staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.04.25更新

こんにちは、長崎ですsun

 

春は、一年の大きなエネルギーの流れがからへ転化する時です。

冬は、閉蔵の季節とも呼ばれているように、溜め込む時期で、春の到来に備えているという意味があります。

冬に溜め込んだ余計なものたちは、春になって体が開いてくるとともにどんどん外へ出てくるようになりますglitter

心や体に溜まってしまった余計なものを外に追い出して大掃除する季節です

そこで、お灸にも使用されているよもぎのご紹介です。

 

ヨモギは古くから民間療法に使われており、生薬としても用いられています。
『病を艾(止)める』という意味から、生薬としては「艾葉(がいよう)」とも呼ばれています。

また【ハーブの女王】とも呼ばれています。

 

 

食物繊維でデトックス&腸内環境改善

ほうれんそうの約10倍以上も含まれているという食物繊維!

お腹の中を綺麗にしてくれて、腸内環境を整えてくれるます。

また、腸内環境は免疫力にも繋がりますので、免疫力アップにもつながります。

 


豊富なクロロフィルで重金属などを排泄

ヨモギには豊富なクロロフィルが含まれています。

このクロロフィルというのは食物繊維よりもはるかに小さいサイズであり、小腸内部にある絨毛という細かい毛のような器官に蓄積してしまった、ダイオキシン、重金属、残留農薬などを捕まえて排泄するのを助ける作用があります。

 

人間というのは、外から取り入れた異物を分解したり、排泄する能力が備わっていますが、免疫力が低下しがちな現代人ではデトックスが不十分で有害物質の害を受けてしまうことも多いです。

特にヨモギは排泄を助けてくれる有効な植物だと言えます。

 

コレステロール値を下げる

クロロフィルの摂取により悪玉コレステロールを低下させる働きがあるます。

摂取することにより血液がサラサラになると動脈硬化を防ぐことにも繋がります。
結果として心臓や脳の疾患の予防にも役立ちます。

 

婦人科系

ヨモギは美容大国の韓国で600年も前から「ヨモギ蒸し」としても親しまれています。

子宮口に蒸気があたり、皮膚よりも吸収が良い粘膜からの吸収により、下半身を効果的に温めることができます。

特に子宮が冷えているといわれる現代の女性に多い、生理痛や月経不順などへの効果があるとされています。

 

 

乾燥ヨモギで料理として摂取することもでき、ヨモギ蒸しなども身近で取り入れやすい方法です。

鍼灸院であれば、お灸を使い、ヨモギの力を入れることができます。

五拍子揃った薬草、ヨモギの力で、デトックスをして新しいものを吸収できる体つくりをchickheart3

 

WEB予約

facebook

instagram

 

ヨモギ

 

 

 

 

投稿者: Meilong

2018.04.25更新

こんにちは、長崎ですsun

 

春は、一年の大きなエネルギーの流れがからへ転化する時です。

冬は、閉蔵の季節とも呼ばれているように、溜め込む時期で、春の到来に備えているという意味があります。

冬に溜め込んだ余計なものたちは、春になって体が開いてくるとともにどんどん外へ出てくるようになりますglitter

心や体に溜まってしまった余計なものを外に追い出して大掃除する季節です

そこで、お灸にも使用されているよもぎのご紹介です。

 

ヨモギは古くから民間療法に使われており、生薬としても用いられています。
『病を艾(止)める』という意味から、生薬としては「艾葉(がいよう)」とも呼ばれています。

また【ハーブの女王】とも呼ばれています。

 

 

食物繊維でデトックス&腸内環境改善

ほうれんそうの約10倍以上も含まれているという食物繊維!

お腹の中を綺麗にしてくれて、腸内環境を整えてくれるます。

また、腸内環境は免疫力にも繋がりますので、免疫力アップにもつながります。

 


豊富なクロロフィルで重金属などを排泄

ヨモギには豊富なクロロフィルが含まれています。

このクロロフィルというのは食物繊維よりもはるかに小さいサイズであり、小腸内部にある絨毛という細かい毛のような器官に蓄積してしまった、ダイオキシン、重金属、残留農薬などを捕まえて排泄するのを助ける作用があります。

 

人間というのは、外から取り入れた異物を分解したり、排泄する能力が備わっていますが、免疫力が低下しがちな現代人ではデトックスが不十分で有害物質の害を受けてしまうことも多いです。

特にヨモギは排泄を助けてくれる有効な植物だと言えます。

 

コレステロール値を下げる

クロロフィルの摂取により悪玉コレステロールを低下させる働きがあるます。

摂取することにより血液がサラサラになると動脈硬化を防ぐことにも繋がります。
結果として心臓や脳の疾患の予防にも役立ちます。

 

婦人科系

ヨモギは美容大国の韓国で600年も前から「ヨモギ蒸し」としても親しまれています。

子宮口に蒸気があたり、皮膚よりも吸収が良い粘膜からの吸収により、下半身を効果的に温めることができます。

特に子宮が冷えているといわれる現代の女性に多い、生理痛や月経不順などへの効果があるとされています。

 

 

乾燥ヨモギで料理として摂取することもでき、ヨモギ蒸しなども身近で取り入れやすい方法です。

鍼灸院であれば、お灸を使い、ヨモギの力を入れることができます。

五拍子揃った薬草、ヨモギの力で、デトックスをして新しいものを吸収できる体つくりをchickheart3

 

WEB予約

facebook

instagram

 

ヨモギ

 

 

 

 

投稿者: Meilong

2018.04.25更新

こんにちは、上遠野ですrabbitflower2

夏に向かってどんどん暑くなっていきますが、身体は冷えている方がとても多いです汗

冷房や冷たい飲み物で身体はどんどん冷えていきます。

身体が冷えると免疫が落ちて風邪を引きやすくなったり、代謝が落ちて痩せにくくなってしまったり、生理痛が悪化してしまったりと

悪循環を引き起こしてしまいますshun

 

身体は、真夏の後の暑さの和らいだシーズンにかけて衰えがちとなります。
寒い季節には、体温維持のために体は一生懸命にエネルギーを燃やしていますが、その期間には体のエネルギーを作る機能が鈍ってしまうのです。この機能は基礎代謝と言います。
基礎代謝は動かない時でも行われている体のエネルギー消費ですが、これが衰えると、ダイエット効果にも影響を与えます。

 夏でも自分で簡単に自分で出来る温活は白湯を飲むことです!

寒いと感じるシーズンだけでなく、いつでも白湯によって体を温める効果は取り入れた方が良いものなのです。簡単で誰でも手軽に始められて、効果が多い白湯。白湯を飲むことで体を内側から温めて、健康の維持を行いましょう。

 

白湯には体を温める効果があり、それがダイエットや美容と健康の維持などに大きな意味を持っています。

 

季節によっても、その効果は少しずつ違っていることもありますが、おおむね、どのシーズンでも白湯によって得られる健康効果はあるものです。白湯で体を温める「温活」の効果を理解すると、白湯を飲みたくなるかも知れません。

白湯とは、水を温めただけのお湯のことを言います。水を沸かしてお湯にしたら、それをさらに50度~60度程度まで冷まします。お水さえあれば誰でも作れるものであり、簡単で経済的な健康法と言えるでしょう゜*(pq+’v`●)*゜

体を温めて循環をアップさせることでデトックスやカロリーの燃焼に役立ち、便通を改善するなど、健康にも女性の美容にもたくさんの効果があります。

白湯の体を温める効果には、内臓の機能の向上や血液の循環のアップなどが期待できます。白湯によって温められた内臓は機能を高めて、免疫力もアップします。内臓を温めることによる免疫力のアップは非常に重要で、1度の温度上昇によっておよそ30パーセントもの免疫力アップができると考えられています。

白湯は温かく、体温とも近いため、体にも受け入れやすくなっています。沸騰させることで、水道水のカルキや不純物を取り除くこともできるため、安心して飲めそうです。

鍼をしたその日に白湯を飲むと、体内の老廃物を流してくれるのでより効果的です♪

皆さんぜひお試ししてみて下さいねihiheart3

白湯

WEB

facebook

instagram

 

投稿者: Meilong

2018.04.23更新

こんにちは、上遠野ですflower2

本日は夏野菜のオクラのパワーについてお話しします。

 オクラにはお肌の修復効果があり、PMSによる肌荒れにお悩みの方には必見な食べ物なのですglitter

 

 

 ※オクラがPMSの肌荒れに効果的なわけ

PMS(月経前症候群)には様々な症状がありますが、女性を悩ませる大きな症状の1つが肌荒れです。

「お化粧のりが悪かったり、お肌がピリピリしてきたりすると、「もうすぐかな」なんて自分の身体のサイクルに気づいたりします。

 


実は、野菜のオクラがこうした肌荒れに効果を発揮してくれるってご存知ですか?
一年中出回ってはいるものの、オクラは夏が旬の野菜です。今の季節、スーパーの店頭には様々な産地のオクラが並んでいますね。
どうして、オクラにそのような美肌効果が期待できるのでしょうか。

●ビタミンB群
オクラには、ビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群には代謝を促進する作用があると言われているため、荒れたお肌の修復にももってこいの栄養素であると言えます。

●βカロテン
緑黄色野菜に豊富に含まれていることで知られるβカロテンですが、実はオクラもβカロテンをたっぷり含む野菜の1つ。なんと、茹でたオクラに含まれるβカロテンは、生のトマトの約1.3倍、レタスの約3倍もあるのだとか!
βカロテンには、アンチエイジングを促進する抗酸化作用が期待できるため、自ずと美肌にも近付けてくれますね。

●ペクチン(食物繊維)
ペクチンは、柑橘類やりんご等に含まれる食物繊維です。腸内の環境を整えてくれると言われているので、月経前の下痢や便秘の症状をやわらげてくれるそう。PMSの便秘による肌荒れにお悩みの方にもおすすめです。

オクラにはこうした栄養素が含まれているため、特にPMSによる肌荒れに効果が期待できるのです。夏の日差しを浴びたオクラの美味しさもさることながら、こうした効果も頭に入れて身体のサイクルに合わせた食べ方をしたいですね。

 

 

オクラのネバネバパワーでこの夏を乗り切りましょうgyaheart

 

オクラ

 

WEB

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

2018.04.19更新

ご無沙汰しております。

meilongの代表院長の石川です。(院長もう一人います。mana院 阿部院長)heart

最近新しいスタッフが加わりました。

meilongに通われている方はもうお会いしているかもしれませんが

2月に木川先生flower2

3月に上遠野先生heart3

4月に熊井先生です。note

 

木川先生は臨床経験も豊富で東洋医学ど真ん中の治療で説明も細かく丁寧。婦人科、不妊、整形外科疾患など得意としております。

上遠野先生は整体も得意な西洋医学よりな先生。明るくはきはきしていてこちら元気になります。美容鍼大得意!

熊井先生はマッサージが上手!!指圧マッサージ。オイルマッサージ、腸デトックス、デコルテトリートメント、足裏リフレなどなど

 

それぞれの得意分野を生かしております。heart2

 

皆様どうぞよろしくお願い致します!!

 

meilongにお悩み相談おまちしてます!!

 

Meilongのインスタこちら

 

来週は詳しく漢方の話を書きますよ。予告です(笑)

 

kanpou

投稿者: Meilong

2018.04.17更新

こんにちは、長崎ですsun

暖かくなるにつれて、お肌のケアも大切になってきますglitter

お肌、髪、爪の美しさにも【血】が深く関わってきます。

栄養も酸素も隅々まで届くことがとても大切となります。

 

その中でも美肌といえば、『コラーゲン』が有名かと思います。

コラーゲンは、一度、胃腸でアミノ酸に分解されてから、体内で吸収、再合成されます。

再合成の際には鉄が必要となり、血不足になっていると、その再合成に必要な鉄が足りておらず、

せっかく摂取したコラーゲンが、きちんと活用されていません。

 

コラーゲンは真皮の約70%を占めていて、お肌のハリや弾力に関わってきます。

古くなったコラーゲンは黄ばみ、お肌のくすみ等の原因となりますが、新しく再生されていきます。

血が足りないと、老化コラーゲンの再生もうまくいかなくなってしまいます。

 

コラーゲンと言えば、豚が有名で、今はサプリもたくさんありますね。

古来でも漢方で『膠』と呼ばれ、鹿の角から作る鹿角膠(ろくかくきょう)、亀の甲羅からつくる亀板膠(きばんきょう)、ロバの皮からつくる阿膠(あきょう)など様々な種類があります。

 

楊貴妃の肌が美しいのは、阿膠を飲んでいたからと言われているそうですglittermoon

このような漢方を飲む際も、胃腸を元気にする生薬、血の働きを増やす生薬、血の巡りをよくする生薬も合わせてのみます。

 

お肌、髪、爪、そのもののハリ、艶、うるおいのキーマンはコラーゲンと血流です。

日本人の女性の半数は鉄分不足といわれているので、美しさを保つためにも、この血を補う、作る、というところに着目して美活をしてみてくださいchickheart3

 

 

WEB予約

facebook

instagram

 

 

 

コラーゲン

投稿者: Meilong

2018.04.17更新

こんにちは、長崎ですsun

暖かくなるにつれて、お肌のケアも大切になってきますglitter

お肌、髪、爪の美しさにも【血】が深く関わってきます。

栄養も酸素も隅々まで届くことがとても大切となります。

 

その中でも美肌といえば、『コラーゲン』が有名かと思います。

コラーゲンは、一度、胃腸でアミノ酸に分解されてから、体内で吸収、再合成されます。

再合成の際には鉄が必要となり、血不足になっていると、その再合成に必要な鉄が足りておらず、

せっかく摂取したコラーゲンが、きちんと活用されていません。

 

コラーゲンは真皮の約70%を占めていて、お肌のハリや弾力に関わってきます。

古くなったコラーゲンは黄ばみ、お肌のくすみ等の原因となりますが、新しく再生されていきます。

血が足りないと、老化コラーゲンの再生もうまくいかなくなってしまいます。

 

コラーゲンと言えば、豚が有名で、今はサプリもたくさんありますね。

古来でも漢方で『膠』と呼ばれ、鹿の角から作る鹿角膠(ろくかくきょう)、亀の甲羅からつくる亀板膠(きばんきょう)、ロバの皮からつくる阿膠(あきょう)など様々な種類があります。

 

楊貴妃の肌が美しいのは、阿膠を飲んでいたからと言われているそうですglittermoon

このような漢方を飲む際も、胃腸を元気にする生薬、血の働きを増やす生薬、血の巡りをよくする生薬も合わせてのみます。

 

お肌、髪、爪、そのもののハリ、艶、うるおいのキーマンはコラーゲンと血流です。

日本人の女性の半数は鉄分不足といわれているので、美しさを保つためにも、この血を補う、作る、というところに着目して美活をしてみてくださいchickheart3

 

 

WEB予約

facebook

instagram

 

 

 

コラーゲン

投稿者: Meilong

2018.04.17更新

こんにちは! 木川です nico

 

今日は メラトニン についてお話をさせていただきたいと思います。

細胞の質や肌を改善する作用があると注目されているのが「メラトニン」です!!

 

そもそも「メラトニン」って何なのでしょうか?

 

 

メラトニン

 


●睡眠が細胞の質を左右する!?

メラトニンとは、脳の松果体という場所から分泌されるホルモンです。メラトニンには1日の中で分泌リズムがあります。朝光を浴びると分泌がとまり、暗闇で分泌が促進されます。朝日を浴びてから約14時間~16時間後徐々に分泌が高まり、深部体温を低下させるとともに眠気を誘導します。いわゆる、「体内時計」をつくっているのがメラトニンです
 
ところが、夜に強い照明の中にいたり、朝の光を充分に浴びないと、体内時計が乱れ、メラトニンの分泌も減ってしまいます。メラトニンの分泌のピークは午前2時。その時間に熟睡をしている状態が理想です。眠りが浅い、寝付きが悪いなどの睡眠トラブルがある方は、体内時計が乱れ、メラトニンの分泌が低下している可能性があります

そしてメラトニンには、体内時計を作るだけではなく、体を老化から守ってくれる抗酸化作用もあるということがわかってきました。抗酸化作用とは、体を酸化=老化から守ってくれる力のこと。切ったリンゴが空気に触れて時間がたつと酸化して茶色く変色するように、私達の体も酸化し錆びていきますその酸化の原因となるのが活性酸素。この老化を招く活性酸素を追い出す抗酸化作用をメラトニンは持っているのです。すごいと思いませんか?!メラトニンの分泌が低下しているということは、細胞や肌の酸化=老化のスピードも早いということです。メラトニンを分泌させる生活を身に付け、体をアンチエイジングしていきましょう!

 

メラトニンを分泌させる習慣を身につけよう!


朝の習慣


①起きたら早めに朝日をあびてメラトニンの分泌リズムのスイッチオン。
②朝食を食べることで、基礎代謝をアップして、体を活動モードに。
③同じ時間に起床し、メラトニン分泌サイクルを一定に。

 

夜の習慣 

① 夜は強い光を浴びず、メラトニンの分泌を促進!
②寝る前にお風呂や足湯で体を温める!
一度体が温まった後、深部体温が低下すると眠気が誘導されやすくなります。
その温度差が大きいほど、疲労回復や質の高い睡眠につながると言われています。温泉に入った翌日は、体がすっきりしていませんか?
③カフェインの摂取は午前まで!睡眠の質をさげないよう、午後は控えましょう
④ベットでスマートフォンやパソコンはせず、本もできるだけ読まない。脳が活動モードになってしまいます!
⑤夕食は寝る3時間前までに。インスリンが分泌されると、眠りの質が低下することがわかっています。


 メラトニンって摂取できるの?
アメリカではサプリメントとして流通していますが、日本では認可されていないため購入することはできません。メラトニンの分泌を促進する以下の食べ物から取り入れていきましょう!
  

“ オススメ食材はコチラでOKglitter ”


 ブロッコリー、アスパラ、フレッシュミント クルミ、ざくろ、黒茶など
 またメラトニンの原料となるのは蛋白質。大豆や鶏肉、卵なども不足しないよう意識して取り入れていきましょう

 

“ この食生活はNG!! ”


血糖値の乱高下は体にとってストレスとなり、メラトニンの分泌を低下させると言われています。血糖値を急激にあげてしまう甘いものは取り過ぎないように注意しましょう。食事の後、すぐ怠くなったり眠くなったりする方は血糖値の乱高下が起きている可能性大。
食事をする時は、いきなりご飯やパンをたべるのではなく、サラダや食物繊維から食べるようにすると、血糖値の上昇が緩やかになります。

また食後血糖値の上昇度合いを測る指標として、GI値(グリセミックインデックス)があり、GI値が高いほど血糖値が上昇します。例えば、主食の食パンは90以上、白米は80~89、うどんは80とGI値は高めです。けれど、ライ麦パンやおそば、玄米は50~59とGI値が低め。GI値が低いものを選ぶだけで、糖の吸収を緩やかにすることが可能です。また色の濃いものは、白いものよりGI値が低い傾向があるので、食品を選ぶ時に意識してみて下さいね。

 


いかがでしたか??

どれも身近にある食品を工夫しながら摂っていただくことで、整えていきやすくなります!

東洋医学でも、日没後に活動したり、夜更かしをしたりしていると、体を潤す力が低下し、陰や腎のエネルギーを貯めにくくなります。
お布団に入ると、手足だけ火照って外に出したくなる、寝汗をよくかく、うんちがうさぎのフンのようにコロコロしている、、、などの症状に心あたりがある方は、体を潤す力が低下し、細胞の質や肌・成長に影響がでている可能が大きいのです。

メラトニン同様、質の良い睡眠をつくる生活を意識していただくことで、体質を改善することは可能です!!
ぜひ今日から意識してみてくださいね。

 

メラトニン

 

WEB予約

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

2018.04.16更新

こんにちは、上遠野ですtiger

本日は、つやつやでサラサラな髪の毛をつくる、食べ物をご紹介いたします。

 

髪によい食べ物というと、多くの方はワカメやコンブなどの海草類を思い浮かべると思うのですが、

それだけでは栄養素は足りていませんuun

体の中からツヤ髪を育てる、美味しい食生活についてご紹介します(●*’v`*人).o0

 

flower2髪に良い栄養素flower2

 

■良質のタンパク質

毛髪の約95%は、18種類ものアミノ酸が結合してできている「ケラチン」というタンパク質からできています。実は、ワカメやコンブにはアミノ酸は少量しか含まれていないため、海藻類を摂取するだけでは、髪の健康は維持できません。

 

毛髪の原料であるアミノ酸を多く含む食物は、良質のタンパク質。私たち日本人は草食人種なので、植物性のタンパク質──大豆、豆腐などが体質的に適しているようです。とはいえ、動物性タンパク質がダメというわけではありません。摂るなら、飽和脂肪酸を含む肉類より、不飽和脂肪酸を含む魚介類が良いでしょう。肉類を食べる場合は、茹でたり、グリルしたりして、余分な油を落とすことをオススメします。

しかし、タンパク質の摂取だけでは不十分。タンパク質を体の中に取り込むためには、ビタミンも必要です。髪のためには、ビタミンA、B6、Eを積極的に摂取しましょう。

 

■ビタミンAを多く含むもの
緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレンソウなど)、ウナギなど。肝臓に蓄積されて、皮膚・爪・髪などを健康に保ちます。

■ビタミンB6を多く含むもの
イワシ、マグロ、サバなどの青魚など。タンパク質の代謝に大きく関わり、健康な皮膚や髪をつくります。

■ビタミンEを多く含むもの
オリーブオイル、コーン油、マーガリンなどの植物油、ナッツ類、ゴマ、玄米など。血行を良くして、皮膚や頭皮に酸素と栄養を供給します。

■ニンニク、タマネギ
また、健康な毛髪を生み出す毛母細胞は、血行が悪いと働きが悪くなります。ですから、血行を良くする効果があるニンニクやタマネギも、毎日摂取すると良いでしょう。ニンニクならば、1日1片で充分です。

 

flower2髪によいミネラルについてflower2

ビタミン同様、ミネラルは細胞を正常に機能させるために必要です。特に、髪の健康によいとされるミネラルは、海藻類に含まれるヨウ素(ヨード)や、貝類、緑茶・抹茶に含まれる亜鉛です。

■ヨウ素、亜鉛
ヨウ素は甲状せんホルモンに関係するミネラルで、基礎代謝促進や成長作用があります。髪のツヤをよくする働きがあるとされています。

亜鉛は皮膚の形成に関係するミネラルで、タンパク質の合成に関係しています。抜け毛予防や、肌、頭皮のためによいとされています。

ミネラルは不足しても過剰でもよくありません。1日当たりの摂取量は、ヨウ素は0.1mg、亜鉛は10mgでよいとされています。
・ヨウ素摂取の目安……コンブ2g
・亜鉛摂取の目安……カキ2個(20gくらいの大きさもの)

■ゲルマニウム
最近は、ゲルマニウムにも注目が集まっています。ゲルマニウムは、温泉成分の1つとしてよく聞かれるミネラル。飲料水として、体内に摂りいれることができます。酸素を体内に取り込む働きを促進し、新陳代謝をアップさせる効果があります。髪の発育を助けるとされています。

 

栄養素を見てみると、髪にはもちろん。肌にも良いものばかりですよねglitter

春夏の強い紫外線に負けない、綺麗な髪を手に入れましょう!!

つや髪

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.04.14更新

こんにちは、木川です nico

 

さわやかな風が吹く4月 clover
桜が散ると木々の新緑がいっせいに輝きを増します。日差しも日に日に力をつけて、紫外線が気になるこの時期ですね。
気持ちのよい陽気に胸が弾む一方で、気持ちも体調も不安定になる方も多いのが 春 です!

 

新緑

 

そこで、今日は " 不安定な春は 肝 の季節 " についてお話をさせていただきます。

気候は過ごしやすくなるのに、なぜ人の心身は不安定になるのでしょうか?
日本では新学期・新年度が始まる季節なので、出会いや別れ・物事の終わりと始まりが起こる、心身ともに慌ただしい時期ということもあるかもしれません。
近年では、花粉症の爆発的な広がりも、春を憂鬱な季節にしている一因と言えますね。

 

東洋医学では、人は大自然の一部、この大きな宇宙の仕組みの中の一部であり、身体の中にも小さな宇宙を持つ存在と考えられています。
春は木々が芽吹き、花を咲かせて、上へ上へと伸びていこうとする成長の季節です。冬の間、眠っていた虫たち、動物たちが目覚めて行動し始める季節でもあります。
眠って動かずにいた静かな世界が、再び動き、巡り、再生していく季節。世界が動き出しているのですから、その一部である私たちの身体も、動揺しやすいのです。身体と心はひとつのものですから、一緒に揺れ動いています。春になると、身体は奥に眠っていたエネルギーを身体の隅々まで行き渡らせます。この機能を司る主役は、肝 です。

春の暖かい陽気は、上へと上昇します。身体の中でも、エネルギーや熱は頭の方へと上りやすく、めまいや頭痛、アレルギー症状を助長したり、感情は高ぶりやすく、涙もろくなったり、怒りっぽくなったり...。

肝風内動 といって、肝の気は身体の中に風を起こし、気血は春の樹木のように上に向かって伸びていきます。
肝は筋肉、目とも関係の深い臓器です。この季節はストレスを避けて筋肉を柔らかく保ち、目を休めてあげると不安定になりがちな体調を整えるのに有効です!

ストレスに弱いを補うには、気温の上昇に合わせるように、身体を温める食事を心がけます。また、旬の春野菜に含まれる苦みや酸味は心を鎮めてくれる手助けになります。
春の日差しを浴びながらゆっくりと散歩することで、冬の間に凝り固まっていた筋肉を目覚めさせ、気持ちよく過ごすことも大切です。
明るい日が差し込む部屋でヨガをする、なんていうのも気持ち良さそうですね!
深い呼吸も、ピースフルな気分を引き出してくれるかもしれません heart3

 

WEB予約

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

前へ