神的なストレスや緊張
•肩に負担のかかる姿勢をとること(カバンをかける・姿勢が悪いなど)
•重い荷物を運搬するような肩・背中に負担のかかる作業

 

例えば、仕事、パソコン作業、勉強、育児などをした時、冷房のききすぎる部屋にいる時などに肩こりが起こりやすくなります。

 

更に冬は体が冷えるので誰でも肩がこりやすく、

肩こりが悪化したり普段は肩がこらない人まで肩がこったりしがちです。

 

このように冷えると肩こりなどの不調が起こりやすくなるのは、体が寒さにさらされると体の血管が収縮して血流が滞るためです。

 

冬の肩こりを予防・解消するには適切な防寒対策と血行促進が必要なのです。

寒さが厳しい時は体がすぐ冷えてしまうので、積極的に肩こり対策を行いましょう!!

 

 

寒さ 肩こり

 

WEB予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong