staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2018.01.22更新

こんにちは、山添です。

本日は消費カロリーの基礎代謝について書きたいと思います!!

 

1日の総エネルギー消費量は

①基礎代謝量(約60%)

→呼吸や体温維持など生命活動に必要

 

②食事誘発性熱産生(約10%)
→食べ物が吸収、消化されるときに使われる

 

③身体活動量(約30%)

→日常生活活動と運動を合わせたもの

 

の大きく3つにわけられます。

若いころよりも太りやすくなったと感じることがあると思いますが

それは加齢とともに基礎代謝量が低下していくことに関係しています。

 

原因は加齢による筋肉などの除脂肪量の減少です。

筋肉がへると基礎代謝量が減少し

さらに身体活動も低下すれば総エネルギー量が低下するので

若いころと同じように食べていると太ってしまうのです、、

 

基礎代謝量を上げるためには筋肉量を増やすことが大事です。

その為にはジムに通うことも大切ですが

日常のなかでの「ながら運動」も毎日の生活に取り入れやすいです。

 

無理のない自分に合った方法で筋肉量を増やして

基礎代謝量を上げれたら良い身体づくりに役立ちます!!!

 

基礎代謝量

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.01.19更新

こんにちは、山添です。

 

最近、むくみのお悩みでメイロンを訪れる方がとても多い気がします、、、

本日は、水太りに効くツボを4つ紹介したいと思います!!!

 

中国の伝統医学では、水太りの大きな原因のひとつは生命エネルギーである「気」

が不足して身体が冷えてしまい、水分の代謝が衰えてることにあると考えられています。

代謝がダウンすると脂肪が燃焼されにくくなるのです。

腎兪、命門は身体を温める効果があります。

冷えに関係する症状には関元を刺激します。

勇泉は身体のパワーを高めるツボ、

これらの水分代謝をアップするツボで水太りを解消しましょう!!

 

水太り

 

水太り

 

水太り

 

 

押して刺激するだけでなく

ドライヤーやシャワーで温めるだけでも効果があります!!

 

WEB予約

facebook

instagram

投稿者: Meilong

2018.01.18更新

こんにちは、阿部です。

乾燥の季節の雨は恵ですrain笑う

今日は東洋医学でいう腎の働きをお話しします!

「腎」は身体の中で最も大切な臓器の一つ

中医学では、広く生殖や成長・発育、ホルモンの分泌、免疫系などの

機能を併せ持つ”生命の源“と考えられ、生命エネルギーの源「精」を

貯蔵する

「精」は、生命活動を維持するための基本物質

親から受け継ぐ「先天の精」と、飲食物から得る「後天の精」があり

どちらも腎に蓄えられて成長や発育、生殖の基礎となります 

腎がしっかりして精が十分にある人は、若々しく身体も元気

老化による不快な症状も現れにくく、更年期や老後も穏やかに過ごす

ことができます

逆に腎が弱く精が不足していると、更年期障害を始めとする老化の症状

不妊、冷え、免疫力の低下などさまざまな不調が起こりやすくなります

腎を元気にする養生は…

クルミ、クコの実、黒ゴマ、銀杏、海老、羊肉、鶏肉、よもぎ、しょうが、シナモン

上手に取り入れて今年も寒い冬乗り切りましょう!!

雪

WEB予約

Facebook

Instagram

投稿者: Meilong

2018.01.18更新

院長の石川です。

やっと鍼灸と漢方がWHOで医学認定をうけることになりそうです。

春にWHOのICDの23番目に鍼灸の十二経脈などがメインに掲載登録されます。

 

西洋医学だけでは限界があるのです。やはり全ての体と心と状態を把握してから病を決めて治療していく

鍼灸治療、漢方療法の方が適している事例も昔からたくさんあります。

これからもっともっと鍼灸が医学として認知され広まっていくことでしょう。

 

私も鍼灸師になって心からさらに嬉しくなり時代到来!笑

と思ってます。

 

新聞

 

鍼灸と漢方なら恵比寿のMeilongこちらです!!

 

meilongのインスタだよ。

 

 

 

 

 

投稿者: Meilong

2018.01.18更新

こんにちは、長崎ですsun

この時期は、寒さで身体がギュッと縮まってしまうことが多いですよねsnow

身体を緩めて、全身をリラックスさせてあげるには、呼吸が1番簡単にできる方法だと思いますnico

日常、意識をしなくても出来る呼吸を、やり方を変えて、意識をして行ってみると、意外と効果的ですglitter3glitter2

 

「完全呼吸法」というのは、ご存じでしょうか。

ヨガで行うことが多いのですが、

お腹でする腹式呼吸、と、胸でする胸式呼吸をの両方を同時にする方法です。

吸う、吐くの割合を1:2にして、交感神経と副交感神経のバランスを図ります。

 

 

①まずは、しっかりと息を吐き切ります。

➁鼻から空気を吸い、お腹~胸の順に貯めます。

➂一度、体内に止めたら、吸った時間の倍かけてゆっくりと口から、吐いていきます。

 

 

呼吸をコントロールすることで、心の安定が取れ、そこから身体も緊張もほどかれていきます。

 

寝る前、横になって行うのが理想的ですが、

疲れを感じた時、少し一人でゆっくり出来る空間があれば、目を閉じて数回、行ってみても良いと思います!

日中のリフレッシュにも試してみてくださいchickheart3

 

呼吸

予約はこちら

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

2018.01.18更新

こんにちは、長崎ですsun

この時期は、寒さで身体がギュッと縮まってしまうことが多いですよねsnow

身体を緩めて、全身をリラックスさせてあげるには、呼吸が1番簡単にできる方法だと思いますnico

日常、意識をしなくても出来る呼吸を、やり方を変えて、意識をして行ってみると、意外と効果的ですglitter3glitter2

 

「完全呼吸法」というのは、ご存じでしょうか。

ヨガで行うことが多いのですが、

お腹でする腹式呼吸、と、胸でする胸式呼吸をの両方を同時にする方法です。

吸う、吐くの割合を1:2にして、交感神経と副交感神経のバランスを図ります。

 

 

①まずは、しっかりと息を吐き切ります。

➁鼻から空気を吸い、お腹~胸の順に貯めます。

➂一度、体内に止めたら、吸った時間の倍かけてゆっくりと口から、吐いていきます。

 

 

呼吸をコントロールすることで、心の安定が取れ、そこから身体も緊張もほどかれていきます。

 

寝る前、横になって行うのが理想的ですが、

疲れを感じた時、少し一人でゆっくり出来る空間があれば、目を閉じて数回、行ってみても良いと思います!

日中のリフレッシュにも試してみてくださいchickheart3

 

呼吸

予約はこちら

facebook

instagram

 

 

投稿者: Meilong

2018.01.17更新

こんにちは、下地です!

本日は、倦怠感について書かせていただきます。

 

倦怠感やだるさを引き起こす、4つの原因

そもそも、倦怠感はどのようなときに生じるのでしょうか。倦怠感の原因は人によって異なりますが、主なものを4つご紹介します。

1. 肉体疲労

2. 精神疲労

3. 栄養不足

4.病気の症状

。

1.質のよい睡眠
疲れは、身体が休息を求めているサインです。最も簡単な方法は、質のよい睡眠を十分にとること。長い時間横になっていたとしても、睡眠の質が悪ければきちんと休息したとはいえません。質のよい睡眠を確保するために、以下の習慣を取り入れてみましょう。

・夕食は就寝の3時間前までに済ませる。

・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる。(38度~40度)

・就寝前はテレビやスマートフォン、明るすぎる照明など強い光を避ける。

・目覚めたら朝日を浴びて、夜の自然な眠気につなげる。


3.栄養バランスのよい食事
なにより、健康な心身は日々の食事によって育まれます。白米のような主食に含まれる炭水化物は大切なエネルギー源。そして、炭水化物を代謝するには肉や魚、野菜などに含まれビタミンB群の摂取が欠かせません。また、ビタミンC疲労感やだるさ対策におすすめの栄養素です。

忙しいからと食事をおろそかにすると、ますますだるさが長引くことも。1日3食を基本に、バランスのよい食事を心がけましょう。

 

倦怠感につながるNG習慣!!

倦怠感や疲労感がたまりにくい、健康な身体づくりを日頃から心がけることも大切です。以下のようなNG習慣はないか、日常生活を振り返ってみましょう。

休みの日は遅くまで寝ている

・忙しいときは朝ごはんを食べない

・断るのが苦手で、つい無理をしてしまう

・外出が面倒で、普段から運動不足ぎみ

日常生活を見直してみてください☆

 

WEB予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong

2018.01.16更新

こんにちは、長崎です。sun

五行でいうところ、冬は鹹・腎・水・黒・寒・恐・耳です。

 

五行

 

食べ物でいうと、塩辛いもの、黒いものを摂ると良いと言われています。

 

固いものを柔らかくする軟化作用や鎮静作用、水分調整、解熱効果もあり、便通にもよく、解毒作用があります。

 

味噌・しょうゆ・梅干し・漬物・根菜類・海藻類・豆・そば・黒ごま・キクラゲ

 

特に、みその原料となる大豆には、

リノール酸、大豆レチシン、植物性ステロール、サポニン、食物繊維、ペプチド、VE

と7つの有効成分があります。

寒さで心身共に固まりやすく、活動しずらいこの時期に、内側から温めて、心も緩めていく食べ方がオススメですchickheart3

 

 

身体でいうと、腎臓、膀胱に影響が出やすいため

アロマオイル、シダーウッド、、ジュニパー、ジンジャー、ゼラニウム、、ローズウッド

どれも利尿作用や解毒作用が強く、身体から老廃物を排出してくれる働きがあります。

 

半身浴も良いですが、腎臓、膀胱の不調は、下半身の冷えや膀胱炎などが出やすいので、座湯で温めてあげるのも良いお方法です。

 

座湯

 

WEB予約

instagram

facebook

 

 

投稿者: Meilong

2018.01.16更新

こんにちは、長崎です。sun

五行でいうところ、冬は鹹・腎・水・黒・寒・恐・耳です。

 

五行

 

食べ物でいうと、塩辛いもの、黒いものを摂ると良いと言われています。

 

固いものを柔らかくする軟化作用や鎮静作用、水分調整、解熱効果もあり、便通にもよく、解毒作用があります。

 

味噌・しょうゆ・梅干し・漬物・根菜類・海藻類・豆・そば・黒ごま・キクラゲ

 

特に、みその原料となる大豆には、

リノール酸、大豆レチシン、植物性ステロール、サポニン、食物繊維、ペプチド、VE

と7つの有効成分があります。

寒さで心身共に固まりやすく、活動しずらいこの時期に、内側から温めて、心も緩めていく食べ方がオススメですchickheart3

 

 

身体でいうと、腎臓、膀胱に影響が出やすいため

アロマオイル、シダーウッド、、ジュニパー、ジンジャー、ゼラニウム、、ローズウッド

どれも利尿作用や解毒作用が強く、身体から老廃物を排出してくれる働きがあります。

 

半身浴も良いですが、腎臓、膀胱の不調は、下半身の冷えや膀胱炎などが出やすいので、座湯で温めてあげるのも良いお方法です。

 

座湯

 

WEB予約

instagram

facebook

 

 

投稿者: Meilong

2018.01.16更新

こんにちは、下地ですglitter2

本日は、代謝を上げる方法をご紹介します!!

 

体温が1℃上昇すると代謝量が13%上昇する!!

低体温とは?

体温が36℃未満

体温が低いと消費エネルギーが少なく、代謝が下がって太りやすくなる。

体温を計るといつも35℃台の方、冷え性に悩んでいる方、代謝が落ちていて太りやすくなっている可能性が高い。

・体温を上げて代謝を上げる方法
冷え性改善マッサージ
それでは、体温を上げて代謝を上げる方法についてご紹介します。その方法とは

・冷たい食べ物や飲み物を避ける
・根菜類をたくさん食べる
・白湯を飲む
・お風呂にしっかり浸かる
・スクワットをする

①身体を柔らかくする

体を柔らかくすると代謝が上がる、その最大の理由は「筋肉が柔らかくなる」ところにある。

筋肉内には毛細血管がたくさん張り巡らせれており、筋肉が柔らかくなることで、毛細血管内の血液の流れが良くなる。

血流が良くなれば、血液によって送られる酸素や栄養が体の隅々までしっかり送られるようになり、体が活発になって代謝が上がる。
関節の稼働域が広くなることも、代謝を上げることにつながり

関節の稼働域が広がると、体の可動域も広がり消費エネルギーが増え、活動代謝が上がる。

 

②肺活量を増やす

呼吸をすることで、体に必要な酸素を摂りこみ、血液にのせて全身へ送る働きをしてる。

つまり肺活量が多いと、より多くの酸素を体内に摂り入れることができ、体が活発になって代謝が上がる。

歳を重ねると肺活量が落ちるということは、それと同時に代謝も落ちるということ。なので代謝を挙げるためには、少しでも肺活量が落ちないよう気をつける必要がある。

 

③有酸素運動

代謝を上げる方法として有酸素運動で肺活量を増やす

・ウォーキング・踏み台昇降・スロージョギング

 

④代謝を上げる食べ物
・アーモンド・豆腐・納豆キムチ・アボカド

※注意するポイント
アーモンドを食べるなら1日25粒まで
・納豆は1日1パックまで
・アボカドは1日1個まで

 

⑤代謝を上げる飲み物

・白湯・ココア・ブラックコーヒー・緑茶・ウーロン茶

※注意するポイント
・ココアは無糖のものを選ぶ
・ブラックコーヒーは1日2~3杯まで

代謝

 

WEB予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong

前へ